シネマ
[Uncyclopedia|▼Menu]

独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です。自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シネマ」の項目を執筆しています。この記事「シネマ」は何故か「映画」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

シネマ(cinema)とは、中国の魔術である。
目次

1 概要

2 シネマは何でないか

3 余談

4 関連項目

概要ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「映画史」の項目を執筆しています。

シネマの語源には諸説あるが、スペイン語で「中国の魔術」を意味するChino Magico(チーノ・メィガシィオ)が転訛した上で短縮された略称であるとする見方が一番いかがわしいものの、面白いのでここでは採用する。チーノ・メィガシィオ ⇒ チーノ・メ ⇒ チーネィモ ⇒ シネマ※出典……ガブリエラ・J・マルティ『言語考察・新語の発生とその洗練過程』より

それまで躍動感を表現する手法こそ発達したものの、決してそれが動き出すことのなかった絵画が動き、ましてそれが言葉を発するようになったのはアニメーションの概念の発生とその技術向上によるものであるが、それはまさに魔術であっただろうし、それが「魔術 ⇒ いかがわしい ⇒ 未知の存在 ⇒ ロマン ⇒ オリエンタル ⇒ 中国 ⇒ 中国の魔術」としてとらえられたのも自然な流れである。白人文化圏では「良く解らないもの=いらない=東洋人=黄色い子=いらない子=中国」という思考回路が現在においてなお健在[不要出典]であり、日本人であろうと朝鮮人であろうと、外国で聞かれるのはまず「あなたは中国人ですか?」であることからもハッキリしている。が、シネマの起源は中国ではない。かと言ってどこの国であるかハッキリ特定できる資料も存在していないが、少なくとも中国ではないだろう。という白人たちの偏見は根強く残っており、おそらくアメリカフランス辺りではないか、とする説が有力である。
シネマは何でないか

ART!

この記事はあえて言うなら芸術で? 3842 ?!

シネマは映画とイコールでとらえられてしまうことも多い[不要出典]が、映画と一口で言ってもその分野にはさまざまなジャンルが存在するのであって、それら雑多なもろもろとシネマを一緒にして欲しくない、と考える純正シネマ主義者も少なからず存在[不要出典]する。
シネマはムービーではない。
無味乾燥な定義(結論)から言うなら、映画の中でも芸術性の高い作品をシネマと呼び、通俗性(≠娯楽性)の高い映像資源のゴミをムービーと呼んで厳密に区別するのが通である。
シネマはキネマではない。
昭和初期の日本においてシネマが転訛したキネマという呼称を用いていたものの、日本の映画などはジャパニメーションに代表される極めて低俗な活動写真に過ぎず、シネマから名前をとっただけの似ても似つかぬ代物である。
シネマはΣ(シグマ)ではない。
Σ(°д°) <な、なんだってぇーっ?!シネマはあくまでも高尚な芸術表現の一つであり、下らないダジャレにこじつけるなど言語道断なのである。
余談「シネマいいのに。」
? シネマ について、マニア

最近は封切りから半年?1年もしない内にDVDが出回り、TSUTAYAなどで手軽にレンタルできるので、よほどのマニアでもなければ、わざわざチケットを予約して映画館まで出向くようなモノ好きもすっかり少なくなってしまったが、映画館には映画館に特有な、あの空気や薄暗い照明に演出される独特なムード、そして何よりも視界一面を占領し、くぎ付けにするあの銀幕に、俺の嫁私のナントカ様が御目見えするあの瞬間、それがさも今ここで自分自身に語りかけているかのような躍動感。あれだけは、絶対に映画館でなければ味わえない映画ならではの魅力なのであり、これだけは譲れない[不要出典]のである。
関連項目
映画に関するもの


キネマ

ムービー

活動写真

封切り

映画館に関するもの


ナントカカントカ劇場版

銀幕

ポップコーン

コーラ

その他


ハリウッド


更新日時:2014年12月14日(日)11:34
取得日時:2019/08/21 06:09


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7758 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef