サバ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サバ」の項目を執筆しています。この記事「サバ」は何故か「」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

サバ(鯖)とは、海中に生息するゾンビの一種である。
目次

1 特徴

2 食材

3 種類

4 関連項目

特徴

種族全ての個体が、生命活動を行いながらも腐っており、海中を常に腐った状態で泳いでいる。この状態を生き腐れと言う。海中を腐った状態で群れでうろつく様は陸上のゾンビと非常に似通っている。

海中では腐敗の進行が比較的穏やかであるが、空気中では急速に腐敗が進行して生臭い臭いを発する。

年を誤魔化す際の「サバを読む」という言葉は、S.T.A.R.S.がサバと戦った際にサバがあまりにも沢山襲ってきた上に、ゾンビゆえの耐久力の高さから攻撃しても攻撃してもなお襲いかかってきたため、戦果報告の際に倒した数が分からなくなってしまったのが起源という説がある。
食材

かつて日本が貧しかった時代には、腐っているため低所得の庶民の食べ物とされてきた。現在では珍味、ゲテモノ食いの対象として人気がある。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「サバの身に巣食っているウジ」の項目を執筆しています。

腐っているため生食すると非常に食中毒を起こしやすい。しかし生で食べることは非常に人気があり、多くの食中毒者を出している。また、生食した場合身に巣食っているウジにあたってしまうことも多い。空気中で腐敗が進行した身は臭いが強く、そのままではとても食べられないため、米の腐った汁に漬け寿司にしたり、大豆の腐ったものに漬けてから加熱して臭いをごまかして食べる。
種類

以下に代表的な種類を挙げる。

関サバ「それが何であるか」ではなく「獲ったのは誰か」で高い価値がつく。人間で同じことをやったら
大問題となるがこれはゾンビなので誰も気にしない


塩サバイスラエルの死海にしか生息しない。塩分濃度の高い水中に住んでいるので、調理前から程よく塩味がついている。


サバクゾンビというよりミイラである。


シメサバ料理の種類を表す言葉であるという誤解が広まっているが、サバの種類名である。「おさかな天国」にもウナギやハマチと並べて歌われているのだから間違いない。腐敗のため身が非常に酸っぱい。



関連項目



鯖街道

くさや


このサバはスブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2012年2月22日(水)11:03
取得日時:2020/05/13 13:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:4931 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef