テニス
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…往年の名選手たち[編集]松岡修造
未来のテニスプレーヤーたちに「君達の目指している所、それは日本じゃない、世界なんだよ!それも世界の頂点だよ!!」などと熱くのたまうが、最近ではフィギュアスケートの取材に重きを置いている。
杉山愛
日本が生んだ世界にまぁまぁ誇れる選手。グランドスラム連続出場記録と、ダブルス特に前衛の上手さで選手たちの間では有名らしい。現在は婚活とゴルフに精を出している。結婚発表が錦織圭がバーゼルでフェデラーに力の差を見せつけられた直後のため、テニス愛好家たちのリアクションは 1011 お察しくださいである。結婚相手は長谷部似のやや太った一般人らしい。
神和純さん
修造がちゃんとテニスをやってた頃のデ杯の監督。チームの合宿所でも自分ルールで行動する修造に困っていたらしい。近年は正月にとんねるずと一緒に打倒修造を目指し頑張っている。
マイケル・チャン
レンドルのガラスのメンタルを巧みに利用して史上最年少の全仏王者になった。ノリがよく、観客を喜ばせるパフォーマンスもしっかりこなす。
アンドレ・アガシ
父親のスパルタ教育で世界最強のリターンを手に入れた往年の名選手。だがその代償に、若くしてすべての毛髪を失った。私生活が荒れ、ランキングを落とした時期もあったが、世界のトップに復帰を果たす。その当時はスキンヘッド、ピアス、ヒゲ、ガチムチとどう見てもアレな格好だったので、いろいろあったのだろう。
ピート・サンプラス
ヒトとイヌの合成獣(キメラ)であるため、常に舌を出して体温調節を行っている。気温に体力を奪われる前に勝負をつけるため、未だに世界最高と呼ばれる高精度・高威力のサーブを身につけた。その代償に毛髪をほとんど失ったが、パーマっぽくして誤魔化している。
ゴラン・イヴァニセビッチ
サーブ最盛時代において最強サーバーとして君臨した。イケメン芸人としても存在感がありキレ芸には定評があった。あんまりサーブが強すぎたため当時のATPは「サーブは一球にすべき!」と「イヴァニセビッチはサーブを打ってはならない」の2つのルールを設立するために躍起になったがキレ芸を恐れたATPはこの二つの実現することが出来なかった。
パトリック・ラフター
ややゴツめのイケメン。ボレーが上手かったような気がする。
エフゲニー・カシュルニコフ
ストローク主体のプレースタイルだったような気がする。
カルロス・モヤ
スペイン出身の涼しげなクレーコーター。ノースリーブの二の腕は、性別を問わずあらゆるファンを悩殺した。
グスタポ・クエルティン
ATPが現行制度になって初めてセカイランク1位になった選手。その実力から最も早期敗退しやすいトップシードという愛称で親しまれた。
ティム・ヘンマン
テニス界のヤムチャサーブアンドボレーを連発する。英国民の必要のさらに限界を超えた必要以上のプレッシャーに負けグランドスラムで一度も優勝できなかった。彼の名前から名づけられたウィンブルドンの「ヘンマン・ヒル」も現在では…。
マラト・サフィン
ラケット破壊ネタで大ブレイクしたロシアの芸人。彼の不調時の記者会見の持ちネタ(サフィン)「I'm suffering...(今、苦しんでます)」(記者)「Yeah, you are Suffin(はい、貴方はサフィンですね)」の掛け合いはお決まりだった。全仏大会でテンションが上がり過ぎてパリの観衆の面々に下半身をさらしたのは 120c あまりにも有名な話。2002年のデビスカップで優勝を果たした際に言い放った「気持ちイイ!超気持ちイイ!!セックスより気持ちイイ!!!」はその年のATPツアー流行語大賞を受賞。北島康介がアテネ五輪でこの発言を真似たが、恥ずかしくて最後まで言えなかったというエピソードは有名である。2009年、パリの大会を最後に惜しまれながら引退。
エレナ・デメンティエワ
ミスをすると独り言を言ったり母親の方に向かって叫んだりと情緒不安定であったが、基本的にホワホワしているので問題ない。引退した今でも、どこかの空の下でホワホワしていることだろう。
シュテフィ・グラフ
男子ばりのフォアとバックのスライスで絶対王政を築いた。若いころはルックスもスタイルも最強ですべてにおいて歴代女子最高クラスとして君臨している。何よりもお金が大好きなためラスベガス在住のアガシと結婚。試合中に「結婚してくれ!!」と言われ「いくら持ってんだ?」と返したことからも金への執着がうかがえる。
モニカ・セレシュ
セレスだかセレシュだがいろいろ呼び名はあるが、試合ではダブルハンドの強打をセレッシュ!!して一時代を築いた。ライバルであるグラフとの試合中に、熱狂的グラフ信者に背中をナイフで刺されてその後選手生命も危険なことになりかけたがなんとか立ち直った鋼の女である。
マルチナ・ヒンギス
たぶんテニス界で一番モテた選手。幅広い分野の数多くの人物とエッチした。ゲームみたいなテニスで一時代を確立。17歳手前で色んなものを手に入れすぎたため「お金があり過ぎてどうしたらいいのかわからない!」状態になってしまい、テニスへの情熱よりも思春期の中学生みたいなこと興味を示すようになる。プロレス系選手が主流になるとテニスが面倒になり一時引退。復帰後もそれなりに順調だったがテニスよりぶっ飛べるものに手を出して引退。
マルチナ・ナブラチロワ
単複合わせればグランドスラム獲得数最多の最強サイボーグババア。若いころぱっとしなかったが25歳のころに受けた改造手術を境にシングル・ダブル両方で最強クラスになった。左利きで眼鏡でムキムキでサーブアンドボレーヤーである。一時期はベジタリアンだったらしい。
マーディー・フィッシュ
魚ではない。サーブとフォアがそこそこいいので、調子がいいとアメリカの大会ではまぁそれなりに頑張れる。アテネ五輪の決勝では、マスーとの魚類対決に大きな期待が寄せられたが、彼が魚でないことに気付いた観客に大ブーイングを食らって負けた悲運のプレーヤー。
アマチュア選手
1783 越前リョーマ

ご存知、テニスではなくテニヌ日本を代表するプレーヤーとなった人物。
ラケットメーカー 謎のでっぱり 穴をドヤ顔で見せつけるフェレール ボスワースのラケット。別に壊れているわけではない。 すぐにルールで規制されそう。
ウィルソン
あのフェデラーや錦織が契約するメーカー。ラケットの面に謎のでっぱりがあるが、最近は小さくなってきている。完全にでっぱりをなくそうとしてもフェデラーや錦織が文句を言うためなくすことはできないらしい。でっぱりは偉大である。
ヘッド
ジョコビッチやマレーが契約。プロの使うラケットがあまりにも市販品と異なるため、詐欺なのでは?とよく言われている。ウィルソン契約だったジョコビッチを高額な契約金で奪い去ったのは有名。
バボラ
ナダルやツォンガが契約。バボラについて説明を求められたときは「ピュアドライブ」と一言いうだけで大抵理解される。ナチュラルガットでも絶大なシェアを誇る。
ヨネックス
ワウリンカやクルム伊達が契約。面が四角いがフレームが折れて壊れているわけではない。むしろわざと折っているのである。
プリンス
フェレールや・・・あと誰がいたっけ。ラケットに穴を空けたせいで契約選手に逃げられまくれ、一度破産した。が、今は復活し、今日もめげずに懲りずにラケットに穴を空けている。それにしびれを切らしたフェレールがついに逃げ出したとの噂。
ダンロップ
アルマグロやロブレドが契約。イギリスのメーカー。めんどくさくなったのか日本ではあまりラケットを売らなくなり、ラケット製造もめんどくさくなったのか組立式のラケットを発売し始めた。
スリクソン
奈良くるみやアンダーソンが契約。住友ゴムの子会社がのダンロップスポーツが最初はダンロップの名でラケットを製造販売していたが、スリクソンと名を変えた。なのでイギリスのダンロップとは関係ない。
テクニファイバー
シャーディやヤングが契約。フランスのメーカー。例のナチュラルに近いナイロンガットを作っている。ラケットメーカーとしては影が薄く、2013年にATPとパートナーシップ契約をしたが未だ影が薄い。
ボスワース
面がいびつな形 119a だが、これも故意に折っている。あまり世間に知られておらず、詳細を知る者はごくわずかなレアなメーカーである。
その他
持ち手が二つのラケットが流行ると断言。常識的に考えて、持ち手がまっすぐではないのでプレーしにくい。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「テニス」の項目を執筆しています。

ウィンブルドン選手権

杉村太蔵

有明テニスの森公園

卓球

スカッシュ

ラケットボール

バドミントン

テニスコートの誓い

テニヌ

WOWOW


この項目「テニス」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文を付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)

1070

更新日時:2020年4月14日(火)03:16
取得日時:2020/05/28 07:22


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:37 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef