コミュニケーション障害
[Uncyclopedia|▼Menu]

おわあ、こんばんは おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ おわああ、この記事の作者は病気です。

コミュニケーション障害、コミュ障とは、意思疎通をろくにとれない病気のこと。対義語はコミュニケーション健常者、略してコミュ健、転じてコミュ研。コミュニケーション研究者やコミュテータ研磨ではない。海外安全情報
ウィキペディアの「コミュニケーション障害」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「 ⇒コミュニケーション障害」の項目を執筆してくれています。
目次

1 概要

2 語録

3 感染源との向き合い方

4 関連項目

概要

フィクションとノンフィクションの区別がつかず、客観的な判断力が致命的に欠けていく症状を呈する病気である。発症すると、言葉以外で他者に相手を伝える能力に長けた人間に向かって、特に攻撃的になる発作が現れる。

患者はいつも大声を出して騒いでいるが、明るそうな性格の人が暗そうな性格の人を徹底的にやり込める筋書きのドラマや映画を観ている時だけは、画面の前で正座までして途端に静かになるという。

フィクションにおいて明るい人と暗い人がコンビ主人公を組んでいる場合、明るい人のほうがよく発症する。
語録

以下に挙げる事柄は、コミュ障の患者がよく放つ言葉の一覧である。彼らの好むドラマは、こうした言葉を肯定してくれる物語で充満している。
言わないとわからない。
言葉以外で相手のことを理解できないという症状だ。「日本では無言で良くても、アメリカでは分かってもらえない」という派生表現もあるが、アメリカでも言葉でしか他人の意見を理解できない人間はとことん蔑視されるのはいうまでもなく、生のアメリカ人と意思疎通していないことがうかがえる。
はっきり話せ
明朗な言葉で前向きのことしか受け入れないという症状である。もちろん、しっかり物事を考えれば考えるほど、言葉は複雑化し分かりにくくなっていくものだが、感染するとそんな論理的思考は崩壊していく。
すいませんじゃなくて、すみませんだ!
些細な言葉の違いに難癖をつける症状の一例である。
オタク系の趣味はやめろ
他人の趣味に公然と土足で踏み入り、「何も知らないくせに」と反論されると相手を目下において殴りかかる。そのくせ、自分は趣味に序列をつけておらず、
スクールカーストなど存在しないと放言する。
押してダメならもっと押せ
「押してダメなら引いてみる」という成功の基本を「引きこもりへの道」としか思えない症状の一例である。相手がその助言を真に受けてその通りに行動すると当然失敗する。
自信がないなら、体力をつけて大声を出せ
声の大きく強靭な人に自信のない人などいないという妄想症状だ。当然、筋骨隆々でも勝負に敗れて自信喪失している人はいくらでもいるが、その現実から逃避している。当然、発言者は基礎体力が欠けており、ジョギング筋トレもしたことがないのだろう。
ネガティブ思考をやめろ
慎重な物言いに耳を貸さない危険な自己万能症状だ。「世の中が暗く見えるのは、お前が暗いからだ」と他人の意見を全否定するだけでなく、セカンドレイプまでする重症患者は少なくない。理数系のなかには「ネガティブ思考 × ネガティブ思考 = ポジティブ思考 だ!」などと言い出すやからもいる。
ばかり読むな
言葉でできた本を読むという文化行為に対する恐怖を覚えている言葉だ。つまり、自分自身に異論と向き合う度量がないことを確信犯で表現している。
そんな考え方もあるな
異論を聞き入れて妥協したようにみえるが、続く言葉を聞くと一歩も譲歩していない。つまり、相手の言葉を少しも聞いていないのと同じだが、患者によれば異論に耳を傾けたことになる。
あいさつがない
患者に挨拶されるだけの価値がないから、相手に挨拶されないだけの話だが、患者によれば自分でなく相手が悪いことになる。あいさつしたところで「声が小さい」と罵るような奴に挨拶される価値などない。
黙るな
上のような暴言を決してやめない患者に意見するなど愚か者のすることだ。反撃されないだけマシだと思うべきなのに、決して自分の弱みを認めない。
感染源との向き合い方

空想と現実との違いをはっきりつけ、徹底的に立ち向かうことが求められている。相手は間違いなくこちらをなめてかかってきている。つまり、油断しきっている状態なのだから、簡単に勝つことができる。相手は所詮、地道な勉強をオタクのやることと唾棄して本当は職業上のこと以外は何もしない無能なのだから。

患者向けのフィクションに出てくる暗いキャラのごとく、彼らに協力などしてはならない。甘言に乗せられて協力したら最後、とことん意に沿わないことをさせられた挙句、「やっと?するようになったか」と患者が初対面の時にどれだけ見下していたかを堂々と明るい顔で宣告した後、患者の美点を強調する引き立て役を演じさせられ、明らかに無謀な計画に巻き込まれて命を落とすことになる。
関連項目

コミュニケーション能力

ネガティブ思考

コミュニケーション

中二病

スクールカースト

Uncyclopedia:初心者のためのガイドブック/コミュニケーション


更新日時:2018年6月11日(月)23:21
取得日時:2018/08/18 15:19


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:7385 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE