ダチョウ倶楽部
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダチョウ」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダチョウ倶楽部」の項目を執筆しています。

ダチョウは日本の関東地方周辺に生息する鳥類である。またオワライ目リアクションゲイニン科ダチョウ属に含まれる種の総称である。

なお、ベネッセの育児雑誌『たまごクラブ』『ひよこクラブ』などの姉妹誌ではないが,『フラミンゴクラブ』『カラスクラブ』『ニュウナイスズメクラブ』を定期的(17年に1度)に出版している.「ダチョウってのは変わり者1種にバカ2種の鳥類」
? ダチョウ について、土田晃之「お前らにはつくづくだよ!」
? ダチョウ について、出川哲朗「不祥事起こさないでよ。ぼくルカリオとちがって露骨にまねちゃったんだもん」
? ダチョウ倶楽部 について、ミジュマル
目次

1 特徴なんて聞いてないよぉ?!

2 種類これと言ってなし!

2.1 現存する種類

7ffa 2.1.1 リーダー(学名:Higonnu Jimisugy)

2.1.2 ジモン(学名:Jimon Terakado Kinnikubaka)

2.1.3 ウエシマ(学名:Ryuchan)


2.2 絶滅した種類

2.2.1 トラタ(学名:Torata Dengeki Network)



3 鳴き声なんか書くなよ! 絶対に書くなよ!

4 関連項目なんて書きやがって! 訴えてやる!

特徴なんて聞いてないよぉ?!

ダチョウは世界最大の鳥類である。声帯が人間に非常に近いため、人間の言語に近い鳴き声をあげるが、言語としての意味は無い。また知能は所詮鳥レベルであるため、オウムのように何度も同じ鳴き方を繰り返す。また、よく鳴く。ダチョウの卵は大きく、北朝鮮では主食とされている。
種類これと言ってなし!

現在オワライ目リアクションゲイニン科ダチョウ属の中で確認されている種は3種のみである。ダチョウ科のダチョウと比べると小さめで、そのどれもが非常に個体数が少なく、今後数十年の間に絶滅が危惧されている。以下にその種類と特徴を示す。
現存する種類
リーダー(学名:Higonnu Jimisugy)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「リーダー」の項目を執筆しています。

リーダー(ヒゴンヌ ジミスギー)はダチョウの中でも一番個体数が少なく、見つけることが困難である。

我が家やドリカムで生息が確認されたという報告があったが、これらはリーダーに非常によく似たヒゴンヌモドキと呼ばれる亜種であることがわかった。

主なエサはセミであり、ひなの頃からセミを取って食べていたエピソードは有名。

ジモン(学名:Jimon Terakado Kinnikubaka)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジモン」の項目を執筆しています。

ジモン(ジモン テラカド キンニクバカ)は非常に力が強く、ダチョウの中でも最強の個体であるとされている。

主なエサは焼肉、青汁、ダンベルである。

筋肉が異常に発達しており、ネイチャージモンという亜種に突然変異したものもいる。

あまりにも最強過ぎて絡みづらいため、リーダーとウエシマには敬遠されがちである(実際のところはとあるファンクラブに入会していて、総選挙のたびにリーダーとウエシマに「自分のお気に入りに投票してくれ」とお願いしてくるのが嫌だから、という説あり)。

ウエシマ(学名:Ryuchan)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウエシマ」の項目を執筆しています。

ウエシマ(リュウチャン)はダチョウの中では一番個体数が多く、比較的見つけやすい特徴がある。

某釣りバカでは無い。

一番鳴き声が大きい個体でもある。

主なエサはおでん、熱湯風呂である。

怒りっぽくて他の動物達と1対1の唸り合いになり、ヒートアップして互いに相手に詰め寄るが、何故かキスをしてしまい、和解して丸く収めるという習性をもつ。

絶滅した種類
トラタ(学名:Torata Dengeki Network)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トラタ」の項目を執筆しています。

トラタ(トラタ デンゲキ ネットワーク)は現在ダチョウの中で唯一絶滅した個体である。

主なエサはサソリ、ドライアイス、エンジンオイルなどであった。

絶滅した理由としてトラタの生意気な性格が考えられる。そのため前述の3種類とは仲が悪かった。また、普段から悪乗りした鳴き方で先住動物を威嚇していたが、その生意気な威嚇が先住動物達の逆鱗に触れ、とうとうトラタは絶滅させられてしまった。

鳴き声なんか書くなよ! 絶対に書くなよ!

ダチョウは非常に様々な鳴き方をする。所詮鳥なので前述のように言語的な意味は無いとされているが、ある特定の鳴き声をした後に奇行に走る個体があることから、種族間である種のコミュニケーションをとる為の手段ではないかと考えられている。以下に確認されている鳴き声の一例を挙げる。
ヤー
鳴き声としては一番短いものである。声を発する時に羽を前に突き出す動きを見せることから、威嚇の際に挙げる奇声であると考えられる。
ムッシュムラムラ
ダチョウが求愛行動、交尾を行う際の鳴き声である。脳が興奮状態にあり、アドレナリンの放出が一定量を越えると発せられることがわかっている。
クルリンパ
ウエシマがこの鳴き声を発することがわかっている。この声を発した後に帽子を被りなおす仕草を見せることがわかっているが、行動との関連性は今のところわかっていない。
コロスキカ
ウエシマが酷い扱いを受けた後必死の形相で発する鳴き声である。「ウッタエテヤル」と鳴くこともある。
オスナヨ、オスナヨ、ゼッタイニオスナヨ
ウエシマが熱湯風呂を食べる際に発する鳴き声である。この鳴き声をあげた後リーダー、ジモンなどに押されることが多いが、行動との関連性は今のところわかっていない。
オレハゼッタイヤラナイゾ、オマエヤラナイノ、ジャアオレガヤルヨ、イヤココハオレガヤルヨ、ジャアオレガヤルヨ、ドウゾドウゾ
このような長い鳴き声をあげる生物は、今のところダチョウ以外には存在が確認されていない。ウエシマ、リーダー、ジモンが三羽そろっている時にこの声をあげることが多い。この鳴き方をした後、ウエシマが危険な行動をとることが多いが、行動との関連性は今のところわかっていない。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目なんて書きやがって! 訴えてやる!

デガワ
- リアクションゲイニン科の仲間。主に「ヤバイヨヤバイヨ」と鳴く。

シムラ - ダチョウと仲の良い先住動物

ドリカム - ヒゴンヌモドキの一人

肥後ちゃんラーメン - リーダーが経営していたが、所詮鳥なのでものすごくまずい。

釣りバカ日誌 - リュウヘイモドキの一人が出演

お笑いウルトラクイズ - ダチョウの初舞台


左「おい、だれが編集するんだよ?」
中「オレは絶対やらないからな!」
右「え、お前やらないの?」
左「じゃあオレがやるよ!」
右「いや、ここはオレがやるよ!」
中「じゃあオレが!」
右・左「どうぞどうぞ!」
中「えー!」 (Portal:スタブ)


更新日時:2019年7月2日(火)08:28
取得日時:2019/12/08 04:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:13 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef