タンポン
[Uncyclopedia|▼Menu]

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タンポン」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒タンポン」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「タンポン」の記事を執筆しています。

タンポンとは、女性向けの身体能力補強機構の一種。
目次

1 概要

2 日本での普及率や誤解について

3 脚注

4 関連項目

概要

本来女性と言うのは男性を大きく上回る身体能力を持つ[1]が、初潮を迎えてからは月一回経血の排出により血液量が減少し全体的なパフォーマンスやメンタルバランスが低下してしまう。これは女性の身体機構的な必然であり、回避の方法はない。その為有史以来、人類はこの問題に対処するべく研究を続けていた。その中で生まれたものの一つがタンポンである。

タンポンは内に挿入して使う器具であり、経血排出を抑え全身の血液量が一定値を下回らないようにすると共に膣内刺激により軽い興奮状態に持ち込む事で身体能力の底上げを計る働きがある。使用中は入浴や水泳も可能なほど快適なパフォーマンスを確保出来るが、連続8時間以上使用すると膣内感覚の鈍麻や感染症のリスクがある。またタンポン排出後は一度感覚器官をリセットするためにインターバルを置く必要がある。
日本での普及率や誤解について

欧米では有経女性の6割がタンポンを使用していると報告されている[要出典]が、日本での使用率は2割を切っている。これは日本における女性の社会進出率に関する低迷理由の一因とも考えられている。

タンポンは膣内に挿入する都合上自慰セックスを連想させる為、明治以降の「性のタブー化」が進んだことにより心理的な抵抗感が強くなっていったものと思われる。また「非処女でなければ使えない」という 43a5 迷信も流布され、処女がタンポンを使用すると処女膜が破れるとさえ言われていた[2]

また童貞により「ナプキン派VSタンポン派」という図式が語られる事があるが[3]、両者は併用するものであり対立はしていない。特に経血排出量が多い場合は、タンポンを入れた上でナプキンを当てるケースもある。これでも尚漏れてくる場合もあるが、その場合は子宮関連の疾患が疑われる。
脚注^ そもそも生物全般において、雄より雌の方が強い傾向にある。例えばライオンの雄は威嚇以外での戦闘は不得手であり、縄張りの保守や狩りは雌が行う。
^ 実際には襞であるため、タンポンの構造上破れる事はない。
^ これも基本的には「タンポン派は非処女=ビッチ」という童貞によるテンプレートな誤解から。

関連項目

生理

初潮

新世紀エヴァンゲリオン - エントリープラグと呼ばれるタンポンにパイロットが搭乗する。


更新日時:2018年4月7日(土)08:23
取得日時:2020/07/09 10:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5653 Bytes
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef