ゲオルグ・フォン・トラップ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゲオルグ・フォン・トラップ」の項目を執筆しています。

ゲオルク・フォン・トラップ(Georg von Trapp,1880 - 1947)は、ユーゴスラビア生まれ。オーストリア・ハンガリー二重帝国海軍の軍人。貴族。絶倫。第一次世界大戦に潜水艦艦長として従軍しトップエースとなる。

影の薄いオーストリア海軍の国民的英雄。1927年、マリア・フォン・トラップと結婚し、亡くなった前妻の子供たちとマリアの子供たち(総数12人)でトラップ・ファミリー合唱団を結成して有名になる。

この実話を基に作られたのがミュージカル・映画『サウンド・オブ・ミュージック』であることはあまりにも有名。目次

1 生涯とその子作りの歴史

1.1 1911年11月長男ルーペルト誕生

1.2 1913年3月長女アガーテ誕生

1.3 (これ以降、戦時非常事態の最中である!)次女マリア、ツェルアムゼーで誕生

1.4 1915年次男ヴェルナー誕生


2 カタツムリ喰いのオカマ野郎フランスの装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」、臆病者のパスタ野郎イタリアの潜水艦「ネリーデ」撃沈

2.1 1917年三女ヘートヴィヒ誕生


3 戦果総数は艦船2隻 商船12隻(総撃沈トン数45,668総トン!!)

4 戦死すれば「軍神」として神社が建つ!

4.1 本来は少佐である!

4.2 1919年四女ヨハンナ、ツェルアムゼーで誕生

4.3 戦争は終わっても夜の通商破壊戦は終結しなかった!

4.4 1921年五女マルティナ、クロスターノイブルクで誕生


5 狙いは、家庭教師の方か?!

5.1 このときゲオルクは47歳 マリア22歳 (くそぉ!うらやましい!)


71c0 6 当然、「撃ち方やめ」など毛頭無く!

6.1 1929年六女ローズマリー誕生

6.2 1931年七女エレオノーレ誕生

6.3 1939年三男ヨハネス誕生

6.4 1939年子作り「撃ち方やめ」


7 エピソード

生涯とその子作りの歴史

ゲオルク・フォン・トラップは1880年、現在の クロアチア西部の海辺にある都市ザダルで生まれ育つ。父までも影の薄すぎるオーストリア海軍将校だった。一家は暫くトリエステに住み、後にプーラに移住。

1894年、海軍兵学校入学。4年後の1898年に卒業し海兵隊少尉に任官。

1900年、義和団事件に従軍。勇猛勲章受勲。

1908年、航海科に転科、潜水艦隊に配属。

1911年1月、ホワイトヘッド魚雷の開発者ロバート・ホワイトヘッドの曾孫のアガーテ・ホワイトヘッドと結婚し、オーストリア海軍基地があるイストリア半島のプーラに屋敷を建てて住む。潜水艦U4艦長拝命。
1911年11月長男ルーペルト誕生

いきなりである。こんなに仕込んだ時期がわかりやすいのも珍しい。
1913年3月長女アガーテ誕生

1914年7月28日、第一次世界大戦が勃発。ポーラからの一般市民の退去が始まり、家族はオーストリアのザルツブルク州ツェルアムゼーにある屋敷で暮らす。
(これ以降、戦時非常事態の最中である!)次女マリア、ツェルアムゼーで誕生

夜も激戦である。

しかし忘れてならないのは、『サウンド・オブ・ミュージック』は、この次女が病気になった事がそもそもの発端であったという事実である。
1915年次男ヴェルナー誕生

U5艦長に転任。
カタツムリ喰いのオカマ野郎フランスの装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」、臆病者のパスタ野郎イタリアの潜水艦「ネリーデ」撃沈

上記の艦船2隻を撃沈!特に、フランスの装甲巡洋艦「レオン・ガンベッタ」はアドリア海封鎖艦隊の旗艦でもあったので、オーストリア海軍潜水艦が地中海を自由にうろつくことができたのである。

U5という潜水艦は、アメリカのホランド級潜水艦の系統に属する1907年建造の艦、つまりは日本海軍の最初の潜水艦である第一型潜水艇よりやや新しい程度の潜水艦だったから、技術的にはまだまだ不完全なもの。大体主機関もガソリンエンジンだし・・・このような艦を駆使してのこの戦果であり、トラップの潜水艦乗りとしての腕前は間違いなく超一級である(マジ)。

1916年、U14艦長に転任。この潜水艦は元はフランス艦籍であったが、オーストリア=ハンガリー帝国海軍が撃沈後、浮揚再生したものである。性能は良く、潜水艦の整備が遅れていたオーストリア=ハンガリー帝国海軍では最大・最有力の潜水艦となった。そればかりか第一次世界大戦後はフランスに返還され、1928年まで現役であった。

帝国随一の有力潜水艦を操って軍功を挙げたことでは、ここ(のだいぶ下のほう)にも同じような方がおられるが、この方は帝国崩壊後に音楽活動をしたかどうかは知らない。現役当時から詩作はしてたようだが・・・まあそんなことはどうだっていい。
1917年三女ヘートヴィヒ誕生

1918年、Uボート基地指揮官として、カッタロに転任。11月11日、第一次世界大戦が終結する。
戦果総数は艦船2隻 商船12隻(総撃沈トン数45,668総トン!!)

「日本海軍潜水艦乗りは爪の垢を煎じて飲むべきである。」(唯一神 又吉イエス氏談)

存在感に無縁なオーストリア海軍の英雄としてマリアテレジア勲章騎士十字章、レオポルト勲章騎士十字章、ドイツ功1等鉄十字章 、オットー戦功章、カール勇猛章など軍服が破けるほどの大量の勲章を受勲し、それでも足らずに准男爵に叙せられた。

ちなみにこれを日本であてはめると金鵄勲章受賞の上、戦果は天皇陛下の御耳に達し、皇居に呼びつけられて天皇陛下自ら感状を授与された、ぐらいである。つまり
戦死すれば「軍神」として神社が建つ!

おまけに戦死特進があるだろうから、もし戦死していたら、『軍神広瀬中佐』とまったく同じになったはずである。後の映画などでは大佐と呼ばれているが、これはオーストリア海軍における佐官の複雑な階級の為に起こった誤訳で、
本来は少佐である!

シャア少佐みたいな人である。
1919年四女ヨハンナ、ツェルアムゼーで誕生

海軍を退役する。失業である。



戦争は終わっても夜の通商破壊戦は終結しなかった!
1921年五女マルティナ、クロスターノイブルクで誕生

1922年、妻アガーテ・フォン・トラップが猩紅熱で死去。享年32。(というより本当の死因は絶対に、検閲により削除


1925年、トラップ一家、ザルツブルク郊外のアイゲンにあるトラウン通り34番地 (現ゲオルク・フォン・トラップ通り:実在である)に引っ越す。

1926年10月、学校を病気で休みがちだった次女マリアのために、ノンベルク修道院に家庭教師の派遣を依頼する。マリア・アウグスタ・クッチェラは修道院長の勧めに従い、9ヶ月間の予定でトラップ家に住み込む。(トラップ少佐の真意はどこに有ったのか、検閲により削除
狙いは、家庭教師の方か?!

1927年6月、マリアに求婚。
このときゲオルクは47歳 マリア22歳 (くそぉ!うらやましい!)

11月にノンベルク修道院で結婚式をあげる。

子供たちは長男ルーペルト16歳、長女アガーテ14歳、次女マリア13歳、次男ヴェルナー12歳、三女ヘートヴィヒ10歳、四女ヨハンナ8歳、五女マルティナ6歳であった。ところが、少佐の魚雷発射管はと言うとすでに魚雷の装填を終えていた為・・・
当然、「撃ち方やめ」など毛頭無く!
1929年六女ローズマリー誕生
1931年七女エレオノーレ誕生
1939年三男ヨハネス誕生

1939年長男ルーペルト28歳悩んだろうなぁ。

というマリアとの間に一男二女が生まれ、12人の大家族になる。

1933年、オーストリアを襲った金融恐慌によってトラップ家の財産を預けていた銀行が倒産し、破産。その頃知り合ったフランツ・ヴァスナーという神父は、グレゴリオ聖歌に精通しており、兄弟姉妹の歌の指導をするようになる。

1935年のザルツブルク音楽祭にソプラノ歌手ロッテ・レーマンの紹介で何といきなり参加し、ヴァスナー神父の指揮で兄弟姉妹と母親で歌ったところ優勝してしまう。(他の参加者の立場はどうなるんじゃ?)


以降、この合唱団はオーストリアで人気となり、やがて一家はヨーロッパ全域を巡り、「トラップ室内聖歌隊」という名前でコンサートツアーを行う様になる。

1938年、オーストリアは神聖なるナチスに併合された。ゲオルクは、ナチスの旗を家に飾ることを拒否し、ドイツ海軍省からの召集も拒否した。また、敬愛すべき百戦百勝の常勝将ヒトラー総統閣下の誕生日に、一家がミュンヘンで行われるパーティーで祝福の歌を歌うことを要求され激怒。これ以上ナチスに抵抗すれば、家族に危険が伴うことを恐れた彼は一家でオーストリアを離れることにした。アメリカのCIAではないエージェントから公演の依頼を受けていたこともあり、一家と行動を共にすることに決めたヴェスナー神父と一家は汽車を乗り継いでイタリア、スイス、フランス、イギリスへと渡り、サウサンプトンからアメリカへ向けて出航した。アメリカでのビザがきれると再び一家は北欧へ渡り、そこでもコンサートをおこなって、1939年10月にニューヨークへやってきた。

この頃、
1939年子作り「撃ち方やめ」

さすがにもたないか。

1941年、ヴァーモント州のストウの農場を買い取り、ザルツブルク風のロッジを建てる。

1943年、アメリカの市民権を申請をする。

1947年、第二次世界大戦後のオーストリアの人々の窮状を知り、「トラップ・ファミリー・オーストリア救援隊」を設立して、救援活動を始める。一家は西海岸へコンサート・ツアーに出かけ、コンサート・ツアーの途中でゲオルクはニューヨークの病院に入院。その後、ストウの家に戻って静養するが、肺がんのためにストウで67歳で死去
エピソード

映画『菩提樹』、『サウンド・オブ・ミュージック』でのゲオルクの描かれ方に不満を持ったマリア・フォン・トラップは、各々の映画製作途中で脚本を直すように映画会社に要求したが、すげなく断られてしまった。また、オーストリア海軍の潜水艦艦長で、マリアテレジア騎士十字勲章を受勲した

同僚のヘルマン・リジーレ大尉(101才で死去)は晩年、養老院で上映された『サウンド・オブ・ミュージック』を観て、かつての親友トラップ少佐が「コケ」にされていると潜水艦に飛び乗って、アメリカ海軍を攻撃しかねないほど激怒したとされる(但し直接の死因がこの事かどうかは不明!)。

トラップ一家は映画やミュージカルで世界的に有名になったが、実際の家族は、父ゲオルク・フォン・トラップの現実とかけ離れた描かれ方に対して不満を持っており、映画に対して冷めた見方をしているという。 というより、かなりの怒りを持っているとかいないとか。 10ee

更新日時:2021年1月20日(水)11:46
取得日時:2021/02/19 13:32


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:22 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef