ドーナツ化現象
[Uncyclopedia|▼Menu]

修正依頼この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。

ドーナツ化現象( - かげんしょう)とは、何らかのきっかけにより、人体の一部、特に頭部が炭水化物化してしまう奇病である。重症化するとドーナツに変体するために、名づけられた。転じて、中央が空洞化した市街地、中央が空洞化した政治、時には中央が空洞化した駄洒落などにも用いられる。空洞化した空間には微量のDHMOが含まれていることが知られている。
目次

1 人体のドーナツ化

2 市街地のドーナツ化

3 余談

4 関連項目

人体のドーナツ化 近年はスーパー戦隊のドーナツ化も進行している。

できそこないのドーナツたち
アンパンマン、食パンマン、カレーパンマンなど多くの個体が確認されている。彼らは一様にドーナツ化の途上ないし出来損ないであり、まだ空洞化に至っていない。その未熟さゆえ、かなりの暴れん坊である。

ミスタードーナツ
完全にドーナツ化した個体で、自らの名前を冠したドーナツショップを展開している。現在行方不明。なお、このドーナツショップにおいては、稀に空洞化に至っていないものが販売されており、これをドーナツと呼ぶべきかどうかは、専門家の間でも意見が割れている。

故・亀田大毅
ミスタードーナツの広告宣伝を一気に引き受けるGKBRリサイタルの際には、首にポンデリングをぶら下げて登場する。

ますだおかだ
構成員の岡田圭右は完全な笑いのドーナツ化例として貴重である。

類似症例
妄想を現実にする日記の使い手として有名な十円安氏によればドーナツの食べ過ぎによってお腹に穴が空くという。炭水化物化が併発しているかは不明。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドーナツ化現象」の項目を執筆しています。
市街地のドーナツ化

行政の野放図で検閲により削除な政策と、地方の老人と保守的な小金持ち達が、都会からの大規模資本の出店に対して嫌がらせをしてきたため、街の中心部にドーナツ化した老人とシャッターの降りた店舗が数多く出現してしまった。中心部の老人と小金持ちに対抗して、都会の資本が周辺に環状の駐車場付き城砦を建設し、さながらドーナツのように環状に連なっていることから、これをドーナツ化現象と呼ぶ。この城砦には多くの店舗や謎のファーストフードなどが存在しており、攻勢を強めている。

ドーナツ化現象に遭遇することにより、「もう、どーなつてもいいや」という投げやりな感情に囚われてしまう人が多いといわれる。

ただし、実際にはドーナツと呼べるような環状ではなく、せいぜい食べかけのポンデリングくらいのものである。このポンデリング状の地域にはDQNが数多く生息しているので、一般の旅行者の通行には注意が必要である。また、このような地域は地方交付金という都会からのカツアゲや、無駄な道路整備などの公共事業で潤っており、内緒だけど意外と金持ち。
余談ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドーナツ」の項目を執筆しています。

なお、ドーナツとは本来、パン生地を(焼く代わりに)で揚げたものを指すのであって、火の通りをよくするために穴が開ける場合が多いが穴が無くても油で揚げていればドーナツであり、アメリカのどこかの州ではドーナツに穴をあけることが州法で禁止されてるくらいで、ミスタードーナツに行けば穴のないドーナツが山ほど売られていて、「ドーナツ=穴」という思考は非常に短絡的なのだが、そんなことは誰も気にしない
関連項目

ドーナツ

アンパンマン

ドーナツ穴問題

故・亀田大毅


この項目「ドーナツ化現象」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです。社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)


更新日時:2015年3月20日(金)19:57
取得日時:2019/10/17 21:31


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7577 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef