クリスタル
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…水晶との違い[編集]構成元素は同じでケイ素と酸素の化合物である。しかし、その構造の違いから水晶とクリスタルの違いが生まれている。ちなみに現代科学ではこの違いを科学的に判別することはできていない。物理的な違いなのかそうでないのかすら分かっていない。一部の人物だけがその判別を行えるようなのだが、スピリチュアルな技能になってしまうらしく定量的な判別方法が求められている。

もう一度書くが、クリスタルと水晶は見た目が近く同じ元素(ケイ素と酸素)でできているものの同じ物質ではない。簡単な例を挙げるならダイヤモンドと黒鉛は同じ炭素でできている。ダイヤモンドと炭素が違うものということはすでに一般常識である。それでも納得しないのならあなたの結婚指輪は鉛筆の芯でいいだろう。だって同じものなのだから。
パワーストーン

クリスタルはその性質からパワーストーンとして利用されている。その効能としては覗くと未来が見える、ダウジングで高確率で成功するなどなど。これらはよく水晶で代用されているが、本来はクリスタルを用いるべきものである。というのも水晶にはこれらの効能は一切なく、言ってしまえばただの鉱石であるためである。また、これらの効果には個人差が存在する。クリスタルを用いた占いができる人、出来ない人など。なかにはまったく別のものが見える人もいる。しかし、水晶を用いて占いができる人も実際にいる。これは100%本人の力であり、本物である。

また、近年の研究でクリスタルを使用することで就職を行うことができることが判明しているが、どのように使用するのかは未だ謎である。そのため実用化には至っていない。これが実用できればNEET対策としてかなりの成果を上げることが推測できる。このためかなり重点をおいた研究がなされている。

かつては、クリスタルを交換すると電気製品でもいろいろありがたい効能があるとされていた。コンピュータに使うと、処理速度が1.5倍から2倍程度速くなるといわれるが、発熱や動作の安定性に致命的な悪影響を及ぼす。また、無線機に使うと、混んでる周波数帯を避けて怪電波をばらまくことができるが、電波法違反になる。これらのクリスタルは金属の缶に入っており、パッと見には水晶らしくない。
関連項目

水晶

なんとなく、クリスタル

ファイナルファンタジーシリーズ


更新日時:2018年10月20日(土)03:57
取得日時:2019/06/16 19:47


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5389 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE