キッコロ
[Uncyclopedia|▼Menu]

キッコロ(Kiccoro、生殺)とは、2005年に開催された愛・地球博のイメージキャラクターとされている、ピッコロのまがいものである。目次

1 概要

2 まがいもの疑惑

3 対策

4 脚注

5 関連項目

概要

公式設定では「2002年3月25日に誕生した『愛・地球博』マスコット」であり、性別は男性でも女性でもあり、またどちらでもないというわけの分からないものとなっている。モリゾーというおじいちゃん[1]キャラとともに瀬戸市の「海上の森」[2]というところに住んでいる妖精であるらしい。

愛・地球博が終わったらモリゾーと共に消滅するはずだったのだが大人の事情で復活している。
まがいもの疑惑 キッコロ。 ピッコロ。似すぎているために、右下に書かれた名前が間違っている。

最初にキッコロはピッコロのまがい物ということを述べたが、字面を見ても分かるようにただでさえキッコロとピッコロはたった一字違いであるのに(しかもその一字は韻を踏んでいる)、両者には様々な共通点がある。その中で特に目立っている点を挙げると、

全身が黄緑色である

触角のようなものが二本ある

足は茶色である

人語(日本語)を話す

二足歩行をする

を飛ぶ[3]

人間ではない

テレビに登場している

――と、これだけで8つもある。こんなにもあるなら、まがいものと言われても自然である。
対策

まがいもの疑惑がささやかれ、主催者側は今日に至るまで様々な対策をしてきた。まず「キッコロはモリゾーとセット」というコンビ性を強調し、更にピンク、茶色、水色深緑、黄色、オレンジのキッコロ(カラーキッコロ)を投入し、オリジナルキッコロの色を紛れさせようとした。なお、ピンクは「花」担当、茶色は「土」担当、水色は「水」担当、深緑色は「木の葉」担当、 黄色は「光」担当、オレンジは「木の実」担当、紫色は「鉱物」担当となっている。 紫が鉱物なのはどうかと思うが、これでもカオスな感じを漂わせているのに、最近では色「空担当」、色「火担当」、「雲担当」、灰色「石担当」、肌色「砂担当」が追加され、来場客も「これはさすがにおかしいだろ」という反応を見せている。砂が肌色ってどうなのよ。肌色は肌の色だろ。
脚注[ 3e59 編集]^ おじいちゃんと言われているにもかかわらず、これもまたキッコロと同じく性別不詳である。しかも年齢70代半ばだが縄文時代から住んでいるらしく、を読んでいるのではないかという疑念が拭えない。
^ ただし瀬戸市はに接していない。
^ ピッコロが飛行できるのは自明だが、キッコロは ⇒このような経緯で空を飛んでいる。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キッコロ」の項目を執筆しています。

モリゾー

2005年日本国際博覧会




更新日時:2017年11月8日(水)15:12
取得日時:2020/12/03 13:07


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6547 Bytes
出典: 嘘八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef