チンギス・ハン
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チンギス・ハーン」の項目を執筆しています。「蒼き狼は一人ではない、蒼き狼とガチで戦ってはいけない」
? チンギス・ハーン について、テムジン

チンギス・ハーンはモンゴル神話に登場する伝説の「蒼き狼」である。血に餓えたモンゴルの狼が美人のドイツ女を無理矢理ファックしたことによって生まれたと言われる、最強の狼男(ウェアウルフ)であり、それと同時に「モンゴリアン・レクイエム」を限界まで極めた歌の神様だとも言われる。しかし実際のチンギス・ハーンは一人(一匹?)ではなく、モンゴル平原に生息していた狼たちが、群れとなって軍隊化してゆき、ついでに歌手グループも兼ねて結成した、その狼の群れの総称をチンギス・ハーンと呼ぶのではないかとの説が有力視されている。実在のチンギス・ハーンは『ジンギスカン』の名称のほうが有名である。
目次

1 概要

2 メンバー構成

2.1 テムジン

2.2 ジュチ

2.3 チャガタイ

2.4 オゴデイ

2.5 トルイ

2.6 バトゥ

2.7 グユク

2.8 モンケ

2.9 クビライ

2.10 ハイドゥ

2.11 アリクブカ

2.12 テムル

2.13 ボルテ


3 チンギス・ハーン=源義経説

4 チンチン問題

5 関連項目

概要

「アォーン」と言う遠吠えを個々のメンバーがソプラノ・アルト・テノール・バスに使い分けて絶妙にシンクロさせるため、その歌声のせいで敵は全員戦意喪失してしまい、人生に虚しさを感じてNEET化していった、そうして虚無化した敵の本陣を容赦無く蹂躙し、最初はモスクワを目指していたがそのうち東ヨーロッパ辺りまでもその手中に収めた。

しかし、リーダーがクビライになった辺りからメンバー間の間に不協和音が生じ、やがて解散した。

チンギス・ハーンは聖飢魔IIのように銀河系をモンゴリアンテイストに征服すべく野望とランボーと破滅願望を掲げて広い大陸を駆け巡ったロマンスの神様に近い存在である。当初は「テムジンと愉快な仲間達」と言う名称だったが、当時大カーンだったシャーマンカーンを滅ぼして、カーンの称号を獲得し、チンギスカーン(チンギスハーン)を名乗った。ちなみに鈴木宗男とはツーカーの中であり、一緒にモスクワを目指している。
メンバー構成
テムジン

初代リーダー。ウイグル遊牧国家の人たちがワクワクさんに頼み込んで作ってもらったサイボーグだと言われる。サーフィンが得意で、長船長光にサーフボードを研いで貰ったためその切れ味は抜群。ちょっとかすっただけでも首が飛ぶ。対抗するにはこっちもバーチャロイドを使うしかない。その正体は上条当麻である!!
ジュチ

テムジンの長男。家の外で生まれたために「客人・旅人」を意味するこの名がついた。しかしそれを母のボルテがメルキトの偉いさんとアーン♥♥して生まれたと解釈する輩が後を絶たない。そのせいで弟のチャガタイと仲が悪く、ファンからは「N・T・R!N・T・R!」と声援を送られる始末。最後にはストレスが原因で親父より早く野原で野垂れ死んだ。その無念を息子のバトゥが晴らした。
チャガタイ

テムジンの次男。重度のNTR中毒者で兄ジュチを毛嫌いしており、それが祟ってオゴテイに次期リーダーの座を取られたとき、「ついカッとなってやった。今は反省している」と述べたという。
オゴデイ

テムジンの三男坊。のほほんと構えていたら二代目リーダーの座を手に入れた。
トルイ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

バトゥ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

グユク

空気である。
モンケ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

クビライ

谷亮k ぐぅ!むむむむぅーカクン(落ちた)

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ハイドゥ

身長156cmであることをクビライにバカにされた事を恨んで、クビライに終生反抗し続けた。
アリクブカ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

テムル

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ボルテ

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

チンギス・ハーン=源義経説

チンギス・ハーンの正体は源義経だという説がある。しかしこれはチンギス・ハーンという名と良く似た「ジンギスカン」という料理の名を取り違えた結果である。北海道に渡った源義経は、原住民にジンギスカンにされて食われてしまった。その「源義経はジンギスカンになった」という有名な伝承が、「源義経はチンギス・ハーンになった」と、取り違えられたのである。
チンチン問題 件の画像

確かに、チンチン電車を圧倒するぐらいのヤリチンであり、一族を造ったのだが。ただ、コロコロコミックで表現するのはCeroCに相当し名誉毀損表現と物言いがあったためにお蔵入りとなった。せめて、上野でJS三馬鹿劇ぐらいに留めておくべきだったのに。節度ある事で未来を造る表現を規制しすぎると監視社会で自滅するのは歴史で学ぶべきであろう。嘘の嘘。そして、時代は繰り返される。
関連項目

モンゴル帝国

蒼き狼

モスクワ

モンゴル

電脳戦機バーチャロン

角川春樹(彼はチンギスハーンの生まれ変わりであり、チンギスハーンを称えるために映画を作成した)


この項目「チンギス・ハーン」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)



更新日時:2018年6月16日(土)04:10
取得日時:2019/08/25 14:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef