クラウン
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
「クラウンは高くて買えないわ、安くして頂戴」
? トヨタ・クラウン について、
真のおばちゃん「クラウンなんぞ私にとっては安い買い物だがな。」
? トヨタ・クラウン について、三千院ナギユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トヨタ・クラウン」の項目を執筆しています。 なかなかカッコイイクラウン。カスタムカーとして大人気である。

クラウン(CROWN)とは、トヨタ自動車が開発している高級乗用車。つまり、庶民は乗ってはいけない車である。
目次

1 概要

2 歴史

2.1 初代(RS型-RS20/30系:1955年-1962年)

2.2 2代目(S40系:1962年-1967年)

2.3 3代目(S50系:1967年-1971年)

2.4 4代目(S60、70系:1971年-1974年)

2.5 5代目(S80-100系:1974年-1979年)

2.6 6代目(S110系:1979年-1983年)

2.7 7代目(S120系:1983年-1987年)

2.8 8代目(S130系:ハードトップ1987年-1991年/セダン1987年-1995年/ワゴン・バン1987年-1999年)

2.9 9代目(S140系:1991年-1995年)

2.10 10代目(S150系:ハードトップ1995年-1999年 セダン1995-2001年)

2.11 11代目(S170系:1999年-2003年)

2.12 12代目(S180系:2003年-2008年)

2.13 13代目(S200系:2008年 - 2012年)

2.14 14代目(S210系 2012年 - )


3 現行型の対抗車種

3.1 もはや敵ではない車種


4 取り扱いディーラー

5 脚注

6 関連項目

概要

日産・セドリックとかいうライバルがいたような気がしたがそれさえも破った、日本一の高級車である。

クラウンのバリエーションは訳分からんのが多数ある。クラウンコンフォートなどは実はプリウスより安いしムダにスポーツ性能をのばしたクラウンアスリート、昔は2ドアクーペにバンやピックアップトラックまでいた。

また、DQNにも大人気であり、クラウンのラストオーナーはDQNである。
3feb 歴史

クラウンの歴史は長ったらしい。それがクラウンという車の売りの一つである。
初代(RS型-RS20/30系:1955年-1962年)

1955年
1月に登場。他の日本国内メーカーが国外メーカーとの提携で車を作っていたが、トヨタは純国産で高級乗用車を作った。観音開きのサイドドアが外観上の最大の特徴であるが開けないと分からない。

この代のパトカー仕様は全くの専用設計である。

なんだかんだで残存数はある。

この代の個人タクシー仕様の1台が1990年代まで営業していた。

2代目(S40系:1962年-1967年)

1962年
9月に登場。デザインは当時のアメリカ車の影響を強く受けた美しいものであるが今ではどこら辺がアメリカ車? である。

バリエーションはこれまでのセダンに加えなぜか「カスタム」と呼ばれるステーションワゴンが加わり、物好きが多数購入した。

また、商用モデルのバン、ピックアップなども出たがやはり物好きのための車である。

初期型は「涙目」と呼ばれるテールランプとトヨタの頭文字である「T」をモチーフとしたジュラルミン製のフロントグリルが特徴的であるがんなこと知らねぇよ。

3代目(S50系:1967年-1971年)

1967年
9月に登場。「日本の美」を追求したスタイリングは先代よりさらに低く、長くなり、だからなんだ。

「白いクラウン」で大ヒットをかました。これは「女の子の肌も服もそしてパンツも白いほうがいいだろ、皆。」というトヨタの一部の人の声でこのキャッチフレーズになった。白いクラウンはこのあと今に至るまでバカ売れしているが北海道では「白い恋人」と間違われ、食べられる事態にもなった。

ちなみに、この代でZATのウルフ777のベース車である、2ドアハードトップがデビューした。

クラウンのトミカ化はこの代からで、ノーマル車(3-1)、パトカー(4-1)、消防指令車(27-1)、タクシー(28-1)が発売された。
しかし発売後すぐにクラウンのフルモデルチェンジがあったために短命なモデルである。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:27 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE