サンドイッチ
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サンドイッチ」の項目を執筆しています。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒サンドイッチ」の項目を執筆してくれています。同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「サンドイッチ」の記事を執筆しています。

サンドイッチとは、対象を両側から挟み込むことで完成する食品等の総称である。
目次

1 概要

2 サンドイッチの一例

3 脚注

4 関連項目

概要 サンドイッチのイメージ。両側がパン。

サンドイッチは様々なものを挟むことで作られる。挟むモノと挟まれるモノの大きさが逆転しない限りはどんなものでもサンドイッチにする事が可能[1]。基本的には片手で持てるサイズにされる事が多く、中世イギリスの政治家は仕事中に摘まめる軽食としてパンを使ったサンドウィッチを愛好していた。

ただし当時はパンごと料理を食べるのは下品とされており[2]、いくら忙しいとはいえそんな真似をする政治家達は「サンドイッチ伯爵」とバカにされていたという[要出典]。しかし時代が下ると、副菜を挟んでも歯に障らない柔らかなパンは富裕層の象徴となり、ティータイムに愛好されるようになっていった[3]

また新興入植地だったアメリカでは新鮮な具材が入手できず、クズ肉を固めたハンバーグを固く焼いたバンズと呼ばれるパンに挟んだハンバーガーが主流となった。しかしこれは元々ドイツのハンブルグ地方で生まれたもので、アメリカ発祥ではない。日本でも現在は海苔と白米で具材を挟んだサンドイッチ「オニギラズ」など様々なものが日常的に親しまれている。
サンドイッチの一例 おっぱいサンド
キューカンバーサンド
新鮮なキュウリを柔らかなパンで挟んだ、英国貴族の贅沢癖が生んだサンドイッチ。英国文化研究家の田尻凛女氏によると、パンではなくキュウリの質で味が決まると言う。
ハンバーグサンド
ハンバーグを挟んだサンドイッチ。ハンバーガーとは異なる。アメリカではまず見られないが、他の国ではこれが普通となっている。
おっぱいサンド
おっぱいの谷間で挟む、あるいは二人がかり三人がかりで周囲から挟みこむサンドイッチ。乳圧による刺激が強く、未成年には薦められない。
スナックサンド
軽食として愛好されるミニサンドイッチ。これを発展させたものがランチパックと呼ばれる。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注^ 砂と魔女以外は何でも挟む、として「サンドウィッチ」と呼ばれることもある。
^ 当時のイギリスにはカトラリー文化がまだ根付いておらず、固くなったパンを皿の代わりにしていた。食事の最後に汁が染みて柔らかくなったパンをシメに食べたり、ペットや使用人に与えるのが貴族の作法だったのである。
^ 同じく富裕層の象徴とされた新鮮な生野菜を挟む事も多かった。

関連項目

イギリス料理

パン

パンチラ

サンドパン


更新日時:2018年4月29日(日)22:49
取得日時:2019/12/07 21:36


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6990 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef