ケータイ小説症候群
[Uncyclopedia|▼Menu]

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

ケータイ小説症候群(ケータイしょうせつしょうこうぐん)とは、ケータイ小説を読むことで様々な異常をきたす病気のこと。近年ケータイ小説の爆発的な普及により患者数が徐々に増えつつあり、厚生労働省は対応に追われている。
目次

1 症状

2 原因

3 治療

4 社会とのかかわり

5 関連項目

症状

軽度であれば、頭痛・吐き気・目眩・疲労感など風邪の初期症状に近い症状で済むが、それだけに早期発見が難しい。

症状が悪化してくると精神的にも不安定になり「あれを『リアルだ』という奴の気が知れん・・・」「なんであんなに売れるんだ・・・」「これは小説と言えるのか・・・」「近頃の若い者は・・・」などとわけのわからないことを口走るようになる。また、近年では「これは本ではない。ゴミだ」や「ただの文字の羅列のほうが読んでいられる」「死ねばいい、全員死ねばいい」「紙の無駄だ、ケータイ小説は森林伐採による地球温暖化を促進している」と言う患者も増えてきている。

末期にはケータイ小説を読んでいない時でもテレビや雑誌等でケータイ小説を賛美する意見を目にする、書店でケータイ小説のコーナーを目にする、登場人物と同程度のスペックの人間を見る、程度で腹部に不快感を感じるようになり、心的外傷後ストレス障害に発展する場合もある。
原因

この病気の発見当初は「ケータイ小説に原因があるのではないか?」と思われていたが、同じようにケータイ小説を読んでも症状の出る者と出ない者の差が顕著であることからその説は否定されている。実際、ケータイ小説はサイト上での人気にとどまらず書籍化されたものも次々とベストセラーになっているわけだからケータイ小説は悪くなどない。ケータイ小説は大変素晴らしいものだ。

発症者は次のような特徴を持つことが多い。
ケータイ小説以外の小説をよく読む(特に上下2段構えの辞書ばりに分厚い小説に興奮を覚える)

新聞を読み報道番組を見る

自分の身の回り以外に興味を持っている

小説を読む際には綿密な世界観や展開を好む

この4つのうち1つでも当てはまる人はケータイ小説症候群にかかる危険がある。特にこの記事をここまで平常心で読めた人は発病の可能性が高いため、急ぎ医療機関にかかることを推奨する。
治療

対症療法としては「ケータイ小説を読まない」というのが一般的である。しかし前述のように末期患者の場合には効果が無い。

根本的に治療するには「患者の価値観をひっくり返す」という大変時間と労力のかかる作業が不可欠である。まずメールよりも長い文章は読まないようし、自分の身の回りのこと以外には興味を持たないようにする。それに慣れたら自分の価値観に何よりの自信を持ち、自分を否定する人や物事の考えを排除する。最終的には倫理観や道徳観、先生や親などというわけのわからないものとは決別し「コイ」や「トモダチ」に人生を捧げよう。そうするとあら不思議! ケータイ小説が面白く感じるよ!

見事この病気を克服した君ならば、レイプや中絶といった凡人には荷の重いテーマにもあっさりと立ち向かっていけるだろう。あとはそうだな、君の恋人が白血病だとしてもその恋人は大して苦しむことはなく、またいとも簡単に2人の間には子が授かるだろう。他にも色々あるが今日のところはこの辺にしておこう。おじさん、なんだか頭痛がしてきたんだ。ちょっと吐き気もするしね。全く近頃の若い者は・・・
社会とのかかわり

このままケータイ小説が一時の流行に留まらず現代社会の基盤となるとすると、ケータイ小説症候群患者の社会進出は困難になっていくことが予想される。そうならないためには身近な人々が患者のケアにあたることが大切である。

さあ、皆さんケータイ小説の素晴らしさを理解しない愚民どもにケータイ小説の崇高さを知らしめましょう!!
関連項目ウィキペディア専門家気取りたちも「ケータイ小説症候群」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ケータイ小説 (笑)

恋空

サザエさん症候群

押ボタン症候群

この記事「ケータイ小説症候群」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)
13ed

更新日時:2017年9月24日(日)20:23
取得日時:2020/01/17 10:54


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6574 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef