ソマリア沖海賊の対策部隊派遣
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

埋蔵金のゆうむに
関しては…日本人は漢字を間違えるこの項目は漢字ミスがあることが確認されていますが、誰も気にしないことになっています。みんなは漢字間違えちゃだめだよ!!ただしどじょうが政権をとったために漢字ミスが25%削減されるのでご安心を。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソマリア沖海賊の対策部隊派遣」の項目を執筆しています。

ざいそにほんぐん(ザイソニホングン)とは、2011年現在、大日本帝国の栄えある皇軍大日本帝国海軍,大日本帝国空軍唯一の海外駐留部隊である。
目次

1 概要

1.1 歴代部隊


2 使用兵器

3 今後の予定

4 周囲の目

4.1 国民・他国

4.2 海上自衛隊

4.3 国


5 報道

6 敵・見方

6.1 敵

6.2 見方


7 関連項目

概要

2009年よりだいぶ前の頃、ソマリアでは、海賊たちが「探せ、すべてを底においてきた」というおっさんの一言により、♪ルンルンで、日帝・大韓民国中華民国・鬼畜親日英他の船を遅い、あらゆるものを強奪し始め、日帝を始めとする先進工業国が迷惑し始め、ついには日帝企業の海外移転先に指定されていた国々にまで影響を及ぼし始めたため「こりゃやべぇや」ということで派遣が始まった。目的は、日帝その他の国々へ大きな経済的影響を与えたことの報復で、その後はソマリアの監獄に送ることである。

護衛艦部隊の主な仕事は、韓国軍のように過激ではなく、並走して、ペチャクチャしゃべってゴムボートで出撃して発砲され沈没色々とやり、モンキィ・D・ルフィ海賊を確保し、ソマリアの監獄に送ることである。

なお、護衛艦の本来の任務はソマリア沖で艦船を護衛することであるので注意していただきたい。

航空機部隊の主な仕事は、爆雷を投下し、該船を轟沈し、逃げ出したモンキィ・D・ルフィ海賊を確保し、ソマリアの監獄に送ることである。

なお、護衛艦の本来の任務はソマリア沖で艦船を護衛することであるので注意していただきたい。

また、在蘇する際に各艦にM2 12.7mm機関銃を大量に設置し、何気なく自国の防衛力向上のために予算を計上することができている。また、何気なくゴムボートの予算を計上しているため、休暇中にみんなでゴムボートに乗って釣りを楽しむことができるようになっている。

なお、護衛艦の本来の任務はソマリア沖で艦船を護衛することであるので注意していただきたい。

日本国憲法第9条において、他国への侵略を禁止しているが、全く気にせずにソマリアに駐留しているのが在蘇日本軍である。本国防衛用の護衛艦数は少ないのにもかかわらず、1年を通じて、護衛艦が5, 3feb 6隻ほど交代で駐留しており、その雄姿が日帝海軍のホームページなどで公開され、素晴らしいプロパガンタとなっている。おや、こんな時間に誰か来たようだ。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は ⇒適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

歴代部隊

なお、プライバシー保護のため、某私も編集している百科事典では行われない配慮をしている。
派遣在蘇日本海軍

回次在蘇部隊総司令官名艦船所属派遣期間艦船備考
1○●○○第4護衛隊群
第8護衛隊2009.3.14 - 2009.8.16DD-113 さざなみ
DD-106 さみだれ

派遣捜査隊隊長:○●○○
(警備救難部国際刑事課専門官)

哨戒ヘリコプター4機
(第22航空群第22航空隊所属機)

2○●○○第2護衛隊群
第2護衛隊2009.7.6 - 2009.11.29DD-102 はるさめ
DD-154 あまぎり

派遣捜査隊隊長:○●○○*哨戒ヘリコプター
(第21航空群第21航空隊所属機ほか)

3○●○○第4護衛隊群
第4護衛隊2009.10.13 - 2010.3.18DD-110 たかなみ
DD-155 はまぎり

派遣捜査隊隊長:○●○○
(警備救難部国際刑事課専門官)

哨戒ヘリコプター

4○●○○第2護衛隊群
第6護衛隊2010.1.29 - 2010.7.2DD-111 おおなみ
DD-157 さわぎり

派遣捜査隊隊長:○●○○
(警備救難部国際刑事課専門官)

哨戒ヘリコプター
(第22航空群第22航空隊所属機ほか)

5○●○○第1護衛隊群
第1護衛隊2010.5.10 - 2010.10.15DD-101 むらさめ
DD-153 ゆうぎり

派遣捜査隊隊長:
(警備救難部国際刑事課専門官)

哨戒ヘリコプター
(第21航空群第21航空隊所属機)


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:13 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE