オランダ
[Uncyclopedia|▼Menu]
阿蘭陀帝國
The フライング,ダッチマン


(
国旗)

国の標語 : 大麻と安楽死さえあれば大丈夫だ。国歌 : インドネシアを取り戻せ

公用語ベルギー語、日本語、ユダヤ語
首都イスラエル
元首ベアトリクス女王
政治国家憲兵制
建国ドイツより
通貨ゴッホ

和蘭陀(おらんだ)とは、ヨーロッパっぽい名の日本列島に位置する国の名前である。国鳥はウミネコ、国花はマリファナである。所在地については長崎説、三重説、千葉説の三説があげられているが、現在においては長崎説が有力である。「ネーデルランド」(低い土地)という正式名称が現すとおり、標高も民度も低い。欧米の各国からは「地球温暖化が進んで海面が上昇したら一番最初になくなる可哀想な国」、と憐れまれている。でもオランダ人によると「ジャップ共よりは教養もあるし豊かな生活送ってる」だそうなので、おそらくオランダには日本のMoeに匹敵する刺激的な素晴らしい文化があるのだろう。

アンポータル 国

目次

1 概略

2 経済

3 名称

4 国際的地位

5 脚注

6 関連項目

概略

元々、スペイン及び神聖ローマ帝国から独立した国であり、阿蘭陀人は伝統的に、極めておおらかである。そのため、キリスト教を禁じた徳川幕府政権下、長崎市内の狭い出島に押し込められながらも日本と交易を行った唯一の奇特な欧州の国家であり、しかも履き心地の悪い木靴を履き、マリファナも吸い放題で、安楽死が奨励され、フリーセックス等売買春も自由で、大麻ブラジャー[1]も着用でき、ハイジがいて[1]、たぶんチューリップが咲いている(マリファナ吸うと特に満開になる)。しかも風車が山ほどある。元祖バブル経済の地であり、かつてはチューリップの球根1個でチーズ工場1軒が運用出来るくらいの価値があったとされるが、バブルがはじけた現在ではタマネギ1個分の価値しかないとされている。

オランダ人の男性は万年不細工ぞろいで、低地だった事も影響して性格もねじ曲がったものも多く[2]、その結果恋人ができないことが発覚し、オランダ政府は恋人対策として、布の人形を作った。この人形の名称を「オランダ妻」の英語読み(Duch Wife)のダッチワイフとして発売された。一説では、上述の出島に押し込められたオランダ人男性の性欲不満を解消するべく徳川家康が発明し、彼等に与えたとするものもある。

現在では、ダッチワイフは、オランダ国家の威信を掛けた主要輸出品目となっているが、近年中国製のオナホールが世界市場を席捲していることから「ミミズ千匹」等日本の伝統的ハイテク技術を導入して、国家戦略として巻き返しを図っている。

重要事項であるが、アムステルダムのアダルトショップで女性店員に「I wanna buy Duch Wife」と声を掛けたところ、露骨に嫌な顔をされ「You wanna buy a doll?」と、質問返しされた。一応意味は通じてはいるようではある。 KLM

世界で一番古い、KLMという航空会社もある。
経済

北部欧州のプロテスタント系の国々に見られる合理主義が徹底されている。んなもんでイギリスといつもイチャイチャしている。貿易大国であり、一人当たりGDPも高い。主要の輸出品はチューリップと風車。アムステルダムに海の男が夜の癒しを求めて娼婦小屋を乱立しまくった。オランダは、感情を超えて判断する以外にも、禁止事項を避けることで、秩序を保つことに成功している国と言えるだろう。ソフトドラッグや安楽死の合法化など、他の国にとっては大いに異論があるようなことでもいち早く制度を導入してきたのは、そうした方が、例えば犯罪抑止に効果があると思考したかららしい。新自由主義を徹底し、移民を入れまくったら国が大混乱してしまった。中でもイスラム系住人が猛威をふるっている。
名称 オランダ

阿蘭陀は「Hollant」に由来するがこれはホラント州のことで国名ではない。日本のことを「Tokyo」と呼ぶのと大差ないが、当の阿蘭陀人は特に頓着していないようである。大らかな話である。

正式名称は「der Nederlanden」だったり「het Nederland」だったりするのでよくわからない。当のオランダ人もよくわかっていない。「Nederlanden」も「Nederland」も一般名詞なので国名にならず、日本を「島」と呼ぶのと大差ない。必ず定冠詞が必要である。もっとも定冠詞をただけの「ザ・島」を国名にしているようなもので、ますます大らかな話である。

結論:正直、よくわからない。
国際的地位 日本人にとってオランダはいじめの対象「悪いのはドイツだ?」
? オランダ について、なまはげ「オランダ」
? オランダ について、オラ

主に日本人に「オラ」という古式ゆかしい一人称があったことを改めて認識させることにも寄与している。

また近年では「オランダ人は折り紙をオランダ」や「俺は足の骨をオランダ」等と古典的なジョークで否定形としても衝かれた。これを使った人物は、アメリカンジョークの権威、デーブ・スペクターであると言われている。

近年の日本人はオランダいじめが激しく、漫画でもオランダ人の戦いを2ページしか書かないという村八分を行っている。
脚注^ スイスのアルプスにかかったブランコでこの地まで行くことができるからである。
^ しかし身長アメリカの一般的なNBA選手より高い。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「オランダ」の項目を執筆しています。アンコモンズに、オランダに関するガラクタがあります。

駄洒落

チューリップ

ハウス名作劇場

トン・コープマン

スケベニンゲン

陸奥五郎王国

トリステイン


 ・話・編・歴 世界の国々ヨーロッパ

西ヨーロッパ :アイルランド|アンドラ|イギリス|オランダ|フランスベルギールクセンブルク
東ヨーロッパ :アルバニア|ウクライナクロアチアセルビアブルガリアベラルーシ|ボスニア・ヘルツェゴビナ|マケドニア|モルドバ|モンテネグロ|ルーマニアロシア(東部分を除く)
中央ヨーロッパ :オーストリアスイススロバキアスロベニアチェコドイツハンガリー|ポーランド|リヒテンシュタイン
南ヨーロッパ :イタリア|キプロス|ギリシャ|サンマリノスペインバチカンポルトガル|マルタ|モナコ
北ヨーロッパ :アイスランドスウェーデン|デンマーク|ノルウェーフィンランド
バルト三国 :エストニア|ラトビア|リトアニア
事実上独立した地域 :南オセチア|アブハジア|コソボ
その他の地域 : アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来

この項目「オランダ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)



更新日時:2019年10月26日(土)02:00
取得日時:2019/11/27 08:22


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:16 KB
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef