エコバッグ
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マイバッグ運動」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レジ袋」の項目を執筆しています。ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レジ袋税」の項目を執筆しています。

エコバッグとは、小売店で商品を購入した際に、その商品を入れて持ち運ぶために店から提供されるプラスチック袋(レジ袋)の代用品として、商品を入れて持ち運ぶために客が持参する袋のこと。資源の無駄使いをやめたりゴミを減量したりなどの身近にできる環境保護活動の一環(ということになっている)として急速に広まっている。
目次

1 愛用者の実態

2 問題点

3 正しい使い方

4 関連項目

愛用者の実態

とはいえ、エコバッグを愛用している人間の大半は、有名タレントの「エコバッグいつも持ってます」という好感度アップ用の発言に影響されたとか、杉並区在住であるとか、レジ袋を断ると押してくれるスタンプ(たいていの場合、? 4da8 ?山集めると金券や粗品がもらえる)を集めているとか、有名ブランドがイメージアップのために安い値段で出したエコバッグをそのブランドのものとしては格安だから買ったとか、そういう理由がほとんどである。ちなみに、残りの理由については後述。
問題点

そもそもレジ袋はただゴミになるのではなく、「ゴミ袋」「汚れ物入れ」としてリユースされているケースがほとんどであり、レジ袋を断った人は、わざわざお金を出して別にゴミ袋を買わなければならないのだ。また、タレントの影響やブランドものという理由でエコバッグを持っている人は、流行によってエコバッグを次々に買い替えることが指摘されている。結局のところゴミの減量にも資源の節約にもあまり(というかほとんど)寄与していないというのが現状なのである。…と、ここまでは頭の固い事典にも同じようなことが書いてある。

さらに言えば、実は「買ったものを店の袋に入れる」という行為には、持ち運びの他にも重要な意味があるのである。すなわち、「会計済みのものとそうでないものを区別する」という機能である。「大きいバッグの持ち込みお断り(店鋪入口で強制的に預けさせられる)」な商店が現実に存在するように、客が好き勝手な袋で商品を持ち歩いていたら万引きに対するセキュリティの面で問題が起きる。つまり、前述した「残りの理由」とは、「万引きがやりやすい」なのである。このことは逆に言えば、客の側にも「万引きに間違われるかも」というリスクがあるということでもある。
正しい使い方
レジ袋を通常通り受け取る

買った品物をレジ袋に入れる

レジ袋ごと持参のエコバッグに入れる

持ち帰る

これで、「せっかくの大事なエコバッグがよごれちゃった」「万引きと間違えられた」「ゴミ袋を買わなきゃいけない」などの問題は回避できる。スタンプは押してもらえないかもしれないが、上記の問題が解決できるのだからたいしたことではない。
関連項目

リサイクル

My箸

Myボトル

割り箸

レジ袋

この項目「エコバッグ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)


更新日時:2016年11月10日(木)21:43
取得日時:2019/10/19 06:52


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:5664 Bytes
出典: へつぽこ實驗ヰキ『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef