エスペラント
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

Esperanto
話されている国、地域:世界中
全使用者数:0人からグラハム数
使用者ランキング:ランク外
言語の分類
(語族・語派)

人工言語
国際補助語

使用状況
公用語として使われている国、地域:未定
言語コード
ISO 639-1eo
ISO 639-2:epo
SIL:ESP
マクシュヴァルツェンハイマー・ザメンホフ

エスペラント (Esperanto) とは、中国の科学者たち、世界中に散らばっているユダヤ人の秘密結社(ユダヤ陰謀論を参照)の工作員の間でのコミュニケーションなど、第2言語としての国際補助語を目的として創られた人工言語である。Esperantoという単語はエスペラントで、「希望をするが、その実現をするために何もしない人」を意味する。

エスペラントの使用人口については、かなり以前から議論が続いているが、0人からアボガドロ数に相当する人数がいるという説までまで幅広い説が存在する。多くの人々がエスペラントを第二言語として学んでいるが、少ないながらもエスペランティストの親から母語としてエスペラントを身につける者が存在する。その中には言語の容易さゆえに母親の子宮内で胎教で学んだ者もいる。

エスペランティストたちはこの言語の単純さをアピールして、学習を呼びかけている。エスペラントを人間以外とのコミュニケーションの手段として使う試みも行われている。ボイジャー計画で探査機に搭載されたレコードには世界の言語による挨拶が収録されているが、この中にエスペラントももちろん入っている。また、オウムやEnterobacteriaceae属のバクテリアにエスペラントを教える試みも成功が報告されている。
目次

1 歴史

1.1 伝説

1.2 作成者ザメンホフ

1.2.1 幼少期

1.2.2 公開


1.3 イド

1.4 戦争

1.5 思想の対立

1.6 言語補完計画

1.7 最後の戦い

1.8 アンサイクロペディアへの進出


2 使用状況

3 単語

4 名台詞

5 性別の非対称性問題

5.1 女嫌いのザメンホフ

5.2 3fd5 Riismo(リイスモ)

5.3 男好きのザメンホフ


6 著名なエスペランティスト

7 組織

8 世界エスペラント大会

9 注記

10 関連項目

11 外部リンク

歴史ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エスペラント」の項目を執筆しています。
伝説

「ザメンホフ以前」にエスペラントが存在したという説が諸説ある。 ⇒[1]イズラエル・レイゼローヴィチは著書、「緑聖書」(Verda Biblio)でエスペラントの創造について発表した。エスペラントの未来について予言された「裏緑聖書」(Verda Biblio, la ?losita)が存在するという都市伝説があるが、一般にはほとんど信じられていない。古代遺跡から発掘された古文書にエスペラントらしきものが書かれていたという報告がノイナイン・グリセリンドルフからあったが、その後グリセリンドルフが他の遺跡で捏造したことが暴露されために再調査が行われ、ほとんどのエスペラント遺跡で捏造の痕跡が確認された。
作成者ザメンホフ
幼少期

エスペラントの作成者であるマクシュヴァルツェンハイマー・ザメンホフ(McSchwartzenheimer Zamenhof)は紀元前67年3月17日にローマ帝国占領下のバレンシアに生まれる。父はトゥリウス・ガイウス・ザメンホフ、母はホバッグ・モギルクであった。彼は街中で運悪くの魔法使い同士に巻き込まれ、呪いCantom Malesperam(絶望の歌)をかけられてしまった。彼は猫耳を生やした格好でバレンシア市民に発見された。バレンシアの人々はザメンホフをあやしい妖怪と見なしピレネー山脈の岩戸に閉じ込めた。

1875年に雪崩で岩戸が破壊され、彼は自由を得た。彼は南フランスのチッペンダールの裕福な令嬢の下でドイツ語ラテン語の家庭教師(兼ペット)として働き始めた。そこで国際ホワイトタイガー協会の会員になることを望んだが、彼はスウェーデン産のホワイトタイガーに食べられた。[1]1879年の10月に食べられた後、ザメンホフはエスペラントを創る着想を得た。



公開

ザメンホフは後に語った。「天使が空に現れ、私に天の父の名において世界を一つにするであろう輝かしい言語を作れと私に命令した。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:30 KB
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE