ナントカ還元水
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…品質保持に関する問題[編集]マツオカ社は同族会社であり、上層部はマツオカ一族で固められている。そのためか、「原材料の賞味期限切れ」、「原材料の偽装」、「定期点検を欠かす」、「脱線事故」、粛清されましたなど、品質の点で問題を起こしている。

一説によると、『鶴の恩返し』のように、某農水大臣がカラダを張ってつくっていたという。通説については、次節を参照。
生産過程

とても高価なナントカ還元水であるが、今すぐにでも誰でも手軽に生成できる方法を説明する。試す価値はあるだろう。
山奥の渓谷
から海原雄山氏も涙するような、素晴らしいDHMOを採取します(例:埼玉県の乳父など。列車輸送もある)このときの旅費は勿論予算で。

静かにに詰める(ペットボトルは臭いが付くので禁止)

お茶やコーヒー、ウイスキーや焼酎の水割りに最適です。

それをながしに捨てます。

さて、議員会館の水道の蛇口をひねります。

DHMOが出てきましたね、それがナントカ還元水です。

この生成過程を化学式で表すとこうなります。理科で化学を覚えたての中学生でもわかるように元素記号を使わないで書いたよ。2水素 + 1酸素 → 1一酸化二水素 (2H2{\displaystyle 2}+O2{\displaystyle 2}→2H2{\displaystyle 2}O)

これは私たちが普段キッチンの蛇口をひねると出てくる色は無色透明で液体の物質。でも酸化物は体によくないのでこれを還元したものが還元水。いくつものコピー商品が出回っていて商標関係が面倒だからその部分は「ナントカ」で隠しているというわけ。1一酸化二水素 + 1鉄 → 1錆びた鉄 + 2水素 (H2{\displaystyle 2}O+Fe→H2{\displaystyle 2}+FeO

水素とは、水に素が出来たもので、純水とはいえない。だから素を取り除くために塩を還元剤に使う。すると水素は酸化剤の役割を果たして水になる。2水素 + 1塩 → 2水 + 1塩素 (2H2{\displaystyle 2}+NaCl→2H2{\displaystyle 2}+Cl)

こうして生成物である水と塩素はそのまま混合物として我々の生活水になる。だからこれから塩素を除いたものが還元水にあたるわけである。すごいね!
過去の事件

某国の某街でアンサイクロペディアを読んで全面禁止にしようとした事例が有る。否決されたのは言うまでもない。



関連項目

DHMO

水道水

ヌツオカノーヌイショー

くりぃむナントカ

バンソウコウ

死亡フラグ

加古川市

ブリタ

TRIM

メイスイ

ナノテクゼリー

UnNews:1本5000円の水が大ブーム

8億円の熊手

死亡確認
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。


更新日時:2020年6月24日(水)07:53
取得日時:2020/09/11 11:50


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:10 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef