ソフトバンクグループ
[Uncyclopedia|▼Menu]
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はソフトバンクグループだから。君は間違っていないよ。)ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハゲ銀行」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒ハゲ銀行」の項目を執筆してくれています。長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「 ⇒ハゲ銀行」の項目を執筆しています。 全ての人民は孫正義に従事しなくてはならない「スミマセン、キイテマセンデシタ。」
? ソフトバンクグループ について、〓の兄「人の話を聞け!」
? 息子 について、〓の犬の父「チョット、ベッケンガアッテ…」
? ソフトバンクグループ について、兄「お前に別件など無ぁい!」
? 息子 について、犬の父

やわらか銀行グループ(英語表記:SoftBank Group Corp.)の心はひとつ、買収したい、買収したい。
目次

1 概要

2 白戸家のCMについて

3 モバイルフォン事業

4 嵩上げによる契約

5 ソフトウェア流通事業

6 買収・子会社設立歴

7 出版物

7.1 機種別PC雑誌

7.2 ゲーム雑誌


8 関連項目

9 外部リンク

概要

携帯電話等の電気通信事業者や、インターネット関連企業、出版社等を傘下に置く持株会社。また、プロ野球チーム「福岡ハゲ銀行ホークス」の親会社でもある。別名ハゲ銀行。太陽光発電事業に進出。

CMに出演中の白戸家+孫正義が経営している会社である。

会長はもちろん孫正義、持ってるお金は3ちょうえん。

会長はもちろん超音波を出せる。

会長の超音波により、町を破壊。

ソーラーパネル事業により常総市の堤防も破壊。

現在、被害者の会が発足中。

社長は犬の父。

会社員は外国人の兄しかいない。

買収を繰り返し、会社を大きくしていっている。

「買収しなきゃ小さいんだな。しょべ?w」とか言って罵ってはいけない。なぜなら、ソフトバンクの社員にキラがいるからである・・・。

元々はソフトウェアの流通を主に担当する地味な会社であった。

ボーダフォン買収前は、外国人投資家から日本のメガバンクの一角と認識されていた。

ロッテと同じように韓国に出資している。

在日韓国人の通信料はすごく安い。

白戸家のCMについて

2007年から飽きもせず、ず???っと白い犬の家族のCMをやっている。犬の父の名前は白戸次郎でネーミングの元ネタは白洲次郎。モデルの犬はカイくんとして有名だが、寿命が尽きたので2014年からはしれっと海斗くんに代わっている。犬の妻は樋口可南子。ドーベルマンと浮気したことがある。犬の子供はダンテ・カーヴァー上戸彩。ダンテがいつも敬語を使っているので気づかないが、ダンテが上戸彩の兄。キャストの配役や家族設定についてはCMを面白くするために場当り的に出来たもので別に深い意味はないよホントだよ。最近はギガという新キャラも登場したよ。
モバイルフォン事業

世界中に拠点を持つ携帯電話事業会社であるボーダフォンの日本法人であったボーダフォン株式会社を、2006年にハゲ正義が友好的に当時破格といわれた額で買収し、同年10月1日をもって禿銀行移動へ社名を変更した。また現在、全国1社体制である。日本国内でのシェアは最下位であり、倒産寸前のブラック企業である。

携帯電話契約数は約2,614万契約であり、国内の携帯電話市場における市場占有率(シェア)は約21.8%で3位(2011年6月末現在)。ただしその大半が嵩上げによる契約である。
嵩上げによる契約

フォトビジョン詐欺
契約時に「1万円のフォトビジョンをタダであげる」と巧妙な謳い文句で高齢者を騙し、毎月の通信費や解約時の膨大な違約金をぼったくるフォトビジョン詐欺が多発。

消費生活センターに何億件と苦情が寄せられているが是正する気配はなく、社会問題となっている。※よその会社がパクったのはナイショ

同一名義での契約上限数
禿銀行移動における同一名義での契約上限数は14回線となっている(音声5回線、iPad 3G 2回線、フォトビジョン3回線、データ定額ボーナスパック2セット(1セット2回線))。

でぃーぽの買収
2011年3月、でぃーぽは事実上の倒産をした。でぃーぽの次世代パーソナル・ハンディフォン・システムと呼ばれるデータ通信サービスの設備投資に莫大な資金を無駄遣いしたことで経営が困難になったためである。これをいいことに禿銀行移動は買収し、一気に契約者を自分のものとした。

格安ロボット型スマホ「pepper」
2014年に孫正義型ロボット「pepper」の販売を開始。開発は買収したフランスの連結子会社が担当。本体価格21万3840円という人型大のロボットとしてはありえない安さだが、それとは別に「pepper基本プラン」という3年間の利用料・保証料が必要で、15984円*36回払いで総額57万5424円。3年目以降は1年単位での契約で19万1808円。契約手数料として1万584円。配送料が2万7000円。3年間の使用で総額120万円くらいかかる。さらに壊れたら修理費として数万円+配送料2万7000円の実費が発生。もちろんロボ自体は炊事・家事どころか物を運ぶことさえできない。何かにつけてテレビ番組やイベント出演させているが、さすがに買うバカは滅多にいない。
ソフトウェア流通事業

近年まで
エロゲーの箱がやたらとばかでかかったのは同社のしわざである。

会長は、倫理団体の祖父倫を作らせた。

極初期の紙テープやカセットテープによるゲームソフトは、メディアを収納する箱そのものであり、そのサイズはわりあい小さめであった。

この頃は、コーエーエニックスもエロゲーを販売していたが、黒歴史として歴史の闇に葬られた。

きじゃくな5インチフロッピーディスクで販売されていた時代には、大多数のゲームソフトは、衝撃やホコリの侵入を防ぐため、巨大なA4サイズのパッケージに収められていた。

その後、3.5インチフロッピーディスクが主流となった。B5サイズに小型化されたパッケージも登場したが、エロゲーを大量コピーするヲタは5インチFDDを装備するPCを愛用していたためエロゲーの売上では3.5インチ版の売れ行きが意外に伸びず、サイズがメディアによって変わらないよう5インチ時代とほぼ同様のサイズの箱が使われることとなった。

当時、同社は同人やエロゲーの一部を除いてPC用ゲームソフトの流通をほぼ独占していたため、ある程度頑丈なCD-ROMやDVD-ROMにメディアの主体が移ってもコスト削減のため箱の形態は従来のままであった。

俗説として、エロい絵をできるだけ大量に見せるためパッケージが巨大なままにされたともいわれるが、同社は否定している。しかし、一時期エロゲーの箱を巨大化するのが流行し、ついにはB4大の巨大なパッケージまで出ることとなったため、陰謀論者があとを絶たない。

現在はフロッピー版のソフトがほぼ絶滅したため、一般人向けのゲームソフトの多くはパッケージが小型化されている。また、黎明期同様に、CDやDVD用の一般的なケースそのものに収めて販売されるものも多くなっている。

しかし、巨大パッケージは、ヲタ用初回限定特殊グッズつきパッケージとしてあいかわらず健在である。

ちなみに、会長の必殺技である超音波は、ソフト流通革命と呼ばれることもある。会長は、これを放つときその名を叫ぶが、町ごと消滅してしまうため、それを直接耳にしたものは生存していない。

買収・子会社設立歴

福岡ダイエーホークスを買収し、
福岡ソフトバンクホークスに。

Vodafoneを買収し、〓SoftBankに。

日本テレコムを買収し、〓SoftBankに。

ケーブル&ワイヤレスIDC(旧:idc国際デジタル通信)は日本テレコムを通じて買収し、〓SoftBank idcに。




ヤフー(日)を傘下に入れ、子会社化(現在は持分会社)とした。

ベクターはヤフー(日)を通じて買収し、グループ会社とした。

Ustreamの株式を35%取得し、「Ustream Asia」を設立した。

Googleの株式を98%取得し、「Google Masayoshi」を設立した。

出版物
機種別PC雑誌

かつてPC同士の互換性が乏しくメーカーごとに違うパソコンが乱立していたころ、ソフトバンクは各機種ごとにパソコン雑誌を刊行し、マニアックなパソコンの所有者からは特に大人気を博した。その後PC/AT系とMac系が主流となり他機種のマイナー性がさらに増すと、よりマニアックな誌面を目指してPDAの機種ごとに専門誌の刊行と休刊を繰り返すようになった。

Oh!PC - かつてはシャープのポケコンなどを扱う雑誌として刊行されたが、NECがTK-80、CompoBS/80を経てPC-8001を発売すると、以来NECの製造するPCの専門誌となった。

Oh!HC - エプソン製PCの専門誌として登場したがのちにエロゲー雑誌と化した。

Oh!MZ - シャープのMZシリーズを主に扱っていた。本文はドラゴン語で書かれており、一般的な日本人には解読が困難であった。

Oh!FM - 最初はラテカピュータといわれる、ラジカセとテレビとパソコンが一体型になったパソコンの専門誌であった。データレコーダで自動録音が可能などの特徴を生かし、ラジオ専門誌に限りなく近い音楽雑誌と化していたこともある。その後、後継機が出なかったことから、富士通専門誌となる。FM-TOWNSまでは独自内容の記事が豊富であったが、FM-V以降は同社のDOS/V Magazineなどとの差別化に苦慮することとなる。しかし、初期のDESKPOWERは、特有のトラブルや非互換性があり、そのトラブル対策の記事を掲載するために一定の需要があり、PC/AT系全盛となったあともしばらくは刊行され続けた。

Oh!X - シャープのスーパーMZは究極のMZとして知られたが商業的には成功といえず、以後MZシリーズはビジネス専用機となったため、テレビ事業部から製造されるX? 2e44 ?リーズの専門誌である同誌のほうが売れ行き好調となっていった。老朽化コンデンサの破裂に伴うX68000の製造発売中止後も、DOS/V Magazineのムックとしてしばらく刊行された。ソフトバンクがボーダフォンを買収、HTC社製スマートフォンであるX01HTを販売開始すると、同社のスマートフォン専門誌(Oh!X01HT、Oh!X02HT、Oh!X01T)として再出発している。古くからの読者には、Oh!X01SHの待望論が根強い。

Oh!Dyna - もともと東芝の据え置き型PCであるOh!Pasopiaは同機ユーザーに愛読されていたが、エラー時に横山やすしがユーザーを殴打する凄惨な画像がテレビCMとして流されたことからノートPCであるDynabookの専門誌に変更された。しかし、最近、これらノートPCで、アザラシの虐待が日常的に行われていることが発覚し、編集者および開発者がエクストリーム・謝罪を行う結果となった。

Oh!ゴーゴー - 現在はDOS/VMagazineとして刊行中。かつてはIBMの初代PC(日本ではPCJrのローカライズ版であるJX、PS/2や5500系PCなどが発売された)専門誌として刊行されたが、同社のホビー機撤退に伴い歴史の闇に屠られた。その後PC/ATの日本語化が進み日本再上陸を果たすと奇跡的復刊を遂げ、現在はMac系と共に同社機種別PC雑誌の代表格となっている。

MacUzaaa - Mac専門誌としてバブル期にデビューした。当時高品質なグラフィックを商業的に扱えるPCがMac以外では少なく、おセレブな方にもてはやされた。しかし、当時のMacOSは不安定でしょっちゅう爆発し、「ウザー」という名称がつけられた。

Oh!HitBit - ソニーがMSXを製造するまで、同社オリジナル機種の専門誌として刊行されたが、ソニータイマーの作動により短い命を終える。その後はMSX専門誌に統合されXBOX専門誌として現在に至る。以後はゲーム雑誌の項目を参照のこと。

Oh!JR - 松下電機のPCを扱っていた。パナソニックがMSXに主力を置くようになるとMSX専門誌に統合され、鉄道雑誌として再出発する。

ゲーム雑誌

ソフトバンクはセガ(宗教団体)専門誌というカテゴリーを作り、ファミ通(後に発行元がセガに救済される)のようなヌルイ雑誌と格の違いを見せる事に成功した。

BEEP - 途中からセガ・マークIIIの雑誌となる。

BEEP!メガドライブ - 不振に苦しむBEEP!をのセガ専門誌としてリニューアル。セガの信者相手にスキマ商法として成功し、読者投票による発売されたゲームの10点満点のランキングシステムが好評を得た。ランキングシステムは最下位争いで盛り上がり、糞ゲーとしてセガ広報までもが口にするソードオブソダンの伝説を作り上げた。

SEGA SATURN MAGAZINE - BEEP!メガドライブが改名。引き継がれたランキングで最下位争いはヒートアップ。読者を爆笑させ伝説の糞ゲーとして語り継がれる事になるデス様ことデスクリムゾンを一躍有名にた。

ドリマガ - SEGA SATURN MAGAZINEがDreamcast Magazineへ改名し更に改名。

ゲーマガ - セガがハードから撤退したため路線を変えた。ギャルゲーの雑誌のイメージとなるほど見るに堪えない雑誌となった。

関連項目

買収


Oh!FACOM

ソフトバンクごっこ

ソフトタンク



ソフトバンクグループ


ソフトバンクITメディア

ソフトバンク・クリエイティブ

ソフトバンク・コミュニケーションズ

AT&Tモビリティ

スプリント・ネクステル

ハゲギンコウ・ツブレテル

ソフトバンク

ソフトバンクテレコム

福岡ソフトバンクホークス

ヤフー

Y!mobile

外部リンク

ソフトバンク買収対策サイト

孫正義被害者家族の会


更新日時:2018年6月26日(火)09:45
取得日時:2019/07/18 14:39


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:18 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef