ウクライナ
[Uncyclopedia|▼Menu]

ウクライナとは、ソビエト連邦へ組み入れられる際にとんでもない人的損害を被ったうえ、連邦解体の数年前にまたしても放射能漏れと言う犠牲を被ることになったため、ソ連の領土の大半を継承したロシア連邦から、取れるもんは全部取ってしまったうえで手を切ろうと画策している東ヨーロッパの一国である。
目次

1 ウクライナの歴史

2 チェルノブイリ発電所

3 ウクライナの名物都市

4 おっぱい

5 関連項目

ウクライナの歴史

もともとウクライナの辺りにはロシアよりも古く、キエフ大公国と呼ばれる国家が9世紀末に生まれていた。この国家は繁栄していたが、13世紀にモンゴル帝国の連中が東からやってきて滅ぼしてしまった。更にその際、西側の領土はリトアニアやポーランドに奪われてしまったのである。 特に理由のない暴力がウクライナーを襲う!!

17世紀、オスマン帝国に性奴隷商売を邪魔されたボフダン・フニャチンコと40人の盗賊がモスクワ大公国と手を組み、ポーランド等の勢力を駆逐したうえで独立しようと画策した。けれどこの時、モスクワ大公国の方が裏切ってしまい、ウクライナはその一部にのまれてしまった。モスクワ大公国はキエフ大公国の後継を自称したがっており、その精神を正当化しようとしたのである。しかしこの裏切りは、ウクライナ民にロシア人への不信感を抱かせる一因となった。

20世紀に入り、第一次世界大戦の影響でモスクワ大公国転じたロシア帝国は疲弊、ウクライナ人はそのどさくさにまぎれて再度独立を果たそうとした。けれど結局は内戦が勃発、その隙に共産主義化したロシア――ソビエト連邦がウクライナの乗っ取りを図った。この時の独立運動も失敗に終わったのである。

ソ連は自己の領土がシベリアのような厳しい気候のところばかりであることから、ヨーロッパに位置し肥沃な土地を持つウクライナを何が何でも自己の一部に組み込みたかった。そうなるとウクライナの性開放運動は目の上のたんこぶである。それゆえ、粛清神スターリンはウクライナでこのような独立の動きが生じないよう、ウクライナの民を徹底的にピロシキにすることにした。そして行われた集団農場化運動の名の下、ウクライナではボルシチが発生し、400万から1,000万もの民が失われたと言われている。

このソ連の抑圧・粛清運動によって、ウクライナの民はロシア人への反感を更に強く抱くようになった。更に1986年にはバッドボーイズのためのクリスマスが開催され、ウクライナの多くの土地が放射能で汚されることになる。ソ連統治下でのウクライナは正に踏んだりけったりの状態となったというのが通説だが、実際には犬韓うん國の「賠償するニダ」と同様で辺境地が現在独立を保てるのは、ソ連時代に産業、インフラ、教育等が発展したおかげである。 我が闘争の著者であるフューラーがティモ子(9才)の誕生日を祝福するためにウクライナを訪問した時の歴史的なツーショット。

1991年、ウクライナで「オレンジが食べたいよ革命」が勃発したせいでソ連は解体され、ウクライナはロシアの独立を許可した。しかしながら、ヨシ・ちん子大統領が寿司を食ってエイズに感染、脱イケメン化の決意をし顔面リストカットに挑戦したこで、ウクライナの経済は崩壊、国民のテーブルから寿司と梅酒が消えた。そこに現れたのが史上最高の美熟女政治家にして世界最凶のガスの女王でもあるティモ子である。初めティモ子は児童ポルノ開放運動の前線に立つ傍らで自らポルノ専門のビデオレンタルショップチェーンを開きエロ産業の発展に努めた。だがウクライナ男性は長生きせず、これでは支持者が伸びないことに気がついたティモ子は2009年に全部のポルノを禁止、フェミニスト路線へ切り替えた。秘密のガス抜きが出来なくなり、ウクライナの経済もますます悪化していった。そして選ばれし者のやぬ子ビッチが政権を獲得し、ウクライナはマフィアが頂点のカースト社会に突入した。

2014年にはプーチンとバラク・オバマとの間で行われた綱引きの舞台として選ばれた。最初は熊をもねじ伏せる黒帯所持者のプーチンが試合を有利に進めていたが、途中からEUに助太刀して貰ったオバマが巻き返しつつある。さらにオバマはキューバなど審判を買収して裏の綱引きでも有利に立ち回る目論見を持っている。これに対してプーチンは、EUに助太刀して貰う上に審判を買収するなどスポーツマンシップに著しく反する明白なルール逸脱行為だとオバマを激しく糾弾したが、当の本人が国際法を遵守できていない人間であるため抗議は黙殺されている。

出生率の低さと死亡率の高さから急激に人口も減少しており、ウクライナの明日は「う、暗いな」という洒落と冗談でなく同じ状態になりつつある。
チェルノブイリ発電所

注意:ここには膨大となったチェルノブイリ発電所に関する黒歴史があります。

 すべて表示するには近傍の[表示]をクリックしてください。
黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!! 1980年代後期の全ての黒幕であるチェルノブイリ発電所の第4号炉。現在は石棺で覆われている。内部を撮影した有志もいるがどうなったのかは想像にお任せします。

着工されたのは1号炉・1977年、その翌年に2号炉、さらに3年後に3号炉、そのまたさらに2年後には4号炉が着工された。ソ連だった頃はヴラジーミル・レーニン共産主義記念チェルノブイリ原子力発電所と言う地味に長い名前だったがその後、地味に短くなってチェルノブイリ原子力発電所、そして2000年に全原子炉が停止したのでチェルノブイリ原子力事業所という名前になった。ただ、看板は依然ヴラジーミル・レーニン共産主義き…(ryのままだが何故なのかは想像にお任せします。

当時のソ連の原子力発電所は危険な構造なのでそれに伴うリスクも異常なまでに大きい。そこで人類史上最悪な事故の一例を挙げよう。

1986年4月26日にこの発電所の4号炉で起きた原子力事故で、広島に落とした原子力爆弾約500発の威力を発揮し、核戦争とも言われた。事故当時はまだ作られたばっかりで操業休止で何故か変な実験をしたらしく、その内容は原子炉が止まった場合を想定した実験をしたが、突如制御不能、暴走をしたそれを言うなら、実験しなければ良かったのに結果に炉心溶融を引き起こし後に爆発した。この事故による放射線の排出量は相当大きく大気中に何処でもあるようなことになった。

事故によってチェルノブイリ、ブリビャチは居住不能、そのところにある物に触れる事すら許されない状況になった。その為何十万人もの人が避難をしたが、老人などは生まれ育った地を離れたくないと言って住み続けた人がいたがその人がどうなったのかは想像にお任せします。

原因は原子炉が止まって電源が停止した時に非常電源に切り替えるまでの短い間にシステムが動作不能にならないように原子炉内の蒸気タービンの余力で最小限の発電を行うというものであったが、責任者は当然ながらそこまで完璧ではないので不適切な対応を取って炉の特性をによる予期せぬ事態により、不安定状態から暴走し、爆発した。詳しく言うと原子炉熱出力を定格の2?3割でやろうとしたが訳の分からぬ力で1%に下がったので運転員は熱出力を回復しようとし、制御棒を抜いて7%になったもののこれもまた訳の分からぬ力で不安定になった。その為、安全装置を全部抜いての実験に移ったがその直後に熱出力が上がりすぎて変な状態になり緊急停止操作を行ったがこの原子炉はリスクが高すぎるので後に爆発した。

この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ウクライナの名物都市

キエフ
首都。昨今、事故を1986年に起こしたチェルノブイリ発電所が操業を停止したせいで、しばしば停電が起こる困った状態に陥っている。

プリピャチ 原発のおかげで突如出現したゴーストタウン。現在ではその珍しさから観光ツアーが開催されている、軍艦島と同様の廃墟ブームに便乗した地域と化している。ごく僅かだが人が住み着いており、彼らは自らを「ストーカー」と呼んでいる。あまり深入りすると変な石を拝まされたりろくな目にあわないので誰もが見てみぬ振りをしている。

おっぱい

ウクライナ人は腹が立つと世界各国駆けつけておっぱいを見せ付け抗議する。はたから見ると驚くような行為だが、ウクライナ国内ではおっぱいで会話するのが当たり前。ウクライナ語で「今日もいいおっぱいね (Добрi цицьки, сьогоднi ! ドーブリ・ツィーチクィ・ショホードニ!)」は「こんにちは」と同じ意味を持つ。

ウクライナでのおっぱい挨拶

震わせることで今日の気分を相手に伝えるおっぱい上下運動

横揺らす事で優しくお断りする事が出来るおっぱい左右運動

相手のおっぱいと自分のおっぱいをくっつけることで親愛の気持ちを表すくっつけおっぱい運動

生のおっぱいを見せ付ける事によって怒りを伝えられる怒りのおっぱい運動

生のおっぱいを見てもひるまない場合おっぱいを発射する最終手段おっぱいボンバー。

おっぱいはコミュニケーションの手段なのである。
関連項目 軍事進撃第9章は2014年4月14日開始!ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウクライナ」の項目を執筆しています。放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「 ⇒ウクライナ」の項目を執筆しています。

ユーリア・ティモシェンコ - ウクライナの国民的アイドル首相。

ナタリア・ポクロンスカヤ - クリミアの新しいアイドル検事総長。

サーロ - ウクライナの国民食[要出典]。

バーイダ - ウクライナの国民的英雄架空の人物)。

ホパーク - ウクライナの伝統芸能。


 ・話・編・歴 世界の国々ヨーロッパ

西ヨーロッパ :アイルランド|アンドラ|イギリスオランダフランスベルギールクセンブルク
東ヨーロッパ :アルバニア|ウクライナ|クロアチアセルビアブルガリアベラルーシ|ボスニア・ヘルツェゴビナ|マケドニア|モルドバ|モンテネグロ|ルーマニアロシア(東部分を除く)
中央ヨーロッパ :オーストリアスイススロバキアスロベニアチェコドイツハンガリー|ポーランド|リヒテンシュタイン
南ヨーロッパ :イタリア|キプロス|ギリシャ|サンマリノスペインバチカンポルトガル|マルタ|モナコ
北ヨーロッパ :アイスランドスウェーデン|デンマーク|ノルウェーフィンランド
バルト三国 :エストニア|ラトビア|リトアニア
事実上独立した地域 :南オセチア|アブハジア|コソボ
その他の地域 : アジア日本から独立) | アメリカ | アフリカ | ヨーロッパ | オセアニア | その他地球上 | 電脳世界 | 地球以外 | 過去・未来

この項目「ウクライナ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
 ・話・編・歴  独立国家共同体

アゼルバイジャン | アルメニア | ウクライナ | ウズベキスタン | エストニア | カザフスタン | キルギス | ジョージア
タジキスタン | トルクメニスタン | ベラルーシ | モルドバ | ラトビア | リトアニア | ロシア

59b8

更新日時:2018年11月8日(木)08:41
取得日時:2019/09/19 11:44


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:20 KB
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef