ソフトバンクグループ
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…機種別PC雑誌[編集]かつてPC同士の互換性が乏しくメーカーごとに違うパソコンが乱立していたころ、ソフトバンクは各機種ごとにパソコン雑誌を刊行し、マニアックなパソコンの所有者からは特に大人気を博した。その後PC/AT系とMac系が主流となり他機種のマイナー性がさらに増すと、よりマニアックな誌面を目指してPDAの機種ごとに専門誌の刊行と休刊を繰り返すようになった。

Oh!PC - かつてはシャープのポケコンなどを扱う雑誌として刊行されたが、NECがTK-80、CompoBS/80を経てPC-8001を発売すると、以来NECの製造するPCの専門誌となった。

Oh!HC - エプソン製PCの専門誌として登場したがのちにエロゲー雑誌と化した。

Oh!MZ - シャープのMZシリーズを主に扱っていた。本文はドラゴン語で書かれており、一般的な日本人には解読が困難であった。

Oh!FM - 最初はラテカピュータといわれる、ラジカセとテレビとパソコンが一体型になったパソコンの専門誌であった。データレコーダで自動録音が可能などの特徴を生かし、ラジオ専門誌に限りなく近い音楽雑誌と化していたこともある。その後、後継機が出なかったことから、富士通専門誌となる。FM-TOWNSまでは独自内容の記事が豊富であったが、FM-V以降は同社のDOS/V Magazineなどとの差別化に苦慮することとなる。しかし、初期のDESKPOWERは、特有のトラブルや非互換性があり、そのトラブル対策の記事を掲載するために一定の需要があり、PC/AT系全盛となったあともしばらくは刊行され続けた。

Oh!X - シャープのスーパーMZは究極のMZとして知られたが商業的には成功といえず、以後MZシリーズはビジネス専用機となったため、テレビ事業部から製造されるXシリーズの専門誌である同誌のほうが売れ行き好調となっていった。老朽化コンデンサの破裂に伴うX68000の製造発売中止後も、DOS/V Magazineのムックとしてしばらく刊行された。ソフトバンクがボーダフォンを買収、HTC社製スマートフォンであるX01HTを販売開始すると、同社のスマートフォン専門誌(Oh!X01HT、Oh!X02HT、Oh!X01T)として再出発している。古くからの読者には、Oh!X01SHの待望論が根強い。

Oh!Dyna - もともと東芝の据え置き型PCであるOh!Pasopiaは同機ユーザーに愛読されていたが、エラー時に横山やすしがユーザーを殴打する凄惨な画像がテレビCMとして流されたことからノートPCであるDynabookの専門誌に変更された。しかし、最近、これらノートPCで、アザラシの虐待が日常的に行われていることが発覚し、編集者および開発者がエクストリーム・謝罪を行う結果となった。

Oh!ゴーゴー - 現在はDOS/VMagazineとして刊行中。かつてはIBMの初代PC(日本ではPCJrのローカライズ版であるJX、PS/2や5500系PCなどが発売された)専門誌として刊行されたが、同社のホビー機撤退に伴い歴史の闇に屠られた。その後PC/ATの日本語化が進み日本再上陸を果たすと奇跡的復刊を遂げ、現在はMac系と共に同社機種別PC雑誌の代表格となっている。

MacUzaaa - Mac専門誌としてバブル期にデビューした。当時高品質なグラフィックを商業的に扱えるPCがMac以外では少なく、おセレブな方にもてはやされた。しかし、当時のMacOSは不安定でしょっちゅう爆発し、「ウザー」という名称がつけられた。

Oh!HitBit - ソニーがMSXを製造するまで、同社オリジナル機種の専門誌として刊行されたが、ソニータイマーの作動により短い命を終える。その後はMSX専門誌に統合されXBOX専門誌として現在に至る。以後はゲーム雑誌の項目を参照のこと。

Oh!JR - 松下電機のPCを扱っていた。パナソニックがMSXに主力を置くようになるとMSX専門誌に統合され、鉄道雑誌として再出発する。

ゲーム雑誌

ソフトバンクはセガ(宗教団体)専門誌というカテゴリーを作り、ファミ通(後に発行元がセガに救済される)のようなヌルイ雑誌と格の違いを見せる事に成功した。

BEEP - 途中からセガ・マークIIIの雑誌となる。

BEEP!メガドライブ - 不振に苦しむBEEP!をのセガ専門誌としてリニューアル。セガの信者相手にスキマ商法として成功し、読者投票による発売されたゲームの10点満点のランキングシステムが好評を得た。ランキングシステムは最下位争いで盛り上がり、糞ゲーとしてセガ広報までもが口にするソードオブソダンの伝説を作り上げた。

SEGA SATURN MAGAZINE - BEEP!メガドライブが改名。引き継がれたランキングで最下位争いはヒートアップ。読者を爆笑させ伝説の糞ゲーとして語り継がれる事になるデス様ことデスクリムゾンを一躍有名にた。

ドリマガ - SEGA SATURN MAGAZINEがDreamcast Magazineへ改名し更に改名。

ゲーマガ - セガがハードから撤退したため路線を変えた。ギャルゲーの雑誌のイメージとなるほど見るに堪えない雑誌となった。

関連項目

買収


Oh!FACOM

ソフトバンクごっこ

ソフトタンク



ソフトバンクグループ


ソフトバンクITメディア

ソフトバンク・クリエイティブ

ソフトバンク・コミュニケーションズ

AT&Tモビリティ

スプリント・ネクステル

ハゲギンコウ・ツブレテル

やわらか銀行

ソフトバンクテレコム

福岡ソフトバンクホークス

ヤフー

Y!mobile


f43 このソフトバンクグループはスブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)

外部リンク

ソフトバンク買収対策サイト

孫正義被害者家族の会


更新日時:2019年8月17日(土)18:45
取得日時:2020/03/15 16:06


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:18 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef