エルサルバドル
[Uncyclopedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

…文化[編集]お国柄

治安に関係するあらゆる数字が北斗の拳世紀末救世主伝説を体現しているにも関わらず、世紀末感はなく明るいお国柄である。

このことは「世界幸福度報告」における幸福度ランキングが常時日本よりも上であることからもうかがえよう。治安が悪くてもお金が無くても幸せな国なのである。死体がごろごろ転がっている国より不幸な国日本……

首都のど真ん中ににデカい日本庭園(Parque Saburo Hirao)があるおかげで、日本というアジアの小国を知っている人が多い珍しい国でもある。

日本人が行くともれなく人当たりの良い明るいギャングなアミーゴが増える。こういう人たちはカタギには手を出さないので、変わった友人が欲しい方には是非おす 7bcc すめしたい。

ただし「ププサ(Pupusa,後述)」をうっかり「エルサルバドル風トルティーヤ(Tortilla Del Salvador)」と言うと拷問を受けた上に殺されます。
言語
スペイン語

公用語はスペイン語であるが、挨拶は「Hola」や「Chino」、「Chinito」でなく「Allo」である。ヒスパニックにあるまじきこの挨拶は、エルサルバドル人と結婚した星の王子さまの作者がフランスから持ち込んだものである。

ギャングばかりの国であるが、スペイン語は概して綺麗である。これはスペイン人の同化政策が徹底されていて少しでも変な言葉を話すとブッコロされた上にXXXXXされたからである。
マヤ諸語

マヤ諸語はマヤ系住民にすら通じない。マヤ語留学は諦めよう。
ピピル語(Nawat Pipil)

ピピル語は、スペインに侵略される前にエルサルバドルの地に存在した、クスカトラン王国での共通語。アステカ人が使っていたことで有名なナワトル語の方言である。
「ピピル」というのはナワトル語で子供という意味で、これは他のナワトル語話者(というかアステカ人)から「ガキっぽく聞こえる方言」と言われていたからである。
しかたねーだろ。マヤ系住民の共通語にわざわざアステカ人の言葉を使ってやってるんだ。むしろ感謝するべきなのはアステカ人側なのではないか。
一種の蔑称であるが、話者が少なくなった現在は誰も気にしない。一応、気にするなら「クスカトラン語」と言っても良い。
エルサルバドルの地名のかなりの部分がピピル語由来である。話せる人?いるんじゃないかな?
レンカ語(Lenca)

レンカ語とは、スペインに侵略される前にエルサルバドルの地に存在した、レンカ共同体での共通語。マヤ系でもアステカ系でもない、チブチャ系の言語である。なお、レンカ共同体は王国ではなく集団指導体制だったらしい。
ピピル野郎どもとは仲が悪かったが、スペイン人の都合によりニコイチされ一緒の国になりました。話せる人?いると思うよ?
祝祭

首都サンサルバドルでは「火の玉祭り」という、街中あちこちに放火するお祭りが毎年の伝統行事となっている。これができるのはエルサルバドルの家が石でできていて火事の心配がないからである。
食べ物

トウモロコシ文化圏の国であり、ププサと呼ばれる独特の国民料理がある。ププサはエルサルバドル風トルティーヤというとエルサルバドル人が激怒する点など、広島風お好み焼きと極めてよく似ている料理である。飲食店でププサを食べるときはテーブルの上にある野菜の酢の物はタダなのでいっぱい乗っけて食べよう。なあに、何もおこりゃしない。

ショッピングモールにはたいてい寿司屋があるがコメの炊き方は良くないことが多い。コメを食べたかったら中華料理店に行こう。
天候

日本同様地震国であり、度々地震に襲われる。それだけでなくハリケーンまで襲来する。日本と違って国力が脆弱なので地震やハリケーンで受けたダメージからなかなか立ち直れず、災害が起こるたびに失業者と生活困窮者が増大して治安の悪化が促進されるという負の螺旋に陥っている。中米にかつて繁栄を誇っていたアステカやマヤ文明を参考にして、エルサルバドルの人々は時折社会の役立たずとなった老人や障碍者を人柱として奉げているがそんなことをしても焼け石に水である。
産業

他の中米同様コーヒーやバナナが主要な産業だが、工業の発展も著しく、GDPはコスタリカ、パナマに次いで中米三位である。

しかし、この国の産業を一番潤しているのは麻薬とギャングである。600万の国民の内、半分ぐらいがギャングに所属している。なぜかというと真面目に堅気で働いても低賃金で利益は欧米の先進国に搾取されるだけなので、ギャングやマフィアになった方が実入りが良いからである。
治安

結果として、エルサルバドルはギャングの草刈り場となっており、ホンジュラスに次いで世界で殺人率が二番目に多い国の名誉を有難く頂戴している。ホンジュラスは隣国であるため、そこからならず者が侵入してくることもあり、二国間で仲良く治安の悪化に貢献し合っている。比較すれば、エルサルバドル全土のあらゆる地域よりも、ヨハネスブルグの方が治安が良い。

だが最近ではベネズエラの殺人率が急上昇してきており、二位をキープするのが難しくなってきている。
国名

スペインの植民地だったのでスペイン語に国名は由来している。「El Salvador」の「El」は、冠詞であり、「Salvador」は「救世主」という意味である。日本では「救世主国」などと呼ばれたりする。しかし、悪化の一途を辿る治安、拡大する格差、跳梁するマフィアやギャング、度々襲うハリケーンや地震などを考慮すると……。

この国はむしろ救世主を必要とする国である。
関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エルサルバドル」の項目を執筆しています。

ブラック・ジャック:238話並びにOVA「サンメリーダの梟」参照。


 ・話・編・歴 世界の国々(南北アメリカ)

北アメリカ :アメリカ合衆国カナダ
中央アメリカ :エルサルバドル|グアテマラコスタリカニカラグアパナマ|ベリーズ|ホンジュラスメキシコ
西インド諸島 :アンティグア・バーブーダ|キューバ|グレナダ|ジャマイカ|セントクリストファー・ネイビス|セントビンセント・グレナディーン|セントルシア|ドミニカ共和国|ドミニカ国|トリニダード・トバゴ|ハイチ|バハマ|バルバドス
南アメリカ :アルゼンチンウルグアイ|エクアドル|ガイアナコロンビアスリナムチリパラグアイブラジル|ベネズエラ|ペルーボリビア
海外領土・自治領・その他の地域 :グリーンランド
その他の地域 : アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来


更新日時:2019年10月8日(火)23:03
取得日時:2020/07/08 19:25


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:17 KB
出典: 悪質なデマサイト『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef