ゲルマニウム
[Uncyclopedia|▼Menu]
7ffa

ゲルマニウム
(Germanium)
一般特性
名称, 記号, 番号ゲルマニウム, Ge, 32
分類カーボン

族, 周期14, 4
密度5.323 g/m3
色灰色
原子特性
原子量72.64 u
原子半径125 pm
酸化数4,2
一応なるべく国際単位系使用
及び標準状態下。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲルマニウム」の項目を執筆しています。

ゲルマニウム(Germanium)は原子番号32の元素。元素記号はGe(”ゲ”と発音してください)。シリコンよりストライクゾーンの狭い半導体で、結晶構造がダイヤモンド構造だからといってダイヤモンドとは違うので、早合点してぬか喜びすることの無いように注意したい。英語読みは禁止。
目次

1 産出国

2 人体への影響

3 工業分野での利用法

4 関連項目

5 外部リンク

産出国

元素名の通りドイツ国内で世界の産出量の大半を占め、西ドイツで58.7%、東ドイツで39.1%が産出されている。チェコで世界の産出量の1.1%、オーストリアで1.0%が産出されるがこれらの国で産出されたものは通には「まがいもの」として嫌われる。フランス産(0.1%)を使用することなどもってのほかとされる。
人体への影響

ゲルマニウムによる人体への影響として、人間の大脳新皮質に作用することが挙げられる。ゲルマニウムを摂取した人間はそうでない人間に比べて遵法精神が高くなる。ドイツ人の遵法精神の高さは飲料水中に含まれるゲルマニウム濃度の高さに由来すると考えられている。また、好きになる、子音の発音が非常にハキハキするようになる等の影響も知られている。無論、過剰摂取は人体にとって有害であり、重度の抜け毛ある種の中二病の原因となる。
工業分野での利用法

ラジオやダイオードの原料に長らく利用されてきた。

最近の研究で明らかになったことであるが、固体ゲルマニウムは32℃以上に加熱すると自由電子(マイナスイオンとする異説あり)を永久的に放出するという性質がある。この性質は現在ブレスレットやネックレスといったつまらない健康グッズの類にしか利用されていない。しかし、固体ゲルマニウムが32℃以上になる環境下で自由電子(またはマイナスイオン)を放出し続けるということは、固体ゲルマニウムから無限に電気的なエネルギーを取り出し続けることが可能であることを意味している。もし放出された自由電子(またはマイナスイオン)を有効に利用できれば、32℃以上の環境下で動作する永久機関を制作することも可能と考えられる。

そう、この事実が分かってしまった以上、もはやラジオやらブレスレットやら岩盤浴やらツボ押し器やらに熱を上げている場合ではないのだ。人類の夢と希望がかかったゲルマニウム永久機関の研究・開発が、今後いっそう発展していくことを願ってやまない。
関連項目

シリコン


ゼラニウム

ゲルマニア

ゲルマニウムの夜

外部リンク

ゲルマニウムが32℃以上になるとすごいことになるという研究成果を載せたWebページのリスト


[周期表を編集する]


123456789101112131415161718
11
H2
He
23
Li4
Be5
B6
C7
N8
O9
F10
Ne
311
Na12
Mg13
Al14
Si15
P16
S17
Cl18
Ar
419
K20
Ca21
Sc22
Ti23
V24
Cr25
Mn26
Fe27
Co28
Ni29
Cu30
Zn31
Ga32
Ge33
As34
Se35
Br36
Kr
537
Rb38
Sr39
Y40
Zr41
Nb42
Mo43
Tc44
Ru45
Rh46
Pd47
Ag48
Cd49
In50
Sn51
Sb52
Te53
I54
Xe
655
Cs56
Ba*172
Hf73
Ta74
W75
Re76
Os77
Ir78
Pt79
Au80
Hg81
Tl82
Pb83
Bi84
Po85
At86
Rn
787
Fr88
Ra*2104
Rf105
Db106
Sg107
Bh108
Hs109
Mt110
Ds111
Rg112
Cn113
Nh114
Fl115
Mc116
Lv117
Ts118
Og
8119
120
*3 
 010203040506070809101112131415161718
*1 ランタノイド:
(Lanthanoid)57
La58
Ce59
Pr60
Nd61
Pm62
Sm63
Eu64
Gd65
Tb66
Dy67
Ho68
Er69
Tm70
Yb71
Lu
*2 アクチノイド:
(Actinoid)89
Ac90
Th91
Pa92
U93
Np94
Pu95
Am96
Cm97
Bk98
Cf99
Es100
Fm101
Md102
No103
Lr
 
*3 超アクチノイド:
(SuperActinoid)121

 

 水素用別枠 アルカリ金属 準アルカリ土類金属 純アルカリ土類金属
 希土類 遷移金属 典型元素
 半金属 非金属 ハロゲン 希ガス
 ランタノイド アクチノイド 超アクチノイド



更新日時:2018年1月20日(土)23:27
取得日時:2020/01/09 15:37


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9990 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef