スポーツ狩り
[Uncyclopedia|▼Menu]

スポーツ狩り( - か 5f9a り)とは、スクールカーストにおける下克上。ほぼ全ての場合において、徒労に終わる。ウィキペディア専門家気取りたちも「スポーツ狩り」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
目次

1 概要

2 方法

3 結末

4 関連項目

概要

スクールカーストにおいては、「勉強苦手スポーツ万能」は「勉強優秀スポーツ音痴」よりも上級カーストに位置付けられている。本来ならばそれらは「個性」もしくは「適性」の問題であって上下の差として位置付けられるべきではないのであるが、現実には厳然たる序列が存在している(詳しくはwikipedia:ja:スクールカーストを参照のこと)。そして一度その序列に組み込まれてしまうと、そこから抜け出すのは非常に困難である。それによるストレスを抱えた下級カースト者は、自らの長所である頭脳を用いて、上位にいるスポーツ万能者を陥れることを試みる場合がある。これがスポーツ狩りである。
方法

この節はうろ覚えで書かれたものです
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

結末

一般的に言って、「スポーツに真面目にうちこんでいる生徒」がなんらかの問題を起こした場合は、単に「悪い仲間にそまった」あるいは「家庭環境が」などと、本人の責に非ずとの評価がなされることが多いのであるが、「勉強に真面目にうちこんでいる生徒」が同じ問題を起こした場合には、「勉強ばかりしていて人間として大事なものを身に付けていない」などと、本人の責任とされてしまうのである。そのため、体育会系の生徒による帰宅部へのカツアゲなどは「一時的な過ち」として看過されてしまいがちであるのに対し、帰宅部によりスポーツ狩りに対しては容赦ない。
また、学校外にいる人間には、スクールカーストはその存在自体が知られていないために、「勉強ができる者」が「勉強が苦手な者」より上位であるという誤った認識のもと、本来は「下位者による上位者への抵抗」である行為が「上位者による下位者に対するイジメ」であると判断されてしまうことが少なくないのである。
このように、結論から言えば、スポーツ狩りによって立場の逆転がおこることはありえず、それどころかむしろ状況を悪化させカーストの固定化を助長しかねないのであるが、それでも彼らはスポーツ狩りを辞めない。なぜなら、いつか誰かがスクールカーストの残酷さに気付いてくれることがあるかもしれないからである。まあ、無理だけど。
関連項目

エクストリーム・いじめの仕返し

この項目「スポーツ狩り」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年11月6日(日)18:34
取得日時:2019/10/23 04:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4554 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef