ガス
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。 ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ガス」の項目を執筆しています。「臭うぞ!誰じゃ!」
? ガス について、足利義昭 4006 「すまぬ、今のはわしじゃ」
? ガス について、織田信長

ガス(がす)とは、生物の生存機能の一つとして外部へ放出される気体状のものを言う。
目次

1 概要

2 ガスの分類及び種類

3 成分解析の過程(歴史)

4 関連項目

概要

生物(動物植物・微生物を含め)が活動する上で、継続的又は断続的に外部へ放出されるもの(多くは気体状)である。気体に含まれる成分が単一であることは極めて稀であり、混合気体であることが大部分を占める。又、状態として無味・無臭・乾燥・大気温が常に同一であることが無く、対象とするガスを同一状態まで特定し生成することは困難である。物質の3つの状態(三態)において気体(ガス)から固体・液体へと変化することは無く、プラズマとよく似たカテゴリーに含まれる。一部のガスは極めて悪臭であり、密室においての放出や高濃度での放出は人体(特に嗅覚神経及び感情制御)に著しい悪影響を及ぼすことから、これらのガスの取り扱いには慎重さを要する。そのガス状態において民事訴訟・刑事訴訟に発展する危険性も帯びている。ガスに関する国家資格及び業界資格としてガス主任技術者(甲・乙・丙)・高圧ガス製造保安主任者・酸欠防止作業主任者等があるが、この世に生存するものによる自然又は故意な行為であることから適切な管理資格として制約することが難しい。
ガスの分類及び種類

ガスは大きく2群に大別され、小分類として3科に分類される。
動物ガス群:生態系における動物

植物ガス群:生態系における植物

天然ガス科:呼吸に伴わず、放出されるガスを指す。

呼吸ガス科:呼吸(所謂、酸素を取り入れ二酸化炭素を排出する行為)に伴い放出されるガスを指す。

感覚ガス科:質量の測定手法が確立されておらず未分類とされているものを指す。

ガスの例

動物ガス群 天然ガス科に含まれるガス
おなら(破裂音無しは「すかしっぺ」)・


げっぷ

あくび

しゃっくり(但し放出ガス量は前項に比べ少量である)


動物ガス群 呼吸ガス科に含まれるガス
ため息

酒気

二酸化炭素


動物ガス群 感覚ガス科に含まれるガス
毒気

色気

本気

元気

やる気

殺気


植物ガス群 天然ガス科に含まれるガス
バイオガス


植物ガス群 呼吸ガス科に含まれるガス
光合成による放出


成分解析の過程(歴史)

ガス成分において比較的安定した素材として酸素族元素の水素化物があることが、ノンベル賞受賞者(1930年:物理学賞)であるスティーブンセガール・ラマン博士による「光散乱に関する研究とラマン(愛人)効果の発見」にて明らかとなった。20世紀中期以降、同じアジア圏に属する日本国において、ラマン博士に刺激を受けた純粋にガスの更なる解明探究を求める学者らや毒ガス兵器としての活用を目論んだ軍関係者らによって解明が飛躍的に進んだ。公開されていない研究成果があり全て記せないが、主な成果として国際学会にて評価された以下の論文がある。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:10 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE