ゴルフ
[Uncyclopedia|▼Menu]

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きな
ディスプレイ友情が必要です。
アンサイクロペディア法を熟読した上で、分量を増やして下さい。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴルフ」の項目を執筆しています。

ゴルフ(Golf)とは「自分の棒」を両手でしっかり握りしめ、これを巧に操って白色物質を発進させて、秘密の穴の中に入れるゲームである。
目次

1 概要

2 人気の理由

3 原点「マッチプレー」

4 歴史

5 用具

5.1 ウッド

5.2 アイアン

5.3 パター


6 主な選手

7 関連項目

概要

このゲームでは得点を競う。様々な名称があるものの、要は
あそこの穴の中に入れるまでの打数(手数?)が少ないほど高得点となる。つまりこのゲームは、じっくりと時間をかけて穴に挿れるのではなくその場で一回で挿れるのがベストということになり、プレーヤーの技術やスタミナが試される。

ホール・イン・ワンという技があり、これは会ったその場で挿入をしてしまうというきわめて高度な技である。

紳士淑女の遊びとされている。現実にそのとおりであるかどうかについては、見る者の想像力に任されている。

なお、某将軍は初めてのゴルフで18ホール中11回ホールインワンを達成し、シャア・アズナブルはなんと18ホールすべてでホールインワンを決めたという。流石のスタミナである。

人気の理由 我慢のゴルフ

性的に衰えた老人であっても気軽に穴に挿れられる。

「ゴルフ練習場」と呼ばれるエリアでは、ロッカールームでの脱衣が容易に行え、数多くのゴルファーがここでゴルフ行為に及んでいる。こうした簡単に手に入る快楽も人気の理由となっている。

原点「マッチプレー」

現在では主流じゃなくなってしまった方式に「マッチプレー」がある。マッチプレーとは、世界一コストが掛からずに開催できるお祭り騒ぎ、あるいは葬式である。どちらもターゲットをたった1人だけ用意しておけばよく、神輿や屋台といった面倒な設備や、住職などの金食い虫も必要としない。

お祭り騒ぎを開催したい場合はターゲットに勝てばよいだけである。曖昧な結果にはならないルールのため、確実にお祭り騒ぎができるようなテンションに上がる。ギャラリーを連れてくれば8割がた完成となり、後片付けの手間も必要ない。

葬式を開催したい場合もターゲットに負ければよいだけである。誰かが亡くなる必要がないため、実に手軽にしめやかな気分になることができる。もちろん、ギャラリーが集まれば即席でその晩までテンションは黒白で彩られる。

なお、帰路がターゲットと同じ場合、必ずお祭りと葬式が同時開催されることになる。つまりお祭りのように騒ぐことの許される日本唯一の葬式とも言えるため、不謹慎とした理由で2004年からは大きな大会が日本では行われていない。
歴史

ゴルフの起源は意外にも古く、紀元前の古代ローマのスポーツ「パガニカ」にまで遡る事ができ、近代スポーツの中でも屈指の歴史の古さを誇る。しかし、直接の起源に関しては様々な説が存在しており、北欧起源の打った球を柱に当てる「コルフ」というスポーツがスコットランドに伝わった説、オランダの「フットコルフェン」から来ている説など、世界各国から様々な説があり、その中でもスコットランド発祥が有力視されているが、定説が無い。また、近年の研究である資料によれば、棍法術最強の流派として名高いチャク家流に伝わる最大奥義「纏咳狙振弾(てんがいそしんだん)」の創始者、宗家二代呉竜府(ごりゅうふ)の名前から取られており、古代中国がその起源であるという説も存在する。この技はゴルフスイングの構造とほぼ一致しており、運動力学的観点からいっても、球の飛距離・威力・正確さを得る為に最も効果的であることが証明されている。実際、古代中国にも発祥説は存在しており、元の時代の書物『丸経』(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説がある。捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。
用具
ウッド

名前の通り初期は木製だったが、ゴルフ人気により良い材質を求めたあまり世界中の木という木が伐採され森林が減少したために現在は金属製が使われている。

ドライバー - ティショット(1打目)に使われる。最も飛距離が出ることから見た目もデカイが態度もデカイ。工具のドライバーとは関係ない。

フェアウェイウッド - 2打目以降でよく使われるが、その中でもブラッシー(2番ウッド)はプレー中に流血騒ぎが多く物騒なこともあり現在ではほとんど使われない。

アイアン

普通は〇番(〇の中には数字が入る)アイアンとウェッジと呼ばれるグリーンに寄せるアイアンに分けられる。

1番アイアン - 1番をこよなく愛する
九州のプロ野球団の会長により永久欠番にされたため、現在では販売されていない。この話を聞いたチルノは9番アイアンを永久欠番にしようとしたが、愛用者が多くしかもH番だったので却下された。

サンドウェッジ - バンカーから出す時に多く使われ、ダイナマイトという別名もある。ただし爆死者は出ない。

パター

カップに入れる祭具で最も神聖である。強く打つわけではないので純製パターなんかもある。

民主党はバンカーに入れてもグリーンに打ち損じると怖いからパターを使っていると安倍晋三が明らかにした。
主な選手

石川遼


池田勇太

関連項目

屈強な男たちが先端の大きな硬い棒を手で握りしめ力強く速く振り、白いものを何度か飛ばして穴の中に入れるスポーツ

接待ゴルフ

森喜朗



更新日時:2019年7月1日(月)23:43
取得日時:2019/07/12 12:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9058 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef