ゼロの使い魔
[Uncyclopedia|▼Menu]

このゼロの使い魔のぺーじは、いっぱい いたずらされちゃったので、
すうじのなまえのこいちねんせいのこは へんこうできないことに なってます。

ちゃんとなまえがついて おおきくなったら へんこうできるようになるよ。

どうして こうなっちゃったかは、のーととここをみれば わかるかもしれないよ。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゼロの使い魔」の項目を執筆しています。

ゼロの使い魔 (- つか - ま) とは、ヤマグチノボルによって書かれた2004年から書かれた、ダルタニャン物語を元に造られた現代社会への風刺小説である。ライトノベルではなく、風刺小説である。MF文庫から出ているが、これは立派な小説である。目次

1 概要

2 登場人物

3 用語

4 この作品が社会に与えた影響

5 関連項目

概要

ゼロの使い魔が書かれた2004年北朝鮮の拉致問題、派遣法改正など、世界でも国内でも荒れた一年であった。それを憂いたヤマグチノボルは、とある少年が突然何者かに連れ去られ、そこで奴隷のように使役されるという小説を書いた。これは北朝鮮の拉致を風刺したものであり、主人公が拉致された先のハルケギニアが地上の楽園のような世界である事も風刺の一つである。また、主人公が「」扱いされるなどの酷い雇用状況は企業によって冷遇されている派遣社員を表したものであり、これは2004年当時の派遣法改正を風刺している。ヤマグチノボルはこういった、現代社会に潜んでいる闇を当作品で表わしており、表紙の可愛らしい少女や、ファンタジー的な雰囲気から買うと、痛い目に合うだろう。こういった社会風刺的な作風が受け、政治経済と萌え美少女が好きなオタク引きこもりの間で大ヒットし、370万部の売り上げを誇っている。もちろん表紙に釣られて買った大きなお友達もいるだろうが、彼らも当作品を見ることによって政治に関心を持つようになった。だが、これによって弊害も起きてしまう。その一つが2004年以降のネットウヨの急増である。
登場人物 2d23 棒を持ち、高圧的な表情で威嚇するルイズ。その姿はまさに派遣社員をこき使う正社員である。
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール
主人公が送られた先で、主人公を使い魔と称し、まるで奴隷のような扱いを行う少女。これは前述の通り、派遣社員を奴隷のように扱う企業を表しているとともに、高圧的な態度は現代の少年少女から儒教的な思想が失われていることを表している。ピンク色の髪はその象徴で、現在の少年少女の性が乱れている事への作者からの警鐘である。
平賀 才人(ひらが さいと)
今作品の主人公。彼は突然、ハルケギニアに送られ、奴隷のような生活を送ることとなる。これは2004年当時に話題になった、北朝鮮の拉致問題を表している。現在の彼の頭は、二匹のスライム乗せ機になっている。
シャルロット・エレーヌ・オルレアン
青色の髪を持ち、大きなお友達の保護欲を増幅させる彼女は、単なる萌えキャラでは無い。彼女は無口で、無愛想で、大人しい。これは2000年台に入ってから問題化したぼっちやアスペルガー症候群の典型的な症状である。現代っ子の抱えるコミュニケーション障害とは。ヤマグチノボルは彼女を登場させることで、教育に訴えている
用語
ハルケギニア

主人公、平賀才人が突然送られた世界。中世ヨーロッパのような世界であり、小説よりもライトノベルを好む10代の少年少女をより入り込ませやすくした。この世界では魔法や架空の生物が存在しているが、ファンタジー的な妄想に浸り現実から目を背けるオタクやゲーム製作者を皮肉っている。なお、宗教革命済み・絶対王政の導入・ガラス窓の普及など、どう見ても中世ではなく近世ヨーロッパが舞台である。ラノベ書きやなろう系作者はせめてそのくらい勉強しろよ。
使い魔
メイジと呼ばれる魔法を使う者が異世界から召還する生き物。一度契約するとメイジが死ぬまで仕えなければいけない。過去の奴隷制度と派遣社員を同一化し、作者の派遣制度への批判を感じ取られる。
虚無の魔法
普通では有り得ない程の魔力で周りの物をゼロに返す魔法である。これには現代っ子のリセット主義を皮肉っている。
この作品が社会に与えた影響 作者の意図と反して、このコピペのようにハルケギニアに行きたいと考えるファンが増えた。

ヤマグチノボルは巧みに萌えと社会風刺を混ぜ合わせ、ゼロの使い魔を書きあげた。これによって、ティーン層から大きなお友達に狂信的な支持を得たのである。しかし、ヤマグチノボルの本当に伝えたかった事は通じず、「ハルケギニアに召還されたい」と言いだすファンが大半を占めてしまった。この作品はオタクに対し有る程度政治への意欲を持たせる事は出来たが、失敗だったと言える。

しかし、ゼロの使い魔は別の意味では革命児であった。いままでの萌えキャラクターというと、主人公に従順なキャラクターが多くを占めていた。しかしこの作品が発表された事によって、いままでの男尊女卑的なオタク業界に新たな風を吹き込み、ジェンダーフリーへの変化を遂げることに成功した。また、性的マゾヒズムに訴えた内容はノンケやサディスト読者も興奮させ、マゾヒストへの理解をより高めたともされている。
関連項目アンコモンズに、ゼロの使い魔に関するガラクタがあります。

風刺

魔法

ファンタジー

ライトノベル
  609 ・編・歴 ゼロの使い魔 (カテゴリ)

登場人物 : b91 ルイズ | 平賀才人(さがしています) | デルフリンガー | キュルケ | タバサ | アンリエッタ | シエスタ | ギーシュ | モンモランシー | ティファニア | エルフ | 10f2 平民 | 貴族
作中用語 :虚無 | 使い魔(ガンダールヴ) | 竜の羽衣 | トリステイン
制作製作 :ヤマグチノボル | 兎塚エイジ | 望月奈々 | 今拓人 | メディアファクトリー | 月刊コミックアライブ | J.C.STAFF | ジェンコ | ICHIKO | 釘宮理恵 | 日野聡
関連項目 :common:Category:Zero no Tsukaima | ツンデレ | 釘宮病 | Wikipedia
 ・ 16dd 話・編・歴 MF文庫J

作品 あ行 :アクエリオンEVOL ? アブソリュート・デュオ ? IS
か?さ行 :ガールズ&パンツァー ? かのこん ? 神様家族 - 君が望む永遠 - けんぷファー - この中に1人、妹がいる! ? 終焉ノ栞 - 聖剣の刀鍛冶 ? 星刻の竜騎士 - 精霊使いの剣舞 ? ゼロの使い魔
た?な行 :ノエイン もうひとりの君へ ? ノーゲーム・ノーライフ
は?わ行 :緋弾のアリア - 変態王子と笑わない猫。 - 僕は友達が少ない ? 機巧人形は傷つかない - 魔弾の王と戦姫 - 魔法戦争 - ミカグラ学園組曲
キャラクター :タバサ - デルフリンガー - 平賀才人(さがし? 58b ??います) - ルイズ
用語 :使い魔 - トリステイン王国
漫画版 :月刊コミックアライブ ? 月刊コミックキューン - 月刊コミックジーン - 1f4 月刊コミックフラッパー - メディアファクトリー
4629

更新日時:2020年11月1日(日)13:54
取得日時:2021/04/03 16:32


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:15 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef