デーブ・スペクター
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「デーブ・スペクター」の項目を執筆しています。

デーブ・スペクター(David Mark Spector、1954年生 -)とは、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身で、自称アメリカ合衆国出身のコメンテーター、プロデューサー、その他をこなすマルチタレントである。その実態はアメリカ合衆国が送り込んだリーサルウエポンであるとかないとか。
特徴

自称アメリカ生まれのアメリカ育ち。幼少期からすでにして日本語が大変達者であり、アメリカ人のはずなのに日本人学校に通って日本語を磨いていたという話である。要するに、子供のころからアメリカ育ちの日本人なのだ。

来日してからは改めて埼玉県人であることを隠し、アメリカ人と自称して生活を始める。そうした中で、彼の見た目とは裏腹な大和魂がプロデューサーの目にとまり、日本で華々しい芸能活動を始めることになる。

その筆頭がコメンテーターであり、歯に衣着せぬ日本語で欧米のゴシップをダジャレ交じりに紹介している。なお、このスタイルはウィークエンダーを踏襲したもので、泉ピン子が彼の活躍する姿を見るたびに、自身の過去を思い起こすと述懐している。

また、マイケルジャクソンが逝去した際には、情報屋としていち早く海外から情報を仕入れ、暗躍。その一方で、一本5万円のギャランティーで各番組に、情報活動の成果を披露し、タレントの薄利多売の第一人者になった。

趣味はダジャレ集め。だが、そのダジャレが英語か日本語かははっきりしない。しかし、ダジャレというからには日本語なんだろうな。

また、本人いわく「英検3級が難しかった」とコメントしたため、彼の英語力は中学3年から高校1年程度であることが明確になり、同時に日本人であることがはっきりした。だが、その後英検1級にも挑戦したらしい。しかし、結果は不明。おそらく、落ちたんだろう。それにもかかわらず、いざ英語を話すとなると、本国人のごとき流暢な語り口を披露することから、少なくとも英検3級以上の実力はあるらしい。だが、日本語の実力はそれ以上である。

なお、アンサイクロペディアにデーブの記事がないのはおかしいので作ってみたものの、ほとんどのネタが頭の固い集団に持っていかれてしまい、つまり彼の存在自体がすでにネタで架空のため、これ以上書くことがないので、下手をすればこの記事は日の目を見ずに消えることであろう。
関連項目

外国人


更新日時:2014年6月10日(火)13:28
取得日時:2019/07/20 14:56


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:3485 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef