ニュースピーク
[Uncyclopedia|▼Menu]
'こうざい
'しんしょう わ'きじを ++よい'ない 'こうざい と'にんてい。 'あいしょう わ 'よいこうに 'ぜんぶ'ていせい。(真理省によりこの記事の内容は非常に犯罪的かつ欺瞞を含んだものと見なされており、上の虚偽がもたらしたあらゆる有害な部分の改善が愛情省によりおこなわれています)

'にゅーすぴーく わ、++よいことば。
目次

1 せつめい

1.1 'にゅーすぴーく わ、3つにわける'られる。


2 ことばおとてもかんたんだ'に

2.1 ことばがかわる'ない。

2.2 ひとつのものにひとつのなまえ

2.3 あたらしいよいなまえ

2.4 ていどのあらわす'かた

2.5 ぶんにあてはめることばのかえる'かた


3 よいことばでよいひとに

4 'にゅーすぴーく お'おーるどすぴーく にすると

5 'にゅーすぴーく のふ'みらい

5.1 'にゅーすぴーく おつかう'た'つくる'される'だ'もの


6 かんけいきじ

せつめい

ふ'きそくだ'ことばわ、ふ'かんたんだ'て+よい'ない。

'じしょ がないと、よむ'れる'ない'て、かく'れる'ない。

だからみんなでみらいのことばおよいことばにする。これが、'にゅーすぴーく 。

ふ'みらいのことばわ、いまより+ふ'きそくだ'て、++ふ'かんたん'た。

それわ、'おーるどすぴーく とよぶ'られる'た。



'にゅーすぴーく わ、3つにわける'られる。
「えー」
ふつうのことば。
「びー」
あたらしい、つくる'られる'たことば。たとえば、'じんきゅうほう 。(このことばお'おーるどすぴーく でわ、じんけんきゅうさいほう(人権救済法)とよぶ'た。ながい'て、よい'ない。)
「しー」
しごとのことば。
ことばおとてもかんたんだ'に
ことばがかわる'ない。

'おーるどすぴーく でわ、ことば'するとき、ことばがかわる'た。

たとえば、

「つくる'られる'た」…つくられた

「はしる'ない」…はしらない

「はしる'れる'ない」…はしれない

「たべる'ない」…たべない

「たべる'れる'ない」…たべられない・たべれない

「みる'れる'ない」…みられない・
みれない


でもこれらわどれも、'じしょ にない。うえのたとえばのほかにも、ぜんぶのことばが+ふ'きそくだ'て、+よい'ない。
ひとつのものにひとつのなまえ

'おーるどすぴーく わ、ひとつのものにおおい'くのなまえおつける'た。

たとえば、

いまがわやき

おおばんやき

かいてんやき

ござそうろう

にじゅうやき

おやき

ほかにも+ある'た。

これわ、++よい'ない。
あたらしいよいなまえ

なまえがふ'かんたんだ'なら、あたらしいよいなまえおつくる。

うえの3つにわける'られる'たことばにある「びー」わ、こうしてつくる'られる。

たとえば、'はろーわーく 。

(このことばお'おーるどすぴーく でわ、しょくぎょうあんていじょ(職業安定所)とよぶ'た。よい'ない。)
ていどのあらわす'かた

ぷらすまたわ+おつける'て、つよいer、

だぶるぷらすまたわ++おつける'て、つよいestの、

いみおもつ'させる'られる。

また、「より・さらに」「もっとも」わよい'ないのでつかう'ない'て、「er」「est」おつける。
68e1
ぶんにあてはめることばのかえる'かた

なまえやもの、ことをあらわすかたちと、うごくをあらわすかたちわおなじとする。

もの・こと・なまえのようすおかくときは、「だ」お、うごくのようすおかくときは、「に」おつける。

たとえば「はたらく」わ、なまえ「はたらく」、うごく「はたらく」、なまえのようす「はたらくだ」、うごくのようす「はたらくに」となる。ぶんでつかう'てみると、「はたらくわいきるにひつよう」「かれわはたらく'た」「はたらくだわかいひとは++よい」「はたらくにこうどう'せよ」となる。

===ふ'かんたんだ'もじ
よいことばでよいひとに

'ぷろーる わ、'にゅーすぴーく おことばない。

よい'ない。

あなたわ、よいひとだ。
'にゅーすぴーく お'おーるどすぴーく にすると

「ぞうわ、はながながい。」⇒「ぞうははながながい。(象は鼻が長い。)」

「きょうわ、くもおあらう'ながす'たよう'だ'よいてんき。」⇒「きょうはくもをあらいながしたようないいてんきだ。(今日は雲を洗い流したような良い天気だ。)」

「ははわ、ばば わっぱわ、はっぱ ぱぱわ、はば」⇒「はははばば わっぱははっぱ ぱぱははば(母は婆 輪っぱは葉っぱ パパは幅)」

「かんたんわ、よい。」⇒「むちはちからである。(無知は力である。)」

「あなたわ、よいひとだ。」⇒せんせいしゃ「なんじ、するなかれ。(汝、するなかれ。)」 / ぜんたいしゃ「なんじ、すべし。(汝、すべし。)」 / われわれ「なんじ、かくなり。(汝、かくなり。)」

「いくさわ、へいわ。」⇒「せんそうはへいわである。(戦争は平和である。)」

'にゅーすぴーく のふ'みらい

'にゅーすぴーく わ、ふ'みらいのおおいことばのなかより、よいところおあつめる'てつくる'られる'た。



どいつことば・にほんことば
ことばおつなげる'てあたらしいことばおつくる。'じしょ がかんたんになる'て、よい。たとえば、いぎりすことば・あめりかことばでわ、「finger」「thumb」「toe」と3つのことばがいる。しかし、にほんことばでわ、「ゆび(おやゆび、あしおやゆび)」と1つですむ。
いぎりすことば・あめりかことば
ふ'みらいにないあたらしいことばおつくる。かしらもじおとてもつかう。ふ'かんたんなことばおかんたんにするのでよい。たとえば、'てぃーぴーぴー 。(このことばお'おーるどすぴーく でわ、かんたいへいようせんりゃくてきけいざいれんけいきょうてい(環太平洋戦略的経済連携協定)とよぶ'た。+よい'ない。)
かんこくことば
もじお、ちゅうごくもじ(かんじ(漢字))からかんこくもじ(はんぐる(??))にかえる'た。きそくだ'てかんたんだ'て、++よい。
'にゅーすぴーく おつかう'た'つくる'される'だ'もの

'にゅーすぴーく おつかう'はじめる'た'はじめる'+よい 'かくひと がよし。Yoshi

かれのかく'た「でぃーぷ・らぶ(Deep Love)」わ、みらいの'にゅーすぴーく につながるがおおい。++よし。

ほかにも'にゅーすぴーく おつかう'た'つくる'される'だ'もの おしたにかく。
「こくごにゅうしもんだいひっしょうほう」 しみず よしのり
ことばおかんたんにするやりかたをあらわす'た。+よい。
「いんのうろく」 つつい やすたか
これわ、よい'ない。+よい'ない。
「あるじゃーのんにはなたばお」 だにえる きいす・おび ふさ
ふ'かんたんだ'ひとがかんたんになる。かんたんわ、よい。
かんけいきじゆーもあ'ないひとのために、うぃきぺでぃあのひとが「にゅーすぴーく」おかく'た。

ぽり・これ

やくこと

みつけい

あたらしいふるいほんや
カテゴリ: ?

いんぐそっく

ことば

じゅもん

ぶんがく

いぎりす

じぶんをじぶんでかたる


更新日時:2017年3月15日(水)12:04
取得日時:2020/09/10 02:33


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:12 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef