ダッチワイフ
[Uncyclopedia|▼Menu]

空気嫁
       _      /,.ァ、\     ( ノo o ) )  空      )ヽ ◎/(.    気    (/.(・)(・)\ . 嫁    (/| x |\)      //\\   . (/   \)
分類

界:スピリトゥス界
門:プレスピリトゥス門
綱:レトロスピリトゥス綱
目:アトモスフェール目
科:アトモスフェルム科
属:ヨメ属 Vagina
種:クウキヨメ aeris

学名
Vagina aeris
Chick, 1834

ART!

この記事はあえて言うなら芸術です!

空気嫁(Femme d'air)とは、俗に言うダッチワイフの事である。その体の99.9%が空気と呼ばれる窒素酸素二酸化炭素、水蒸気や多種の希ガスや化学物質の気体の混合物からなる。残りの0.1%はゴムかビニール、はたまた新型のものは特殊な検閲により削除(企業秘密)からなる。また、たまに「KY」と略されていることがあるが、これは某新聞社珊瑚礁落書き事件に由来したものだと思われる。
目次

1 空気嫁の構造

2 空気嫁の生態

3 ダッチワイフという俗名について

4 関連項目

空気嫁の構造

一見女性に酷似した外見をしているがや脊髄の様な神経系、血管のような循環系、消化器官、筋肉や繊毛のような運動器といった器官は見られず、基本的に外皮と内腔からなる単純な構造である。体組織には細胞核やミトコンドリアその他細胞小器官が見られないため原核生物と断定される。体表に2箇所ある外皮の落ち窪んだ部分からヒトの精液を摂取していると考えられる。
空気嫁の生態

空気嫁がどこで誕生するのかに関しては謎に包まれているが、空気嫁には雄は存在していないため有性生殖は行わないものと見られている。

有性生殖ができないのにも関わらず、生身の女性と性交が難しい南極探検隊や知的障害者などの男性と性交に及ぶことが知られている。また、極少数であるが男性型の空気嫁の存在が報告されているが造精機能自体がないため雌の空気嫁が男性に擬態しているものとみられる。

しかしながら空気嫁自身が子を産むことはないため、これらの空気嫁はアリで言う働きアリに相当し、どこかに空気嫁を産む女王空気嫁や女王空気嫁を受精させる雄空気嫁が存在するという仮説が存在する。
ダッチワイフという俗名について

中世ヨーロッパでは「空気の女」を意味するフェミナ・エリスないしファム・デールと呼ばれていた。大航海時代にオランダ人は空気嫁を女の代わりにしたという俗説からダッチワイフと呼ばれる様になった。ただしこれはオランダに敵対するスペインドイツが流した風説で、実際はオランダ人はソフトドラッグをふかしながら公共の場で裸となり9歳以上の少女や動物と性交するため空気嫁などという貧乏人のやる安い手段は必要なかった。よってあの様な嘘を流した者の目は節穴だったのかよほどDQNな生まれだったと見える。
関連項目

俺の嫁

従軍慰安婦

ユリア100式


この項目「空気嫁」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください。
私には書けません。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年9月27日(水)21:21
取得日時:2019/08/22 22:57


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5474 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef