ウォンバット
[Uncyclopedia|▼Menu]
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウォンバット」の項目を執筆しています。

ウォンバット(Wombat)とは、鼻ペチャカンガルーである。
目次

1 概要

2 生態

3 害獣

4 脚注

5 関連項目

概要 鼻がキュートである。

有袋上目(Marsupialia)カンガルー目[1](Diprotodontia)ウォンバット科(Vombatidae)に属する哺乳類の総称で、その語源はアボリジニの言葉で「潰れた(or醜い)鼻」を意味する形容詞。白人がやって来るまではオーストラリア大陸にがいなかったため、「ペチャ鼻」と言えばこのウォンバットを指す言葉として事足りたのであった。

また一説には「コウモリ殺し(Won Bat)」という俗説が当時大陸に渡来したばかりの白人コミュニティの間に伝わっており、きっとこの悪魔よりも醜悪な生き物がコウモリを食い殺しているに違いない、という迷信によって名づけられたとするものもあるが、いかんせん信憑性が低く(そもそもウォンバットは草食性である)、おそらく退屈な開拓民たちが暇潰しに作った物語の一つに過ぎないとされている。
生態

体長は約70?110cm(うち尻尾は約25?60cm)、体重は約19?33kgと非常にずんぐりむっくりした体型が特徴である。夜行性なので昼間はたいてい巣穴に引き篭もって寝ているものの、どうしてもお腹が空いた時にはしょうがない(誰も餌をとってきてくれない)から曇りの日を見計らって食糧を探しに出ることもある。草食性なので植物なら何でも食べるかと思いきや、意外と選り好みが激しい(硬い樹皮や枯れ草などはあまり好きじゃないようである)ため、食糧探しがままならない事もしばしばである。また、頑張れば短距離(約10mほど)なら時速40km/hくらいで走ることが出来るが、すぐにバテテしまう。その上、助走に20m、止まるのに20mほど無駄に(しかも直線で)走る必要があるため、その能力が発揮できることはほとんどない。
害獣 注意現在「ウォンバット」は絶滅防止のために駆除および狩猟を禁止されています。どうしてこうなったのかは、こちらを見ると解るかも知れません。また、駆除および狩猟を解禁してほしいときは、オーストラリア野生動物保護局にご相談下さい。 快適なドライブを邪魔する事も。

また、悪気はないのであろうがウォンバットの掘った巣穴にトラクターやなどの家畜が落ちるといったうっかりミス被害から人間によって一方的に害獣として指定されてしまい、一時は徹底的に駆除された結果、絶滅が危惧されたため保護動物に指定されるまでに個体数を減らされてしまった。が、案外図太い彼らは今日もオーストラリア大陸の片隅やタスマニア島の一部で、ゴソゴソと元気に生きているのであった。
脚注^ 一説には「フクロネズミ目」だが、学名はどちらも同じ(Diprotodontia)である。

関連項目



有袋目

オーストラリア

タスマニア
37a0

更新日時:2011年1月2日(日)17:23
取得日時:2019/08/24 20:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:6245 Bytes
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef