キラキラネーム
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
改名提案「DQNネーム」を普通の名前に改名する書類がここに提出されたよ。一生この名前だと哀れだから誰か承認してあげて。「人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。何事も、珍しき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。(現代語訳:人の名前に珍しい漢字を使うのは無意味な事である。何事にも珍しい事を求めたり、普通ではない事を好むのは、はかな人が必ずやりそうな事だ。)」
? DQNネーム について、吉田兼好徒然草第116段)「親権者がほしいままに個人的な好みを入れて恣意的に命名するのは不当で、子供が成長して誇りに思える名前をつけるべき」
? DQNネーム について、名古屋高等裁判所判決文(昭和38年)

DQNネーム(どきゅんねーむ)とは、『どんないじめにも負けない強い子に育ってほしい』という親の想いが込められた『世界に一つだけの名前』。別名をキラキラネームといい、こちらは脳内がキラキラ状態地球市民が命名。主に1996年から勢力を伸ばし始め、現在では命名の主流になっている。
目次

1 概要

2 起源

3 代表例

4 歴史上のDQNネーム

5 問題点

6 珍名

7 DQNネームを付けられてしまった人たちへ…

8 関連項目

9 外部リンク

概要

現代日本はいじめ社会である。と言い切る事が出来る程ごく当たり前にどんな集団の中にもいじめっ子、いじめられっ子のカーストが形成される(ごくまれにそれが形成されない聖域も存在する)。しかも注意するべきはいじめの激しさははしかの様な物で、子供の頃は内容も低レベルで手口も安易かつ単純かつ稚拙だが、大人になると内容が陰険で悪質、手口も複雑、巧妙になってくる。

すると、子供の頃いじめっ子だったガキ大将のような少年が大人になってカーストを逆転されると、今まで経験した事もない熾烈な打撃を受けて自殺、若しくはその逆に走ってしまう危険性もある。勿論そんな事を望んでいない親が大半であるが、中には「親の義務」以上の感情を持てない輩もいる。これを防ぐには、まだ幼稚な子供の頃のいじめで或る程度耐性を培う必要がある。

そこで、子供のいじめの傾向を考えると、人の身体的精神的特徴や名前・出身など大人になれば常識人には中傷されぬ様な内容を中傷するものが非常に多い。此処から考案されたのがDQNネームで、子供時代にいじめに耐える訓練ができ、大人になって熾烈ないじめが始まっても或る程度の耐性が有る為に立ち向かう事ができる。勿論大人になる頃には名前を馬鹿にする者の方がいじめられるだろうが。

え? 親が面白がって付けただけだって!? いやいやそんな酷い親が存在する筈ないだろう。
起源

きっかけは、福武書店の2代目社長・福武總一郎が社名を現在のベネッセ・コーポレーションに変更しようとした際、周囲の人間に制止されたことに端を発している。

ベネッセとはラテン語の 「bene(正しい)」と 「esse (生きる)」を組み合わせた造語で、總一郎もこれを思い付いた時には歓天喜地としたと述懐する。だが、周囲の反応は冷ややかで、顧客や株主に伝わり辛い、自己満足、福武の名が冠されておらず初代(總一郎の実父)への畏敬の念が感じられないなど散々であり、挙句にあの新社長はDQNだなどと陰口を叩かれる始末であった。總一郎は憤慨し、「名は体を表す。この社名を見れば、社員は自ずと規範としようし、名前がキラキラと輝けば会社も自ずと輝くのだ。DQNと言いたければ言うがいい、世に定着すればDQNとて普通だ!」と理に適ってるんだか無いんだかわからない論理を展開、それでもなお反対されるとムキになって社名変更を強行した。

フタを開けて見れば、周囲の心配を余所に社名は世に定着していったのであるが、これは当時散々うった自社商品のテレビCMの御蔭に他ならない。ただし当の總一郎は断固それを認めたがらず、益々自らの考えに固執するようになる。そして、この出来事は子供の名付けにも通ずるものがあるのでは、と考えるようになっていった。その結論が、上記の概要に該当する。

總一郎はそれを大衆へ広めるべく、自社発行の育児雑誌「たまごクラブ」の増刊号に「名づけ特集」を掲載し「キラキラネーム(企画書上での別称が DQNネーム)」を推奨するよう命を降した。

このときの読者からの反応は芳しいものでは無かったが、ちょうど地下鉄サリン事件が発生し、経済悪化も歯止めが利かず世に不安が渦巻いていた時期でもあったことから、出産を控 3ff4 えた親たちは「せめて名前だけでも子供を輝かせたい」と、まるで宗教にでも縋るかのように、あくまで子供の将来よりも自らの心の充足のためにキラキラネーム(DQNネーム)を付け始めるようになった。

更にDQN芸能人たちの中にも名付ける者が出始め、これが後押しとなり世に広まっていった。總一郎の計画は図に当たった訳である。
代表例
戦争
読み方もそのまま。日本が
日本国憲法第9条を放棄するまでは偽善者から熾烈ないじめを喰らうだろう・・・仮に憲法改正してバリバリの軍事国家になる在り得ない状況になっても永遠にバカにされるだろう。
光宙
非常にかっこいい名前である。漢字で書けば。
幸星
言わずと知れたあれ。あまりにマイナーなところから引っ張ってくると誰も知らず流してしまうので有名な処から取ってきている。
究極
読みは「ネオ」。親から言わせると「なんかぁー究極ぽかったから」。
雄覇陽
読みは「オッパッピー」。親曰く、「人間世界など塵に同じだ。人間の道理なんて・・・そんなの関係ねぇ!」。

「つき」ならまだしも読みは「ライト」である。子供を新世界の神にしたいのだろうか。
希空璃
この漢字で『ふぐり』という読み。ふぐりの意味を知るのは大体中一(植物名で)。その頃には漢字で自分の名前を書くので気にならなく・・・・・・はならないか。
手洗
この漢字で『ティアラ』と読む。漢字を付けなくてもいじめの訓練には充分ではないだろうか? ましてや、もし経団連の元会長と同じ苗字だったとしたら・・・。
花冠・華冠
この表記でも『ティアラ』。意訳的には可笑しくはないが人格的に…国柄的にすらありえない。エロゲにも登場(まじこい参照)。
創価
言葉・漢字の意味的にはDQNネームでもなんでもない。あのような組織が在るからこそ。
悪魔
役所すら駄目だしした究極のDQNネーム。もし本当にこんな名前を付けられたらいじめられるのは当然として、キリスト教信者が該当者を魔女裁判に掛ける事請け合いである。結局音が似ている、亜駆(あく)と改名されたが悪では余り意味がない気がする。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:26 KB
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE