セックスボランティア
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セックスボランティア」の項目を執筆しています。

セックスボランティアとは、セックスを含めた性行為全般への機会を得る事が極端に少なく[1]性欲を発散するのが困難な人々に対し、性行為を行う人の事である。ボランティアとなっているが、有償の場合もある[2]目次

1 概要

2 行為について

3 セックスボランティアの問題

4 脚注

5 関連項目

概要

新石器時代、一生の内にセックスをする機会がある男性は17人に一人の割合だったというデータが存在する[要出典]。つまり成人人口の多くは童貞のまま死んでいくわけで、それを気にする程の事は無かったと思われる。女性の場合は人口維持の為に殆ど全てが妊娠出産の機会を得ており、また原始女性は太陽だったと言われるように圧倒的な売り手市場であった為寧ろ選び放題でありやはり悩む事も無かったと思われる。

時代が下って家庭構造や社会的権限の変化があっても、セックスに関する考えはさほど大きくは変わらなかった。中世以降結婚と子作りが努力義務となったことで、余程心身に問題があったり困窮していなければ99%は夫若しくはというセックス相手を必ず得られるようになったのである。子作りの為とはいえ最低一回はちゃんとセックスが保証される事で、男女共に一応の満足は得られていた。

しかし近代に入ると結婚もセックスも「個人の自由」となり、特に男性はセックスへのハードルが軒並み上がる事になってしまった。特にキリスト教圏ではオナニーが「大地に精液を溢す罪[3]」となる為、結婚による機会入手が難しくなると性欲を拗らせ性犯罪に走る若者が急増していくことになる[4]。また非キリスト教圏でも、セックス機会を持てない層に対し「ガツガツしていないから」「自業自得」と軽んじるような論調で語ったり、いわゆる「イジリ」のネタにする事で精神的なダメージを与える人たちも同じく増えていった。そんな時代の被害者である彼ら彼女らを慰める為に、奉仕活動の一環として性行為を執り行うのがセックスボランティアである。
行為について 585f セックスボランティアの様子。

基本的には「性欲発散の補助」であり、手コキフェラチオを含めて行為としては前戯から後戯までお互いの同意の下[5]セックス全般を行う。セックスボランティアを受ける人は性に不馴れなケースが殆どなので、滓が溜まりやすい仮性包茎女性器[6]の洗浄も、画像のようにして行う事が多い。他にも丁寧なキスの仕方や腰を振りながらの射精など、多岐にわたって様々な事を教えつつ効率的な性欲発散を目指していく。

単なる穴と棒の摩擦運動に留まらず、セックスを通して人間性にも貢献するのがセックスボランティアの大きな社会的意義と言えるだろう。
セックスボランティアの問題

現在セックスボランティアの多くは女性であり、またヘテロセクシャル男性を相手にする場合が非常に多い傾向にある。男性セックスボランティアやゲイ/レズ及びバイセクシャル向けの人員が少ない事は近年の歪んだジェンダー教育によるものではないか、と批判の声が上がっている。また安易なセックスが「性の共産化」「セックス価値の下落」を招くとして、セックスワーカーによるセックスボランティア批判も同じく行われており、各地でセックスボランティア制度の存続について議論が巻き起こっている。
脚注^ 或いは無い。
^ そもそもボランティアは「奉仕活動」であって「無賃金労働」ではないが。
^ ただし、その元になったオナンが措かした罪は自慰ではなく膣外射精であり、子作り以外全てのセックスが「オナンの罪」と呼ばれている。
^ 特に男性の場合、修道院のように禁欲管理される場所がないのも一因。
^ レイプやダルマなど、特殊かつ残虐性を含む行為は国際セックスボランティア協会規定でも絶対的に禁止されている。
^ 構造上非常に滓が溜まりやすく、放置すると悪臭を放つようになる。

関連項目

セックス

ボランティア

セックスワーカー

童貞/処女


更新日時:2020年7月4日(土)22:03
取得日時:2021/04/17 20:57


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8775 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef