エボラ出血熱
[Uncyclopedia|▼Menu]

この項目には、グロテスクな記述が含まれています。
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


エボラ出血熱(Ebola hemorrhagic fever)とは現感染症法で一類感染症に指定されている感染症であり、感染したときの致死率は50?89%と非常に高い、ウイルスが解析されるまでその激しい症状から萌死の一種と考えられていた。
目次

1 概要

2 治療法

2.1 火炎放射器で消毒

2.2 液体窒素にダイブ

2.3 ドラえもんになんとかしてもらう

2.4 死の直前にtウイルスを摂取する


3 その流行

4 脚注

5 関連項目

概要 エボラ出血熱で死亡した人

初めてこのウイルスが発見されたのは1976年6月のスーダンのヌザラ(Nzara)という町で、倉庫番で仕事をする最中、過激なエロ本を読んでいた男性が急に39度の高熱と頭や腹部に痛みを感じて入院、その後消化器や鼻から激しく出血し、ついに「ばわ!」と一声叫ぶと体がはじけ、トマトソースのような状態となって死亡した。

その後の調査で彼の家にはXXXXXが多数発見されたため、萌死したものと思われていた、よくあることである。しかし患者の血液分泌物排泄物や、唾液などの飛沫が感染源となり多くの人々が同様の症状で死んでいったため、新たな感染病として認知されるにいたった。名称は始めはエロ出血熱(Elo hemorrhagic fever)と呼ばれていたが、学者の多くが綾波レイの信者であったため次第にエヴォロ出血熱と呼ばれ、最終的にエボラ出血熱に落ち着いた。[要出典]
治療法

今まで有効な治療法は発見されなかった。しかし、2008年東京大学医科学研究所の大木戸幸成教授が生物兵器ポケモンを研究している際、偶然に治療法を発見した。これは英国の科学雑誌ネイチャーに掲載される予定であり、これを発見した大木戸教授にはノーベル殺人賞と賞金-156億万円が贈与される予定である。以下は彼の発表した治療法である。
火炎放射器で消毒

確実にウィルスを殺すことが出来る数少ない方法。ただ、患者が快方に向かうかはお察し下さい
液体窒素にダイブ

これを行えば確実に症状の進行を止めることができ、自らの体を未来へと保存できる、ちなみに、ウォルト・ディズニーも液体窒素に入浴するのを好んだという。

ただ、自らの体と共にいつまでもエボラウイルスを保存してしまうことが欠点である。
ドラえもんになんとかしてもらう

最も確実な方法である。22世紀まで命が持てば治してくれるかもしれない、ただ、本当の22世紀があなたの思う22世紀とは違う方向に進む可能性は否定できない。
死の直前にtウイルスを摂取する

摂取することにより、ガンガン体が活性化し、病気も怪我もなんのその、生まれ変わったような気分になれることは請け合いである。

しかし、多くの場合食生活の変化や、知能の低下を伴ってしまうのでウェスカー以外すべきではない。
その流行

2002年、ゴリラに大流行。2005年までに5500匹ものゴリラが死亡した。これにはあのD・K氏も「まさか俺も…」とびくびくしていたそうな。またこの大感染の影響で二シローランドゴリラが赤い本に載ったのは言うまでもない。2007年にはフィリピンにて養豚場のブタが次々とひでぶっ!と叫んで死亡した。2008年ではコンゴ共和国にて死亡率50%[1]という異例の記録をたたき出した。しかし2014年、西アフリカで死者2000人越の大規模な感染により、WHOはコレはヤバいと非常事態宣言を出した。しかし隔離部屋がないものであっちいけよ!といってもどうにもならないのが現状である。
脚注^ 32人感染14人死亡。改めてこのウイルスが恐ろしさを思い知らされた数字だろう。



関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エボラ出血熱」の項目を執筆しています。

デング熱

ノロウイルス

インフルエンザ

もやしもん

この記事「エボラ出血熱」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)



更新日時:2018年11月8日(木)11:36
取得日時:2019/07/18 06:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:9774 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef