エビデタイ
[Uncyclopedia|▼Menu]

エビデタイとは、「エビデタイを釣る」ということわざでのみ知られる謎の生物のこと。学名、俗名等は不明。漢字ではどう書いたらいいの?
目次

1 概略

2 疑問点

3 その他

4 トリビア

5 余論

6 関連項目

概略

エビデタイという生物については不明な点が多い。学名、和名も不明。他国の言語にも無いが、エビデタイという言葉は日本でのみ知られており、日本のどこかの方言ではないかとする説が有力である。

名称からの一種と考えられる。一説によると、恵比寿様が持つ鯛がエビデタイではないかと言われる。あるいは、全くの架空の生物ではないかとする説もある。

「エビデタイを釣る」は「小さな投資で大きな利益を得る」との意味であるが、200種類以上知られるタイ(タイ科ではないが和名に「タイ」がつくものを含む)には「容易に捕獲できるにもかかわらず大きな価値を持つ」ものは無い。現在ではタイと呼ばれない生物を、過去においてタイと呼んでいたのではないかとする説もある。
疑問点

エビデタイの存在には疑問が多い。市場原理を考えれば、容易に捕獲できれば供給過剰で価格が下がり、高価であることは供給不足とほぼ同義であるから容易には捕獲できないはずである。この問題点について、以下のような説が唱えられている。
実は容易には捕獲できない
例えば、金銭的な投資は少ないが多大な労力を要する、などの説。ただし、この説では「エビデタイを釣る」のことわざにつながりにくいという問題がある。
特殊な技術を要する
捕獲するためには特殊な道具や技能、知識を要求されるとする説。それらを身につけた「エビデタイ釣り」には容易であるが、そうでなければ捕獲できない。そしてエビデタイ釣りたちは、自分たちの利益のために技術を門外不出としたのである。この説も「容易に捕獲できる」ということわざのイメージとはかけ離れている。
捕獲が特定集団にしか許されない
特定の特権を持った集団にしか捕獲が許されていないとする説。この説が最も理解しやすい。またこれは、下記の「需要が特殊である」とする説と一部重なっている。
需要が特殊である
エビデタイは日常の食用には供さないが、何らかの機会に高額で取引されるとする説。例えば、神事の供物としてしか使用しない、高い地位の者が何らかの行事(例えば元服や結縁のような重要な行事)でしか使用しない、などである。もっとも、この場合、誰がエビデタイを捕獲するのか、という点で争いが起きる恐れもある。捕獲権の売買のような形態となれば、もはや「容易に捕獲できる」とは言えなくなる。
食料としての価値が高い
エビデタイ自体の金銭価値は低いが、食料として有用であるとする説。例えば、非常に美味である、極端に栄養価が高い、食用にできる部分が特に多い、などである。このため、釣り上げた人自身が食べることで食費を節約できる。この説は、これに該当する魚類が知られていないという問題点がある。
他の説
エビデタイが全くの架空の生き物であれば、こうした問題は無いとする意見もある。

いずれにせよ、上記のどの説も該当する風俗等は知られておらず、想像の域を出ていない。今後の調査が待たれる。
その他

エビフライと名前が似ているが別物である。
トリビア

もとは、「大きな利益を得るためには相応の投資をしなければならない」の意であった、とする説がある。また、恵比寿天がことわざの由来そのものである、とする説がある。
余論

一部マスコミなどで「海老で鯛を釣る」とする用法がみられるが、これは明らかな誤用である。タイなどの東南アジア諸国で日本向けのエビ養殖のため、マングローブの森が破壊されている問題について、一部の環境保護運動家らが、「エビデタイを釣る」ということわざに掛けて「エビでタイ(の利権)を釣るな」というキャッチフレーズを大々的に宣伝したことからこのような誤用が定着したものと考えられる。もちろん、「タイ王国」と魚の「鯛」は一切無関係である。
関連項目

架空の生物


生物

ことわざ

雛祭り

バレンタインデイ

この項目「エビデタイ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2019年5月9日(木)15:11
取得日時:2019/10/23 21:38


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5650 Bytes
出典: へっぽこ実験ウィキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef