ジャイアント馬場
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ジャイアント馬場」の項目を執筆しています。

ジャイアント馬場(じゃいあんとばば)とは、新潟県にあった日本最大の競馬場。現在ではすでに閉鎖され、取り壊しも終わっている。
目次

1 概要

2 歴史

3 追記

4 関連項目

概要

209km2{\displaystyle 209km^{2}}というとても広大な競馬場で、名前はニューヨークのビンス・マクマホン・シニアにより命名されたものを日本語化して採用した。もとは野球場(野球場当時の面積は203km2{\displaystyle 203km^{2}})だったが鉄骨の損傷により改築され競馬場となった。1960年の開場から38年の間に、実に5769回ものレースが行われ、大盛況を見せていた。また、1984年まで3000回以上ものレースがあったがその期間は一度もレースが中止されなかったという奇跡的な記録を残している。それもあいまって、日本人のみならず世界中の人にとっての名所として今も熱く語り継がれている。
歴史
1938年
1月23日
新潟県三条市、馬場正平(ばばまさだいら)に野球場としての建設が開始される。
1955年
野球場完成。少しずつその名をあげていった。
1960年
鉄骨が損傷して倒壊の危険があったため野球場の運営を中止。
1960年4月
競馬場として改築が開始される。
1960年9月
競馬場完成。その後アメリカの企業に何度も奪われそうになる
1963年
競馬場建設・設計者の力道山が死去。これによって運営側が立ち上がり、アメリカの企業から死守。無事日本のものとして守りきることに成功。
1985年7月
このころから競馬以外のイベントが盛んになってくる。
1998年12月5日
老朽化で機能を失っていき衰退。この日はこの馬場最後のレースが行われた。
1999年1月31日
完全閉鎖される。
1999年4月17日
38000人が見守る中、取り壊しが行われた。
追記

本当は競馬場ではなく
プロレスのリングだったという説もある。馬場と呼ばれている以上競馬場なのだが、1984年以降は別のイベントに重点を置くようになり、競馬が前座扱いされ始めていたためプロレスの試合があったことを否定はできない。

この競馬場はあまりに有名になり、擬人化されたこともある。それによって生み出されたキャラクターは「ジャイアント馬場」と名前はそのままで身長は面積にちなんだ209cm、体重は140kg前後のガタイのいい大男としてデザインされた。その設定がなぜかプロレスラーだったため前記のような俗説が生まれたものと推測されている。

面積は209cm2{\displaystyle 209cm^{2}}だったという記録もあるがそれでは馬一頭入るのも不可能であり、とても競馬などできないので単位表記のミスだと思われる。hydeの身長を間違って156kmにしてしまうようなものである。あるいはこれも擬人化キャラの影響なのかもしれない。



関連項目

プロレス

競馬

野球

ジャイアント馬場の身長は209cm

この項目「ジャイアント馬場」は執筆者がクラックを決めていた可能性もありますが、まだ156cmにも満たない短い記事です。より伸ばしてくれる執筆者を探しています。さあ、そこのあなたもこの記事が209cm以上になるように書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2014年12月21日(日)00:54
取得日時:2019/11/10 23:40


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5221 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef