ドリアン・グレイの肖像
[Uncyclopedia|▼Menu]
ワガママを極めた代償にドリアンの化物となったドリアン・グレイ

『ドリアン・グレイの肖像』とは、オスカー・ワイルド原作のホラー小説である。
概要

ドリアン・グレイはイケメンセレブであった。肖像画を描いてもらった際に「自分自身は永遠にイケメンのままで、この肖像画が自分が年を取る代わりに変化すればいいのに」という病んだ願望を抱いた。

すると悪魔のイタズラなのか、ドリアンの容貌は永遠に若いままだった。だが彼はワガママな行いを数多く行ったために、自身の肖像画は醜怪な姿に変貌してしまった。しかも名前のせいで最終的にはドリアン自身も果実「ドリアン」の化物になってしまった。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドリアン・グレイの肖像」の項目を執筆しています。

オスカー・ワイルド

ドリアン・グレイ症候群

執筆コンテスト
本項は第37回執筆コンテストに出品されました。


更新日時:2019年5月26日(日)20:38
取得日時:2019/07/20 11:34


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:2185 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef