エクストリーム・謝罪
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Uncyclopedia|▼Menu]
秀逸な記事

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。

このエクストリーム・謝罪は顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

エクストリーム・謝罪は、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。
ウィキペディア専門家気取りたちも「エクストリーム・謝罪」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。 すまない! TOKIO乙!→ごめんなさい! 盗撮は良くない。 3fd9 戦いを制した証として発行される。

エクストリーム・謝罪(えくすとりーむ・しゃざい)とは、プレイヤー自らが作成したストーリーに従って、他者に迷惑をかけ、でっちあげの会見でどのくらいの怒りや顰蹙(ひんしゅく)を買えるかを競うエクストリームスポーツ。全世界で行われている。詫びや寂びなどの不必要な要素を排除してエクストリームスポーツ化された。 あな、わびし。
目次

1 概要

1.1 参加資格

1.2 予選

1.3 決勝ラウンド

1.4 敗者復活

1.5 最終決勝


2 歴史

3 用語

4 主な技の名前

5 ゲームの関係者

6 主な名プレイヤー

7 歴代優勝者

8 輝かしい記録

9 課題

10 近年の大会状況

11 脚注

12 関連項目

概要
参加資格

企業であれば、一般的には所属企業を上場させ、株価の安定等で一般人に信頼感を与えれば参加資格を得る。たとえ上場しなくても、知名度等の一定基準を満たせば参加できる。国の省庁の場合は、国会に法律を提出し、一般人の注目を受ければ参加できる。共産圏の企業は、当局の許可により参加資格を得る。
予選 美しい土下座の例

例えば乳業メーカーなら細菌を混入させたり、自動車メーカーなら走行中にタイヤが外れたり急加速したり車体が燃えたりする設計にする、鉄道なら猛スピードで脱線させマンションを破壊する、化学工業企業なら海や川に重金属を垂れ流す、菓子メーカーならチョコレート菓子に蛾を入れる、料亭なら消費期限を偽装し残飯を客に出す、電力会社なら発電所を爆発させて周辺の住民を長期にわたって避難に追いやる、焼き肉チェーン店であれば要加熱の肉をユッケにする、建設会社であればマンションに使う杭の長さをわざと短くする、広告代理店であれば社員を過労で自殺させる、スマートフォンメーカーであればスマホを発火させてやけどを負わせるなどの演技を損害点に換算して競う。得点は者がでれば10点×人数、重体は7点、重傷は5点、軽傷は1点とそれぞれの演技結果に応じた得点配分となっている。これに株価の急落ポイントを合計し、一定のポイントを得られれば決勝ラウンド進出となる。予選突破のためには相当の大惨事を引き起こす必要があり、ただの失言・不祥事・事件では決勝進出にはとうてい及ばない。
決勝ラウンド いよいよ決勝ラウンド!

ここではでっちあげの謝罪会見を行い、一般世論をどの位怒らせる事ができるかを競う。自分のしでかしたことを棚に上げる、あるいは開き直るなど難易度の高いものほど得点が高い。ミスの処理を長引かせるのはもはや定石である。不都合な事実は隠蔽か、小出しに発表すれば得点が高く出る。トップは出来る限り責任を取らず逃げ回る、責任者の大胆な処分は行わない、などのテクニックもある。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション]
[Wikipediaで表示]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしUncyclopedia]

Size:112 KB
出典: フリー誤報百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:FIRTREE