ウィキペディア宇宙語版
[Uncyclopedia|▼Menu]
ナニモノかがウィキペディアに「ウィキペディア宇宙語版」の項目を執筆しましたが、要出典厨削除厨の暗躍により削除されてしまいました。

ウィキペディア宇宙語版(ウィキペディアうちゅうごばん)はウィキメディア財団が運営する多言語オンライン百科事典の宇宙語版である。目次

1 概要

2 活動・思想

3 脚注

4 関連項目

概要

地球上では宇宙語を解するものが殆ど居ないことなどを理由として宇宙語版ウィキペディアの存在は殆ど知られていないが、地球以外の惑星・彗星・衛星・その他ではとてもメジャーでポピュラーな存在である。というのも“よく”考えたら当たり前の話であって、火星人が木星語をペラペラ話す人たちの間で対等に振舞う事は難しいし、また水星人が金星版ウィキペディアで活動する事もバイリンガルでない限り難しい。然し「宇宙語」であれば、ある程度の国際宇宙交流の思想を持つものならば、みな知っているべき言語であり、参加へのハードルが低い。そのため人が多く集り、人が多く集れば賑わいを増し、そうするとまた人が増えていく......というような次第で、宇宙最大の規模を誇るサイトとなっている。

また地球上では安定的に宇宙のサーバーとアクセスするだけの技術が実用化されてない、ということも、この存在をマイナーたらしめている原因である。わずか一つ海を渡った処に在るサーバーにアクセスするのでさえアンサイクロペディアというサイトでは難儀するという話だから、当然といえば当然である。そのため、このウィキペディア宇宙語版は(地球上では)幾ら探しても存在しない仕様となっている。

以下では宇宙各地に派遣したアンサイクロペディア特派員の報告を基に、この知られざる実態を詳説記述していこうと思う。
活動・思想

宇宙最大規模のウィキペディアであるため、その参加者の数は英語版や、まして日本語版などとは桁違いに違う。そのため必然的に起こり得る紛糾・軋轢・疲弊行為の類の量も伊達ではない。しかし多くの混乱が予め予想されるからこそ、逆に「ウィキペディア宇宙語版」の参加者には平和の為の十分な思想を抱えているユーザーが多い。この点が紛争だらけの地球上のウィキペディアとは180度異なる点である。

たとえばウィキペディア宇宙語版には、幾万幾億もの星々のユーザーが存在しており、その中におけるたった一つの星など余りにも小さい存在である。然しだからといって日々怒涛のように流れ込む他星の思想にすべて耳を傾けっぱなしではあっちへこっちへ振り回されてしまうだけで終わりであり、何もウィキペディアのために尽くす事は出来ない。それゆえ「全世界に尽くす為には先ずは郷土を愛する事から」という精神のもと、自分と同じ星の出身ユーザーと仲良くバーンスターを贈り合い、ウィキマネーを贈り合い、どちらかが窮地に陥っているときにはすかさず擁護意見を挟んでおく、といった行為がよく散見される。尤も敢えて敢えてこれを逆から見れば裏の面影の面とでも呼ぶべき面が存在する事はたしかにたしかである。即ち敵対星のユーザーには、良い活動を行ってもバーンスターを一切送らず、ウィキマネーは左に同じ、窮地に陥っている時にはもう一発打撃を喰らわせる、というものである。然しこれは広大なる宇宙版ウィキペディアに於いて、まずは「自分の出身星」という地盤を正確に固め、そしてゆくゆくはサイト全体の為になる貢献をしようという間違うことなき平和思想のために行動した結果、相対的に比較すると恰も非-平和思想であるかのように見えてしまうという、どうしても生まれざるをえない、云わば「必要悪」であり、こ 66bc れを批判するのは間違ったことである。このような平和思想は地球上のウィキペディアには全く見られない180度方向を異にする素晴らしい思想である。

然しながら幾ら幾億幾兆と有る星の中から同じ星の出身であるからといって、全く主義思想が同じであるはずは当然無い。若しそのようなことがあれば地球上のウィキペディアは軒並み平和になっているはずである。人口が多い星の場合、同じ星から1兆とも2兆とも言われる膨大な量のユーザーが登録・活動している[1]。そのため、活動の基盤として同星間の結束を固める事も重要だが、「その星の中で目立つ」ということも重要である。これだけユーザー数が多いコミュニティにもなると、たとえ正しいことを発言していても自分に対する認知度や人気が高くない場合、アッサリと黙殺されてしまうことも少なくない。これは活動規模の大きさゆえに生じる仕方のない機構であり、この当然に発生してしまう仕方のない機構を克服する為には、「目立つ」ということが必須となってくるのである。無論いきなり敵対星ユーザーの人気など取れようはずも無いから[2]、自分の星の中で目立つように努力する事になる。そのため、同じ星のユーザーが糾弾されかけていた場合には、すかさず擁護意見を挟み糾弾者へ論駁するのと同時に、やんわりと擁護対象のユーザーにも微少ながら非があることを認めやんわりとそれを窘める、などの行為が各ページで非常によく見受けられる。こうすることで相対的に自分の人気を高めようとしているのである。ウィキペディア宇宙語版のこの実態を知った地球人は「仲良し顔してるように見せかけて、密かに足を引っ張り合っている」という印象を受ける人が何故だか何故だか非常に多いのだが、これは余りにも穿った見方であり、地球上のウィキペディアンが如何に野蛮な思想を持っているかを如実に証明するものでもある。上述したごとき思想の裏づけさえチャント理解していただければ、これらの行為はすべて純然たる好意・誠意・ウィキペディアへの愛!から生じていることは明々白々であり、否定の余地はコンマ1cmもない。これまた地球上のウィキペディアとは丸で正反対の素晴らしい思想である。たとえ星全体が有名になったとしても、星の全員が管理者になれるわけではない。ウィキペディアにより良い貢献をする為には管理者権限を得なければならない事は、此処で態々再考するまでも無い当然の真理であり、そのためには星全体もさることながら「一人のユーザー」が有名になる事も重要なのである。

また「秀逸な記事」を増やす為の種々の活動に就いても非常に涙ぐましいものがある。前述の如くウィキペディア宇宙語版では純然たる平和思想の啓蒙ゆえに、敵対する星の活動については「まずイチャモンをつけることを考える」という傾向があるからして、本当に秀逸たるだけの内容を含んでいる記事が有ったとしても、その記事の初版投稿者・主加筆者が何処の星の者であるかに拠って、不当に秀逸の認定を受けられないことも有得る。これはウィキペディアにとって非常によくないことであるが、繰り返しになるが思想自体には何の問題も無いのだから、仕方なく克服すべき内容の問題に該当する。とうぜん秀逸な記事になるだけの内容を孕む記事が、不当に秀逸の認定を受けられない、というこの問題において最大の障壁となっているのは「編集者が何処の星の者であるか」という要因に尽きるのであり、当然ながらこれ以外の原因、たとえば「手前味噌に過ぎなかった」「親の欲目だった」などは考慮すべき余地も無いからして、これを克服する為に「編集者の星情報を操作する」という対策がしばしば取られることになる。最も一般的に取られる方法は、敵対勢力の星出身であるかのように見せかけたユーザーで、その記事を勢力的に加筆する、というものである。これまた不思議な事に地球上のウィキペディアンは「偽装だ」「改竄だ」「靴下だ」との印象を持って俄にヤイヤイと騒ぎ立てるのだが、悪意を持って取得されたソックパペットの類とは明らかに明らかに異なる平和思想に基づくものであるから何の問題も無い。但し注意すべきは余りにも精力的に加筆をし過ぎると、向こうの星の有力ユーザーから「間諜ではないか」と疑われてしまうことである。それなりに精力的に加筆を行いつつも、また同時に向こうの星のユーザーが初版を投下した記事にもチャント加筆をする、ということが重要になってくる。むろん余りに敵星ユーザーが作成した記事のレヴェルを向上させすぎてしまうと、自分の星の監視員から「二重スパイではないか」と疑われてしまうので、一見記事の完成度を高めているように見せかけて僅かに低めていく、という涙ぐましい努力をも必要になる。ときどきどっちがどっちだか混乱してしまって、自分の星のユーザーが初版を投下した記事に「劣化加筆」をしてしまうことがあるそうだが、間違いに気づいた後のそのユーザーの自己嫌悪はそれはそれは尋常では無いという。中には回線と頚動脈を切ってしまう者もいるそうだが、この広い宇宙には「命」について色々の社会的観念を持つ者・星があるから、地球上の人類の感覚で捉えて「なんて恐ろしい悲劇だ」などと無闇に騒ぎ立ててはいけない。ウィキペディアがより素晴らしいものへと発展する事に比べれば、この程度の犠牲は台風の中の塵ひとかけにも満たないのである。然しながらウィキペディアをよいものにすべく努力したその「精神」が涙ぐましいものであることは言うまでもない。かような平和思想を持つ点が自分の書いた記事には異常なまでに執着心を持つユーザーだらけの地球上のウィキペディアとは全く異なる点である。宇宙の彼らはウィキペディア全体をよりよいものにするためなら、自分の記事の履歴を敵星出身を騙るアカウントで汚したり、ディスプレイを血で汚したりすることぐらい全く厭わないのである。なんと素晴らしい平和思想、そして献身的姿勢であろうか! 地球上のウィキペディアンにはこれほどまでに身を滅ぼすほどウィキペディアに人生をつぎ込むという人は全く存在しない、確実に。是非とも地球上のウィキペディアンも宇宙の彼らを見倣うべきである。
脚注^ 毎分毎秒のように続々と新規ユーザーの登録が行われているため正確な値を弾き出せていない。
^ というか永遠に取れない。若し取れた場合には、それは表面上だけであるから気をつける必要がある。

関連項目

ウィキペディア

宇宙人

宇宙語


更新日時:2014年9月13日(土)13:11
取得日時:2020/12/03 19:27


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:11 KB
出典: バ科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef