クリスマス・キャロル
[Uncyclopedia|▼Menu]

クリスマス・キャロル(英:Christmas carol)とは、クリスマスに歌われる歌、あるいはチャールズ・ディケンズ作の小説のことである。
目次

1 歌

2 小説

2.1 表向きの大まかな内容

2.2 真実の内容


3 関連

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クリスマス・キャロル」の項目を執筆しています。

一応聖なる夜について歌っているようなのだが、聞くことによって「私たちは清らかなのね」という自意識を持てるかというと別問題。実際には以下のような効用をもたらす。

誰を愛してるのか分かるようになる

1mmの愛のすれ違いが解消する

聞くまでは出逢う前に戻ってもっと自由でいることが出来る

要するに「聞いてしまったが最後、出逢った相手とゴムを利用して1mm離れることすら出来ずに愛し合いまくり」

という大変にスケベな曲なのである。18歳以下は勿論、妻帯者、夫帯者も伴侶以外と一緒に聞いてはいけない。
小説

英国人のチャールズ・ディケンズによって書かれた。表向きはキリスト教に基づく道徳訓話だが、実際は「お年寄りがなんかの宗教に洗脳される」と言う一種のホラーである。ホラー話を好む英国ならではの作品と言える。
表向きの大まかな内容

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、親戚一同が会した遺言状公開の席にいた犬神佐清は実は別人だったことや、ソウルジェムが濁ると魔法少女は魔女になることや、鴇羽舞衣は全ての人々の記憶から失われることや、暁の黒幕はトビことうちはマダラ、と思わせておいて実は「死んだ」と思われていたうちはオビトであることや、とらはかつて人間で獣の槍の使い手だったことや、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、紫の土下座は月の名酒を盗むための時間稼ぎの演技であることや、ウルトラマンネクサス及びザ・ネクストは力を失ったウルトラマンノアの不完全体にすぎないことや、魏呉蜀どの国も乱世を統一できないことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

産業革命の最中、意地悪な老商人エベニーザ・スクルージが、友人の亡霊や3体のそれぞれ過去、現在、未来を司る精霊にクリスマス・イヴの晩以降次々と出会って改心する話である。

1章:無味な日々の中、死んだ友人の霊に会う。

2章:精霊その1に自分の過去のクリスマスを見せてもらう。

3章:精霊その2に現在の色々な場所のクリスマスの日の幸せそうな家庭を見せてもらう。

4章:精霊その3に未来を見せてもらう。

5章:4章の未来はまだ変えられることの出来るものだと悟り、善行をし出す。

真実の内容ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「クリスマス・キャロル (小説)」の項目を執筆しています。

前述のとおり、「イギリスのお年寄りが宗教に洗脳される」様子と経過を語ったホラー話である。

1章では知り合いに入会するよう勧誘させるという常套的手段に出る。今日日本でも良く行われる「次の選挙は○○党に票を入れてね入れてくれなきゃ嫌だよあはははははははははははははははははははははははははははははは」と同類である。またこの章でお年より特有で愛すべき頑固さ、心情をこき下ろしているのは、後々の洗脳された姿をより大きく見せようと言う手法である。

2章では古き良き時代を思い出させる手法が目立つ。目的は過去を見せることによって郷愁を誘い、感情を揺さぶることにある。なお、ここから毎晩入れ替わりで精霊(一部顧客を狙った設定かと思われる)がくるのだが、彼女(?)らの役目はもちろん……

3章ではこの宗教に入れば、こんないいことが!とこれまた定番の手段である。冷静な状態ならば気付くのだが、動揺しているので哀れな老人スクルージは信じ始めてしまう。なお、2番目の精霊は所謂「元気ハツラツだけど本当は暗いものをしょっている」子である。マニアックな。

入信したら、たちまち部長に昇格できました!(37歳・会社員)

いない暦=年齢の僕に彼女が出来ました。(21歳・フリーター)

宝くじで大金を当てました!(49歳・ニート

今回ははらわたを切り裂かれて殺されずに住みました。(推定10歳・神主)

長年の願いだった宇宙人と未来人と超能力者に会うことがかないました。(16歳・学生

長い絶望から脱出できました。(25歳・教師 4b0e )

4章ではあなたこのままだと、こんな悲観的な未来が待ってますよ…と今までと態度を一変、脅しにかかる。不幸な話で人を脅すなんて最低ですねえ。スクルージは恐怖のあまりその話を検証することなく信じきってしまう。なお、3番目の精霊は無口キャラである。もちろん一部顧客を狙っている設定であると思われる。

5章では、スクルージが洗脳後の変わりっぷりを披露してくれる。貧乏家庭に死んだ鳥を送りつけたり、「貧しい人への寄付金」を謳う団体に大量の金をつぎ込んだり、子供を買収したり、今まで親しくもなかった親戚の家を訪れたり、部下の給料を二倍にしたり、などである。これでは老人があまりに哀れである。

人が「洗脳されるとこうなるから気をつけるように」と警告しているとすれば、もしかしたらある意味ではこれも教訓話なのかもしれない。

なおこの話は米国ウォルト・ディズニー・カンパニーを始めとするメディアによって幾度か映像化(アニメ・ドラマ・映画)されている。これももしかしたらメディアによる洗脳作戦の一部かもしれないので、気をつけた方がいいかもしれない。
関連

悪徳商法

セミナー

宗教


更新日時:2015年1月18日(日)19:04
取得日時:2019/08/12 21:02


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9229 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef