スーパー特撮大戦2001
[Uncyclopedia|▼Menu]

『大鉄人17』(だいてつじん―)は1977年に毎日放送で放送された東映製作のテレビ番組。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大鉄人17」の項目を執筆しています。
目次

1 概要

2 登場人物

2.1 南家

2.2 佐原家


3 ワンセブン

4 ブレイン

5 『スーパー特撮大戦2001』

5.1 概要

5.2 ストーリー


6 『MR.BRAIN』

6.1 概要

6.2 ストーリー

6.3 登場人物

6.3.1 警察関係者

6.3.2 ゲスト



7 脚注

8 関連作品

概要

当初は、『鉄人28号』の実写作品として企画されていたが、原作者の横山光輝が「これじゃ、『鉄人28号』じゃなく『ジャイアントロボ』だ」と言い、白紙に戻されそうだったものを利用したリサイクル作品。
登場人物
南家
南三郎
本作の主人公。ワンセブンと心を通わせている。
南徳造
第1話に登場する南三郎の父親。
南松代
第1話に登場する南三郎の母親。
南加代
第1話に登場する南三郎の姉。
南正人
最終回に登場する南三郎の従兄弟。
南雅彦
最終回に登場する南三郎の従兄弟(南正人の弟)。
佐原家
佐原博士
レッドマフラー隊の指揮官。ブレインを作ったメンバーの一人。
佐原千恵
佐原博士の長女。
佐原ルミ
佐原博士の次女。
佐原俊吉
佐原博士の甥。父親は航空会社社長。
ワンセブン

自分で考え行動し、インターフェイス・ヘッドセットを頭部に装着した子供としか意思の疎通ができない

ファンの間では、#『スーパー特撮大戦2001』でガンダムシリーズと関わりがある世界観となったことから、『機動戦士Ζガンダム』のサイコガンダムを元にしたに違いないという推測が立っている。

だが、サイコガンダムはコンパチヒーローシリーズには登場していないので過去には来ていない(サイコガンダムの存在を知る者が過去に来てその技術を伝えた可能性はある)。
ブレイン

元はホストコンピュータとして制作されており、あらゆる知識が詰め込まれていたが、何かの手違いで犯罪者の知識が混入されてしまう。

また、あらゆる物質を生み出すことができる超生産能力が災いとなり、何度も強化しながらの復活を繰り返すこととなる
ハスラー教授
ブレインを利用しようと起動させ逆に扱使われる様になった大間抜け。電流人間だったり、某仮面ライダーを改造したりした事もあった。合言葉は「オー!ノー!!」。
『スーパー特撮大戦2001』

2001年9月6日にバンプレストから発売されたゲーム作品。正式なタイトルは、『コンパチヒーローシリーズ スーパー特撮大戦2001』であるが、タイトルが長いため、公式サイトでも略称で呼ばれている。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スーパー特撮大戦2001」の項目を執筆しています。
概要

コンパチヒーローシリーズとしては珍しく、既存の作品の世界観をそのまま取り入れている。なお、他の作品は設定が変更されている。[1][2]

コンパチヒーローシリーズ内としては『ガイアセイバー ヒーロー最大の作戦』と『空想科学大戦シリーズ』との間に入る作品である。
ストーリー

日本政府は仮面ライダーを「害虫」と判断し、駆除のためのロボットハカイダーを制作する。だが、そのハカイダーが突然どこかへと消えてしまった。

同時期、ハヤタやダンの協力の元制作されていたこの時代のガンダムジャイアントロボとレッドバロンも消えてしまう。

それは、プロフェッサー・ギルが異次元世界からの協力を得て行ったことだった。

迫り来るロボット軍団ダークを前に、人類はハカイダーのプロトタイプであったキカイダーと01を起動。

仮面ライダーや宇宙刑事やウルトラマンやイナズマンなども結集する中、南光太郎が伯父から引き継いでいたワンセブンを起動させる。
『MR.BRAIN』

『MR.BRAIN』は、TBSで放送されていたテレビ番組。再生したブレインを主人公にしたスピンオフ作品。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「MR.BRAIN」の項目を執筆しています。
概要

平成仮面ライダー10周年企画として朝日から金をもらったTBSがウルトラシリーズを裏切り製作した作品[3]
ストーリー

かつて破壊されたブレインは警察の手によって回収され、人の姿に修復。九十九龍介として警察庁科学警察研究所に保管されていた。

ブレインが「本来の記憶(データ)を取り戻すのか」「もし取り戻したらどうなるのか」「本当はもう取り戻しているのか」が話の鍵となる。
登場人物
警察関係者
九十九龍介 -
木村拓哉SMAP
かつてのデータが消えてしまっているのか、警察庁科学警察研究所の力となる。様々な難事件を解決するが、その反面、犯罪者の頭脳に異様な興味を持っている。
由里和音 - 綾瀬はるか
九十九の助手。
船木淳平 - 平泉成
画像解析担当主任。
神田純一 - 設楽統(バナナマン
音声分析担当。
大内浩一 - 山崎樹範
生物学担当で難波の部下。
浪越克己 - 井坂俊哉
行動科学担当。
岩淵潔 - 林泰文
交通科学担当。
瀬田逸平 - 小林克也
科警研所長。
夏目光男 - 爆笑問題
化学担当主任。
難波丈太郎 - トータス松本
生物学担当。
佐々未春 - 大地真央
法化学部長。
加賀美陸 - 本田博太郎
警視総監。
南雅彦 - 小川敦史
警察庁の高官。
一条薫 - 葛山信吾
警視庁の刑事。
氷川誠 - 要潤
警視庁の刑事。
鈴木一馬 - 森本亮治[4]
警視庁の刑事。
林田虎之助 - 水嶋ヒロ[5]
警察庁の刑事。
ゲスト

平成仮面ライダー10周年企画のため、仮面ライダーや石ノ森章太郎作品の関連する役者が多数出演する予定。石ノ森章太郎作品との関連は脚注を参照。

土井健三 - 高嶋政伸[6]

竹神貞次郎 - Gackt[7]

警視庁管理官 - 奥田達士[8]

中川優 - 佐藤健[9]

西崎実 - デビット伊東[10]

青山 幸一 - 六角慎司[11]

尾崎幸平 - 浜田晃[12]

菊池大二郎 - 清水紘治[13]

脚注^ 例えば、ジャイアントロボとレッドバロンは、かつて未来から来たガンダムを元に作られたとなっている。
^ 例えば、キカイダーやキカイダー01は、後に来るライダーという人類の危険分子の処分のために作られたとなっている。
^ ただし、公式サイトでは、「『大鉄人17』だけでなく、『スーパー特撮大戦2001』の世界観も引き継いでいる」としているため、ウルトラマンの番外編と見ることもできる。
^仮面ライダー剣』で相川始役(主演)を演じた役者。
^仮面ライダーカブト』で天道総司役(主演)を演じた役者。
^ 『HOTEL』での赤川一平役(主演)や『真・仮面ライダー 序章』での結城卓也などを演じた役者。
^仮面ライダーディケイド』で主題歌を歌う歌手であり、同作内でライダーマン(結城丈二)を演じた役者。
^仮面ライダーディケイド』で鳴滝を演じた役者。
^仮面ライダー電王』で野上良太郎/仮面ライダー電王(主演)を演じた役者。
^仮面ライダーディケイド』でヒビキ/仮面ライダー響鬼を演じた役者。
^ 『仮面ライダー THE NEXT』で山崎を演じた役者。
^仮面ライダーストロンガー』でタイタンを演じた役者。
^仮面ライダーアギト』で高村教授を演じた役者。

関連作品

仮面ライダーBLACK


更新日時:2016年11月15日(火)00:18
取得日時:2019/07/19 14:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:18 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef