ナイトビジョン
[Uncyclopedia|▼Menu]
アメリカさえも採用していないAN/PVS-7E。もともと歩兵用に廉価に作られた単眼のモデルを、イメージチューブを二つ使う双眼にしたため高価になったうえ、重い

ナイトビジョン(night vision)は暗闇を恐れる人類が暗いところでよく見えるようになる技術。
目次

1 概要

2 ナイトビジョンの技術

2.1 世代

2.2 形

2.3 よくある間違い


3 関連

概要

暗いところは怖い。なぜかって何も見えないからである。見えれば怖いことなどない。というわけで、赤外線を照射して機械を通して人間に見えるようにしたものがナイトビジョンである。他にも温度を映像化する技術もあるが、一番人気は二次元が認識できるナイトビジョンである。



ナイトビジョンの技術
世代

赤外線を照射していたのでは、同様の装置を持っている者に見えてしまう。夜間撮影モードのある携帯電話が普及した現代で、この点は致命的である。そこで、お様のわずかなを増幅して何も発さずに見えるようにしたものが登場した。前者をアクティブ方式、後者をパッシブ方式という。

第一世代 GEN I

明かりがないとあまり見えない。赤外線の照射なしでは相手の顔に息がかかるくらいまで近づかなくてはならない。そんなこと夜でもできない。脳内補正が必要である。
第二世代 GEN II

光の増幅率を大幅にあげて本格的なストーキングを可能にした。現在でも十分軍用として使える性能を備えている。
第三世代 GEN III

現在の軍事用暗視装置の主流。もはやいうことはあるまい。照明を落とした個室で何をしようと君の自由だ。ただし、長時間の使用は空間識別能力失調となるので注意しましょう。




モノキュラー

単眼のもの。片目で使用するが、銃に装着できるため現在の主流。
ビノキュラー

双眼のもの。ヘッドギアなどで頭部に固定して使える。小銃など狙いを付けられなくなるのと、見た目が明らかに変態なので威圧効果が極めて高く、近接戦闘向き。
ドラキュラ

第三の目を持つもの。こいつは間違いなく夜間戦闘における最強の暗視装置なので、世界各国が軍事転用を試みてきた。



よくある間違い
いきなり強い光を浴びて「目がぁ、目がぁ?!」となる

なりません。ナイトビジョンには光の増幅率を自動でコントロールする機能があり、見えなくなってもはねのければ目への障害は裸眼のときより少ない。
レンズが赤い光を発する

発しません。ロシア製であろうとドイツ製であろうと。そもそも相手から見えないという最大の利点がなくなる。アニメの見過ぎです。(ただ、GEN1の場合、赤外線投光器の質が悪いとかすかに赤く見えることがある。)
モザイクが見えるようになる

なりません。ナイトビジョンには 250a ゲヒンコントロールという機能があり、見えないものはいくら性能が上がっても見えません。ドット絵のキャラクタでいろいろ妄想するときのように、脳内補正をしましょう。
関連
サーマルビジョン
熱源を視覚化する。温度帯で色別に表示されるものは標的の
男性器の形が明らかになって兵士が集中力を欠いてしまうため、軍用には向かない。
フクダビジョン
二酸化炭素を視覚化する。日本独自の技術で、生物の呼気を探知できる。しかし、アメリカ中国は二酸化炭素を放出することで無力化しようとしている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ナイトビジョン」の項目を執筆しています。

更新日時:2018年11月3日(土)15:46
取得日時:2019/07/13 09:10


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5985 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef