ノック
[Uncyclopedia|▼Menu]
このページに対し、一部の利用者から「アンサイクロペディアのユーモア精神にそぐわない」として削除の提案が出ています。詳しくはこのページのノートを見てください。なおこのページおよびテンプレートは削除に関する投票・議論が終わるまで削除はしないでください。議論の結果削除が決定した場合、管理者は削除の前に履歴とリンク元を確かめてください。
※{{削除依頼}}を貼った場合は会話ページに{{削除議論}}を貼り、削除を依頼する理由を書いてください。
※また、議論終了時は会話ページの{{削除議論}}の指示に従って、テンプレートを貼り換えておいてください。

ノック(Knock)とは、ストレス発散方法の一つ。扉を殴ることでストレスを発散する。目次

1 概要

2 ノックの種類

3 歴史

3.1 古代?中世

3.2 近世?現代


4 関連項目

概要

ノックは物に当たることでいらいらを解消する情動発散の一種で、とりわけ扉や壁を殴る対象とし、数回だけ殴る行動のことを指す。多くの攻撃行動と違い、殴る対象に配慮し、壊したり傷つけることはしない。
ノックの種類
トイレにおけるノック
便意を我慢する時のストレスを解消するために行う。
映画とかで軍隊の長官の部屋に入る時のノック
かっちょいい。
クイズノック
東大生はクイズという概念すらノックできる。
歴史
古代?中世

などの動物は物に当たってストレスを発散する習性を持つ。しかし物を殴ると壊れてしまうため、ノックが生まれたと言われている。ノックの歴史は古く、家の玄関を殴ってストレスを発散する文化は古代から存在した。やがてそれ専用の道具「ドアノッカー」が発明された。ドアノッカーは古代ギリシア、ローマ帝国で既に普及しており、欧米諸国では現在に至るまで使われている。

だがノック程度では十分にストレスを発散できないという人種も一定数存在した。彼等は力を込めて扉を殴っていた。その中でノックの対象を扉から人に変えてしまった過激派によって、数えきれないほどの戦争が起きた。彼等によって考案されたスポーツボクシングである。ボクシングで相手をノックして倒すことを「ノックダウン」という。ノックダウンから十秒経過すると、過激すぎてもはやアウトなノックという意味を込めて、「ノックアウト」と宣言される。

欧米以外の地域でも扉を殴る文化は古くから存在する。日本では与謝蕪村が「戸を叩くと秋を惜しみけり」という俳句を詠んでいることから、日本のタヌキも同様の文化を持つとされている。
近世?現代

最近は自動ドアやチャイムが普及してしまったため、ノックできる扉は珍しく、せいぜい木製の社長室のドアくらいになっている。ノックによるストレス発散の場が消えていき、現代人は過大なストレスを背負 2679 っている。これを問題視したエクストリームスポーツ実行委員会は、ノックに代わるストレス発散方法として「ピンポンダッシュ」を提案した。ピンポンダッシュは、そのストレス解消メカニズムを人々に推奨するWHO、人々を階級で差別するボクシングを批判する反人種差別団体、アンサイクロペディアンといった多くの人々に注目されている。
関連項目

イーノック - そんなノックで大丈夫か?

ドラえもん - どこでもドアをノック。

更新日時:2021年1月13日(水)18:07
取得日時:2021/01/20 22:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5244 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef