カーナビ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カーナビゲーション」の項目を執筆しています。

カーナビゲーション(Car Navigation System)とは、GPSを巧みに利用し、目的地まで向かう運転者を迷わせる、あるいは遠回りさせるための車載用電子機器である。よくカーナビやバカナビ、カービィという愛称で親しまれている。様々な電機メーカーから発売されているが、三洋電機はこの機械を「ゴリラ」だと主張している。

なお、お堅い人たちは英語表記をSatellite navigation systemとしているので、初期の慣性誘導と車速パルスによるカーナビは無かった事にしたようだ。
目次

1 概要

2 探索案内

3 その他の機能

4 関連項目

概要

もともとは、細い路地の広がる危険地帯(閑静な住宅街)である東京都世田谷区を走るタクシー業者に対し、抜け道と現在位置を示すために開発されたものである。現在では一般車にも広く普及しているが、世田谷を走る成金ベンツ以外にとっては「よくしゃべる箱」程度のものでしかない。

運転者はジャンルや名称などを利用して目的地を探し、カーナビのさまざま(以下参照)な案内どおり進んでいけば利用可能である。
探索案内
渋滞優先
VICS情報から得た渋滞情報を基に渋滞した道路を優先に案内する。これにより更なる交通渋滞の促進が期待できる。また、速度超過と称するみかじめ料の発生を未然に防ぎ、個人の可処分所得を保護する効果もある。
赤信号優先
信号情報をから得た情報を基に、赤信号を優先した道路を案内する。これにより運転者や同乗者のストレス向上が期待できる。さらに無駄な加減速を強制することにより燃料消費を増大させ、薄利と言われる
ガソリンスタンドの売上を向上させる。
細街路優先
住宅地など迷路のように複雑な道路を優先したルートを案内する。これにより運転者の頭の中をごっちゃごちゃにする効果が期待できる。このことは単調な道路における催眠効果を排除し、いわゆる居眠り運転の防止にもつながる。
ルート再探索機能OFF
事前に指定されたルートを外れると、以降のルート探索やナビゲーションを行わない。道を間違えたことすらアナウンスしないので、同乗者に対して余計な恥をかかずに済む。初デートで慣れない道を走る時には是非活用したい機能のひとつ。またルート再探索にかかる電気的負荷も軽減されるため、自動車の燃費が3ppmほど向上する。
検問探索機能ON
この機能はとてつもなく高級品のカーナビにしか搭載されていない。役立たずのカーナビには珍しく、とても役に立つ機能である。警察の罠から逃れ、刑務所にぶち込まれるのを未然に避けることが可能である。すばらしい。
その他の機能

運転者に指示を出すたびに効果音を出す。これを人間が不快に思う周波数・音量に設定することで、運転者のイライラが増す。運転者はカーナビに殴る蹴るなどの暴行を加えることにより新陳代謝を高いレベルに維持し、健全な身体状態で運転を継続できる。

某声優が案内をするカーナビが鋭意制作中(PSP版はもう出来てる)であり、完成の暁には、不可解な
自動車事故が多発するものと予想されている。くぎゅううううう

関連項目

UnBooks:本当にあったカーナビの話


え、えーと…この項目って本当にカーナビゲーションであってたっけ?
ちょ、ちょっとぉ! シカトしてないで ⇒教えてよ! (Portal:スタブ)
3d57

更新日時:2014年10月18日(土)12:26
取得日時:2018/10/16 17:23


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5254 Bytes
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE