カスラック
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

毛同志認可造反有理!! 革命無罪!!!

本項の文章と内容は、完全に正しい事実として中華人民共和国国家安全部により認定されており、全ての中華人民共和国人民と、中華人民共和国共産党員に見せることが認可されています。

この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った場合は国家反逆罪の対象とされ新疆ウイグル自治区の労働教化所送りになります。

警告!この項目には、JASRAC登録曲の歌詞が無断で使用されています。直ちに指定の口座に使用料を振り込んでください。払っていただけない場合は法的手段に訴えます。
「Respect Our Music. 我らの音楽を崇めよ」
? JASRAC について、日本レコード協会

CASRACJASRAC(笑)(カスラック・わら)通称、カスとは、日本を代表するカルト教団自組織の所有する著作権を守るため著作権を脅かす悪党どもをありとあらゆる手段を使って成敗するという、崇高な理念(笑)に基づいて行動する正義の著作権保護組織である。また、JASRACが思う「違法者(笑)」から金を巻き上げたり、妨害をしたりする極悪の組織でもあり、国内でも極めて危険度の高い過激派団体である。存在が偽善者で違憲に等しい組織といってもいいかもしれない。
目次

1 概要

2 徴収の対象となる行為の一例

3 徴収方法

4 請求額

5 対処法

6 国際問題

7 組織構成

8 職員の苦悩

9 少しマジな話

10 応援歌

11 関連項目

概要

JASRAC(Japan Anthem Sex Rape All Cum)は、そいつを違反した奴に多額の金を取る悪徳野郎だ。

日本に存在する楽曲はほぼすべてがJASRAC(著作権ヤクザ又は天下り団体)の管理下にあるというが、事実上JASRACが全曲の著作権を有していると言いきってよい(逆に、JASRACの管理下にない曲を探すのが非常に難しい)。カラオケだけではなく風呂で鼻歌を歌ってもJASRACに著作権料を払うことは国民の義務である。便所で即興で歌った完全オリジナルの曲であっても、JASRACに著作権料を支払う必要がある。これは著作権保護のため絶対必要で当然のことである。

収集された著作権料は本来、作者・アーティストに分配される。しかし、著作権に対する意識が低すぎる現状では確実で強固な著作権料回収のための方策に最優先で回される。理事会の役員を中心に高級クラブで浪費されるといった報道は間違いである。著作権料を?? 3ff0 ?わない奴らをぎゃふんと言わせ鉄槌を食らわすために、毎夜極秘会合が開かれているのだ。なお不透明な分配をいいことに、多額の退職金の受け取りなども行われている。今後さらに著作権料を接収(=無理矢理奪い取る)するため近々JASRAC軍を設立する予定があるという。

なおJASRACとは全市民を束縛する日本のクソッタレな守銭奴共 (Japanese Asshole Skinflints who Restrain All Civilians) の略である。「君は牛を二頭持っている。不法に一頭の乳を搾ったため、我々は君の牛を二頭とも没収する」の名言でも有名。

目標は耳がある人なら誰でも構わず片っ端から訴訟を起こし、「お前は違法に音楽をダウンロードしたから金を払え。もし無実と主張するならそれより多額な費用払って裁判で戦ってね」と言う ⇒全米レコード協会であるが、足元にも及ばない。上には上がいるのである。しかし、いずれカスもそうなるのではないかと危惧されている。

一言で言うとJASRACはクソ団体である。注:アンサイクロペディアは、嘘と出鱈目にまみれていることにしたい。ここにある文章も嘘や出鱈目にまみれています。
……と、言いたいところですが、このページに限っていくつかの禁則事項が含まれていることにご留意ください。
徴収の対象となる行為の一例 注意: ここには徴収の対象となる行為が、大量に記述されています。閲覧する場合は頭が破裂したり、目の前の箱フリーズしたりしないように注意してください。 JASRACによる訴訟の一例。これまでにJASRACが敗訴した例は一例たりともない。
鼻歌
お気に入りの曲が何気なく出てしまうのはよくあることである。それがかつてはマイホームの風呂でなら良かったが、現在はそれを含め屋外や公共の場だったならJASRAC警察部が飛んできて君は財布を空けるハメになるだろう。けして女のスッパ好きではないはずだが……?もちろん銭湯でもダメである。JASRAC警察部は全裸になることをも厭わない。
音漏れ
かつてはiPodや音楽ケータイを利用し電車の中など公共の場においてノリノリで音楽を聴くのはかまわなかったが、音が漏れていないだろうか?周りの人の迷惑になるだけではない。JASRAC警察部が飛んできて、君は公共の場所で著作権のある音楽を放送したとして定期預金を下ろすことになる。もちろん、道路なども公共の場所であるから同じである。最近は音漏れをしていなくても、課金対象になる。また良くある例としては、部屋で音楽を聴いていたら音が漏れていたという例もある。
自作曲
君が世に言うところのミュージシャンであるなら自作の音楽を創造しているのではないだろうか?「自分で作った曲なら大丈夫」と思ってはいないだろうか?とんでもない間違いである。この国に生まれ出たすべての音楽という音楽はJASRACによって著作権が守られ、JASRACに帰属するのである。よって、その音楽の著作権は守り主であるJASRACのものになるのである。ここで飛躍論理を感じた君は正しい。しかし、JASRACにとっては間違っている。つまり、そういうことである。
JASRACにはむかった人々の創り出した曲
上の記述を読んでこの項を読めば疑問に感じるだろう。だが、日本における音符はJASRACの管理下であり、それらの曲もあくまでJASRACの登録曲なのである。つまり、日本における音符で表せる音は全てJASRACの管理下にあり、再生したり聴いたりするたび金を巻き上げるのである。
カーオーディオ
大出力スピーカーを搭載した、君のナウいスポーツカー。ナンパするのはいいが、音楽の音量は適切だろうか?ドン…ドン…、と低音が漏れていると、当然のごとくJASRAC警察部が飛んできて、今まで走行=放送してきた料金を搾取される。こうなるともう定期預金ではすまないかもしれない。そんな時はJASRAC闇金部がお金を融資してくれるはずだ。さすが! 親切だ。利息は3日で1000%である。(これは毎月約10000000000%である。)
電磁波ノイズ
音楽を聴いていないだろうか。どんな機械でもそのノイズは電磁波となり拡散する。JASRACは常に人口より多い約10億カ所の高感度電波観測所で電磁波を計測しているため、君のポストにJASRAC警察部からの請求書が届く日は近い。


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:41 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE