チャールズ・ダーウィン
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…結婚[編集]1838年に結婚。多くの子供を授かる。1851年に最愛の娘を亡くしたことがショックで、後に『種の起源』を書いたのは、神への嫌がらせのためである、という説もある。
種の起源

ニート生活を満喫するダーウィンであったが、進化に関する論文だけは発表に慎重だった。有名な著書『種の起源』に書かれている内容は、だいぶ前からダーウィンの頭の中にあったのだが、内容が宗教的にアレだったので、怖い団体から批判されるのを恐れて発表出来ずにいた。しかし、生物学者仲間から「お前と似たようなこと言ってる奴いるんだけど、早くしないと手柄横取りされるんじゃね?」と言われて仕方なく論文を出すこととなった。その後に『種の起源』を出版したところ、案の定、批判が噴出した。しかし彼は、体調の悪化に加えて、ヘタレでもあったため、論争に参加することはなかった。
他の研究

自宅でニート生活を送りながら、フジツボミミズ、サンゴなどの研究も行った。どれも超一級の研究であったが、進化論のイメージに隠れてしまい、誰にも気にされなかった。1882年、自宅で死去。
功績

コペルニクスの時代に始まった科学界と宗教界との対立は、ダーウィンの進化論によって決定的なものとなった。この対立は今日でも、
学園都市バチカンとの対立などに形を変えて続いている。

自宅に居ながら優れた功績を残したため、ニート界の救世主と称えられている。今日注目されている「在宅勤務」の先駆け的存在であったと言えよう。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャールズ・ダーウィン」の項目を執筆しています。

進化

ダーウィニズム

優生学

執筆コンテスト
本項は第16回執筆コンテストに出品されました。



更新日時:2015年11月14日(土)23:13
取得日時:2019/11/06 17:48


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6439 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef