トランスフォーマー_(実写映画)
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トランスフォーマー (2007年の映画)」の項目を執筆しています。

『トランスフォーマー』(Transformers)は、2007年に公開されるパニックホラー映画。マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ制作総指揮、ドリームワークス制作、パラマウント映画配給。7月4日の全米での公開を皮切りに世界で順時公開されている。日本では8月4日と最も遅い公開となった。続編のトランスフォーマー:リベンジ、スピンオフのアニメトランスフォーマー アニメイテッドがある。
目次

1 概要

1.1 三部作構想 27a3

1.2 トランスフォーマーとGM

1.3 キャッチコピー


2 スタッフ

3 あらすじ

4 登場人物

4.1 政府・軍人側


5 登場トランスフォーマー

概要

1980年代にブームとなった日米合作の玩具・アニメコミッククソゲーシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版。今まで何度か実写化は企画されてきたが映像面の問題やストーリー展開が困難などの理由で不可能とされてきた。今回は映画会社が実写化を強く要望したためあえて実現した。テーマはこの夏、地球がトランスフォームする。

日本では配給元の意向により、原作完全無視のB級パニックホラー映画となっている。サムとミカエラは生き延びることができるのか?

クソ真面目なアチラで日本の配給元の意向をストレートに記述したところ、なかったことにされた。中の人の痕跡が残ると営業展開上マズいので、著作権侵害ということにして、更になかったことにされかかっている。

多分、最終的には地球がトランスフォームしてユニクロン様と戦いになられる。

当初スピルバーグが監督を希望していたが、残酷描写ができない事などを理由に制作側に回る事となった。しかし本作の内容にも大きく関わっており、作品に関する日本側のインタビューには積極的に出席していた。なお、監督候補の中にはロバート・ゼメキス、ジョセフ・カーンなども上がっていた。

当初マイケル・ベイはスピルバーグにでかい損失を食わされた苦い思い出から、「こんなクソ映画、誰が撮るか!」と拒否りまくってた。しかし、ハスブロのトランスフォーマー・オタクによるトランスフォーマーに入門したいトランスフォーマー・オタク一歩前のための研修を受け、「やべぇ・・・、思ってたよりカッケェ・・・、この映画のメガホンを取ったら億万長者だぜ!」とやる気を出し始めた。 この映画をきっかけに監督がトランスフォーマー・オタクなったことは言うまでもない。

アメリカ空軍の全面協力が得られたため、マイケル・ベイと軍の綿密な打ち合わせが可能になり本作の中ではアメリカ空軍が実際に映画の中のような敵に襲われた時、どのように戦うのかを見ることが出来る。

劇中では、街や高速道路どころか、日本の歴史まで破壊した。

パール・ハーバーの反省もあってか、日本に対して敬意を払い、作中では日本をネタとした台詞がバック・トゥ・ザ・フューチャー以来多く使われている。

実はノキアのいい宣伝にもなってる。

セクター7という組織は存在しない事になっている。

2008年にソフト化されたが、発売元が血迷ったのか、過去のフォーマットとなりつつあるHD DVD版しか生産されていない。(続編が公開された2009年にブルーレイ版が発売。公開から2年待たされたファンは狂喜した。)

変形シーンは日本のアニオタが演出を行っている。

三部作構想

配給会社側はメシのタネになる見込みがあれば三部作にする構想を描いていた。スピルバーグはシリーズ化については否定していた。

全米では毎度の事ながら、全米映画史上歴代新記録を樹立した。当然全米は泣いた事になっている。

続編の撮影は韓国と北朝鮮で行うとのマイケル・ベイの発言から、韓国のアニメ版が正確に再現される模様。「リベンジ・オブ・ザ・フォーレン」として2009年の夏に公開された。

続編についてとあるサイトに、「IESBによると、米版アニメにも登場したスクラッパー、ボーンクラッシャー、スカベンジャー、ミックスマスター、フック、ロング・ハウル、デバステイターといったロボットが初登場するという。」という記事がある。
トランスフォーマーとGM

当時、売れ行き不振に陥っていたGMを救うために、マイケル・ベイ監督はトランスフォーマーの中でGM車を多数活躍させ、GMを奇跡的な復活に導いた。

しかし、その場しのぎの演出では、GMの抱えていた問題の根本的な? 22ac ?決にはならなかった。結局GMは、トランスフォーマーの続編が間に合わずに破綻した。

GM破綻の報を聞いたマイケル・ベイは「これはきっと第一作をHD DVDで出したせいだ。これはHD DVDの呪いだ」と言って、御田八幡神社にお祓いを受けに行ったという。
キャッチコピーこの夏、地球がトランスフォームする未知なる侵略はトランスフォーム〈変身〉から始まる!トランスフォーム、はじめましたユニクロンは未だ出ません。実際にロボットを作るのは結構だが、車に乗ったまま変形禁止トランスポーターと間違えるな
スタッフ

監督 マイケル・ベイ
・金満腹

製作 ドン・マーフィー、トム・デサント、ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ、イアン・ブライス

製作総指揮 スティーブン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴルドナー、マーク・バーランディアン

製作補佐 ケニー・ベイツ

脚本 アレックス・カーツマン、ロベルト・オルチ、ジョン・ロジャース

編集 ポール・ルベル、グレン・スキャントルベリー

撮影 ミッチェル・アムンドセン

撮影第二班 ルーカス・エリントン

アニマトロニクス監修・操演 グレゴリー・ニコテロ

視覚効果スーパーバイザー スコット・ファーラー

美術 ナイジェル・フェルプス

衣装 デボラ・リン・スコット

音楽 スティーブン・ジャブロンスキー

主題歌 リンキンパーク「What I've Done」

VFX インダストリアル・ライト&マジック、 3e10 デジタル・ドメイン、CLMスタジオ


警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、セブルス・スネイプは二重スパイであり裏切っていないことや、エンタープライズDがクリンゴンの攻撃によって撃ち落とされることや、かばんちゃんはミライさん髪の毛から生まれたヒトのフレンズだったことや、ギラタクルの正体はキルアの兄のイルミ・ゾルディックであることや、とらはかつて人間で獣の槍の使い手だったことや、アンドルフの真の姿は巨大な脳であることや、遠山博士の正体は夢野久太郎であることや、「先生」は「私」が父親の病気のため里帰りしている時に自殺して遺書を郵送してくることや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。
あらすじ

1897年、メガネがすごい事になる。

2003年に火星に到着した火星探査機「ビーグル2号」がスタスクの手によって逝去なさる。

トランスフォーマー達は機械になりすまし、地球へ潜伏していくのだった。

現代、アメリカの地方都市に住む16歳の少年「サム」は、父親から初めてを買ってもらう。しかし、その車は意思を持つ金属生命体であった。車が盗まれたと思って追いかけたところ、自分の車がトランスフォームする様を目の当たりにしてしまった!!そして、ロボットとなった車がサムに牙をむく!

そしてついに、カタールで、アメリカの都市で、そしてエアフォースワンの機内で、想像を絶するトランスフォーム現象が始まり、立ち塞がる人類への攻撃が開始された。彼らの真の目的とは?そして人類の運命は?今回の大統領は音楽が聴きたかっただけで、全く頼りにならない!

2010年、ロディマス司令官就任

2010年から4ヶ月くらい、不信任によりロディマス降板
登場人物
サム・ウィトキッキー(シャイア・ラブーフ
/吹替:小松史法)
人間側の主人公。通称スパイクだが、この名前で呼ばれたためしが無い。トランキリティ高校に通う少年で、人間側の主人公。高校では全く目立たずさえないタイプ。女の子にモテるため車を欲しがっており、必須単位を取ることを条件に、16歳の誕生日に父親から車を買ってもらう約束をする。毎日の日課、ハッピータイムはどんな状況でも欠かさない単位はもともと金で買うつもりだった。ちなみに吹き替えの人はマイナーだったが、のちにエイリアンヒーローを演じることになった。
ミカエラ・ベインズ(ミーガン・フォックス/吹替:東條加那子)
父親思いの前科持ち。マッチョ好きと思われたが実はそうでもなく、単なるツンデレだった。ちなみに吹き替えの人は(以下略)。
政府・軍人側
ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル
/吹替:矢崎文也)
電話番。親バカ。
ジョン・ケラー(ジョン・ヴォイト/吹替:平野稔)
国防長官。大統領より頼りになる。
シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ/吹替:チョー)
元セクター7の人。案外日本通でもあるおもしろい人。それゆえに中の人も某教育テレビ番組の緑と白の犬っぽいやつの吹き替えもやっている。
セクタ?7
なにそれおいしいの?MJ-12のようなものらしい。
登場トランスフォーマー 映画館に貼られた宣伝用ポスター。左からバンブルビー、オプティマス、メガトロン

配給元の意向によりロボットに敵味方など関係無い。オプティマスプライムなどと名前が違っているのも配給元の意向である(めんどくさかったらしい)。

日本公開されるロボ

架空のメカに変形するロボ「メガトロン」
だからって拳銃じゃない。だって海外規制があるのだから。縮小版の完成度は認めたいが、オリジナルは酷い。
ラプターに変形するロボ「スタースクリーム」
頭部を変えたサンダークラッカーが出てこなかったり、カラーリングが地味になったのが惜しい。サンダークラッカーと比べると、ミサイルが暴発しやすい。「ニューリーダーはこの俺だ!」
サソリロボ「スコルポノック」
ヘリの付属品。G1の巨大サソリロボよりビーストウォーズのオラオラサソリロボの方が通じるかもしれない。完成度は高い。ギアギミックが一番特筆。
ヘリに変形するロボ「ブラックアウト」
サンドストームのような性格じゃないので注意。玩具は、ローターの重量で倒れやすい。
エイブラムスに変形するロボ「ブロウル」
別に一度コアを取られたG1デストロンの狙撃兵ではない。M1エイブラムスだからってメガストームではない。玩具の方は、割とハイレベルだが腕の差し込みに問題あり。
地雷除去車に変形するロボ「ボーンクラッシャー」
合体してデバステイターになったりはしない。予告編では目立っていたが本編ではあっけなく倒された。ボンクラって言うなよ。
パトカーに変形するロボ「バリケード」
正義の味方ではない。パトカーだからといって別にG1のサイバトロン戦士でもない。リーコン版の方が格好良く、オリジナルの白黒版は地味すぎる。
ラジカセに変形するロボ「フレンジー」
デストロンのラジカセだからといってサウンドウェーブとは限らない。ハンマーを使うわけではない。最も玩具と劇中デザインのギャップが激しいため通販扱いされる。

日本公開時にカットされたロボ

トレーラが変形するロボ「オプティマスプライム」
頭だけのロボ。完成度は低いがつま先の変形は面白い。「コンボイ」という名前じゃないんですか、そうですか…縮小版の方の完成度は高いが、残り3種はあまりよい出来ではない。
黄色いカマロが変形するロボ「バンブルビー」
サムの愛車だが別にたいした活躍はしていない。人間側に捕まるわ、最終決戦では足が千切れるわで散々である。でもミカエラのフォローのおかげで命拾いした。中古車店で隣に置か? d7f ?ていた小型車の方がよっぽどバンブルビーらしい。完成度はバトルモード版と縮小版がベスト。
ポンティアックが変形するロボ「ジャズ」
マイスターじゃないんですか、そうですか・・・・。ノイズアタックはしない。玩具の完成度は全て低い。パーツの収納だとかギミックの緩さだとか。ラストは唯一の(以下略)「オォゥ…ジャァズ…」
ピックアップが変形するロボ「アイアンハイド」
別に赤いワゴン車じゃない。玩具では小型サイズの方が凝ってる。次回作では死亡フラグ。完成度は縮小版が圧勝。
ハマーが変形するロボ「ラチェット」
救急車じゃないんですか。同じく次回作のつなぎ目では死亡フラグ。同じく縮小版の完成度の高さは異常。

ゲームに出てくるロボ

シボレーに変形するロボ
嘗ての名はG1ではコンバットバギーでした。無念お砲塔。完成度は高い。けど関節が緩く成りやすい。
戦闘機に変形するロボ
嘗ての名は三段変形する中型ロボ。無念お風車。倒れやすい為出来が良くない。
輸送車に変形するロボ
唯一のオリジナルネーム。外れやすい無念お苦労。文字通り、破損防止のためかパーツがとれやすい。

更新日時:2019年10月25日(金)14:42
取得日時:2019/11/06 09:55


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef