ドミンゴ・グスマン
[Uncyclopedia|▼Menu]
渡辺「あれれぇ?、ここではドミンゴ・グスマンを紹介しているよぉ??
ドミニコ修道会の創設者であるドミンゴ・デ・グスマンについては……」
……
……
渡辺「ふえぇぇん……ドミニコのページはまだできてないよぉ?……」
佐藤「……(かわいい///)」

ドミンゴ・グスマン(Domingo Guzman , 1975年4月5日 - )とは、ドミンゴドミニカ共和国出身で高知県在住の投手。高知ファイティングソルティードックス在籍。2008年まで「ドミンゴ」の登録名で東北楽天ゴールデンイーグルスに所属していた。最新のDNA鑑定の結果の末に横浜ベイスターズに所属していたグスマンと同一人物だったことが判明した。しかし未だに読売ジャイアンツのバルビーノ・ガルベスと同一人物かどうかの結論は出ていない。

高知帯屋町にタレントショップを開店予定。ホエールズとベイスターズを経験した数少ない選手の一人でもある。
目次

1 人物

2 球歴

8132 2.1 横浜時代

2.2 中日時代

2.3 楽天時代


3 記録

4 「キャッチャーから全部聞け」

5 外部リンク

6 関連項目

人物

陽気な人柄で、勝ち負け以上に野球を楽しもうとする姿勢が窺える。

バスケットボール選手であるが、ドミニカ共和国においては珍しいことではなく、メジャーリーグにもそのような選手はごまんといる(マイケル・ジョーダンのことを言っているわけではない)。そのおかげかがとても速く、荒木雅博よりも速いのではないかと言われるほどである。そのため投手でありながらセーフティバントを試みたり、盗塁を試みたりする。

そんな自重しないプレーもドミンゴの魅力であるが、楽天に移籍してからはDH制によってその魅力も完全に殺されてしまった。
球歴
横浜時代

2002年に、ネコの手も借りたい、というチーム事情の球界のお荷物に拾われる。1年目から2完封という健闘をするも、86敗(49勝)したチームの中に埋もれてしまった。

2003年ピッカリ大ちゃんを監督に迎えたチームは、前年を遥かに上回る94敗(45勝)を喫した。そんな中でローテーションを1年務め、チーム最多の8勝を挙げながら、このオフには『大ちゃん構想』から外されたようで、クビになっちゃった。←球団とドミンゴ、どっちがお荷物なんだ?(正解は翌年に発表。)
中日時代 寝転んだグスマン。

実はナゴヤの味噌カツ球団にも在籍している。コメントを残さない秘密主義監督が興味を示した為、拾ってもらえたのである。

2004年になると以前と違って、勝てるチームというので『ヤル気度』が上昇。10勝した上に、『バント戦法』を習熟した打撃面でも成長した。←正解は、どうやらハマ球団の方が、お荷物のようでした(この年も最下位のハマ球団。味噌カツは優勝した)。

監督は何も言わないし、投球以外の野球の愉しさが理解でき始めていた(下記、外部リンクの「伝説、その1」を参照)。
ところが、その分、事有る毎にコーチがうるさい(下記、「伝説、その2」を参照)。

おかげで、せっかくのヤル気は消し飛んでしまい、2005年からは、ふて腐れて寝てしまいました。

ところが2006年にはシーズンも終わらない内から、クビになっちゃった。
楽天時代

プー太郎のままでいた2007年のシーズン途中に突然、ツンデレのジジイがいるチームに拾われた。

さぁもう1度、頑張ってみよう。とは思った。ところが期待を裏切られた。DHって何だ、そりゃ?ツマンネーッ!!!

再び、やさぐれ始めたのである。

2008年、扱いに困った球団により、またもやクビになっちゃった。
記録

記録メーカーとしても有名であり、数多の輝かしい記録を達成している。特に楽天に移籍してからの活躍は目まぐるしい。

18打席連続三振(世界記録)

横浜ベイスターズ時代に達成した記録。彼は足も速く、バットに当てればヒットになる確率も高いのだが、このころは消極的な打撃を見せていた。その後の中日では先述の通り積極的な打撃を見せていたため、おそらくこの年の横浜が弱すぎて、やさぐれていたのだろう。 サヨナラ負けを喫し、うなだれるグスマン。

一試合4ボーク

2007年の西武戦、一回にボークを取られいきなりぴーと禁止用語を叫ぶ。4回には1イニング3ボークと通算で一試合4ボークを見事達成。中指を突き上げ、つばを吐きながらその場を離れた。彼の達成後の態度には野村監督も賞賛の声を上げた(下記、「伝説、その3」を参照)。

防御率∞

福盛和男の後釜として2008年抑え投手になったドミンゴだが、あと3アウトで初勝利という開幕戦で多村仁志松中信彦から連打を浴びて無死2・3塁のピンチ。そこで、柴原洋にサヨナラホームランを食らい、1アウトも取れず見事に達成。このことはドミンゴの7球と呼ばれ大きく反響を呼び、試合後防御率の覧で忽然と輝くその数字は見る者の心を虜にした。



「キャッチャーから全部聞け」

上記のように炎上した試合の後で、理由を訊かれた際に答えたひと言。
すぐ炎上する性質に高飛車の属性が加わった姿に、誰もが ミセリの再来を感じた。この言葉はのインパクトは大きく、ネット上ではググレカスの代わりに使われることも多々ある。しかし豊田清が既に似たような発言をしており、パクリ疑惑が浮上している。
外部リンク

ドミンゴ伝説、その1・Youtube版

ドミンゴ伝説、その2・Youtube版

ドミンゴ伝説、その3・Youtube版

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドミンゴ・グスマン」の項目を執筆しています。

幕田賢治 - 横浜時代にマクー空間の被害を与える。

スバル・ドミンゴ


 ・話・編・歴 東北楽天ゴールデンイーグルスカテゴリ

球団概要 :選手一覧 - 宮城県 - 仙台市
歴代監督 :田尾安志 - 野村克也 - マーティー・レオ・ブラウン - 星野仙一 - 大久保博元 - 梨田昌孝
投手(現役) :投手一覧
捕手(現役) :捕手一覧
内野手(現役) :渡辺直人 - その他内野手一覧
外野手(現役) :外野手一覧
OB(在籍経験者) :稲田直人 -ドミンゴ・グスマン - 小坂誠 - 鉄平 - 中村紀洋 - 橋上秀樹 - 藪惠壹 - 山崎武司 - ブライアン・ファルケンボーグ - 後藤光尊
用語 :わしが育てた


更新日時:2013年3月12日(火)02:16
取得日時:2018/12/13 20:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE