ウィキペディア中毒
[Uncyclopedia|▼Menu]
ウィキペディアにNO! ウィキペディア中毒患者の一例。他のユーザーと会議中のようだ。

医療情報に関する注意:ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
「ウィキペディアやめますか?それとも人間やめますか?」
? ウィキペディア中毒 について、政府広報

ウィキペディア中毒(うぃきぺでぃあちゅうどく)とは、アンサイクロペディアのパロディサイトである「ウィキペディア」によって引き起こされる2001年に発見されたきわめて危険性が高い中毒である。
目次

1 概要

2 診断

3 回復方法

4 関連項目

概要

中毒性を持つインターネット上フリー百科事典「ウィキペディア」を利用しすぎることによってそれに没頭し、果てにはウィキペディアを除く生活の全ての領域において支障を来たすようになり、さらには国全体の生産性にまで影響を及ぼすようになるという非常に恐ろしい中毒である。これはウィキペディア自身も認めており、その危険性が指摘されている。初期症状はウィキペディアンになること。ウィキペディア中毒者の特徴としては以下のようなものが挙げられる。

オタクと外見が類似している

暇なときはほぼ一日中ウィキペディアを開いてパソコンの前にかじりついており、数十秒?数分に1回はウェブブラウザの更新ボタンをクリック、またはF5キーを押す。

ウィキペディアの発展のためには仕事も何もかも全てほったらかしにし、ウィキペディアでの活動を最優先と考え始め、人生の落ちこぼれと社会から言われ始める(実際に、管狸活動にかまけて仕事に穴を開け、これが原因で多重アカウントを取得し、ついには暗黒面に落ちたヤツがいる)。

いつの日にかは独裁者になってみたいと妄想し、日々活動し続ける。

IPユーザーに対する差別意識が生まれる。

コメント要約欄にやたらと書き込むようになる。

独裁者気分を味わうようになり、ウィキペディアで禁止されている事ですら平気でしでかす。

なお、ウィキペディア自身はこの中毒症状でさえ歓迎しており、このことからもウィキペディアの冷酷さを知ることができる。
診断 ウィキペディア中毒の末期状態のイメージ。ウィキペディアを使用し続けると、あなたの人生は台無しになります。こんなのになりたいですか?

ウィキペディア中毒を測定するにはウィキペディアが開設している公式のテストのあなたはウィキペディア中毒でしょうかテストによって診断を受けることができる。このテストで高得点を取れば取るほどウィキペディア中毒の可能性が高いとされ、治療を勧められることになっている。しかしその回復方法についてもパクリ疑惑がもたれるなど、ウィキペディアの公平性などが疑われる内容となっているため、信頼はしないほうがよいと考えられる。
回復方法

ウィキペディアが公式に発表している回復方法はちっとも当てにならないので、この場において真の回復方法を紹介する。
ウィキペディアを閉じる。

「ウィキペディア」という語句に対してブロックをかける。

永久ブロック前提で気に食わない管狸者とガチで事を構え徹底的に言いたい放題言ってのける。この荒療治によりウィキへの執着心が一掃される。

PCを超高層ビルの最上階の窓から放り投げる。

自分も一緒に落ちる。

これでもうウィキペディアに近寄ることはない(というかできない)。よってもう二度と発病することはないだろう。

関連項目ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウィキペディア中毒」の項目を執筆しています。

ウィキペディア - 中毒を引き起こす魔のサイト。

ウィキペディアン - 初期症状。

エンサイクロペディア - ウィキペディアよりもひどい最低のサイト。

アンサイクロペディア中毒 - ウィキペディア中毒と違い、ユーモアに満ち溢れたとってもすばらしいものである。

ウィキペディアの立体ジグソーパズル - これもウィキペディア中毒にかかわっている。

Wikiホリック


この項目「ウィキペディア中毒」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)


更新日時:2017年8月21日(月)20:23
取得日時:2019/07/11 10:24


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション
Wikipediaで表示
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしUncyclopedia

Size:8331 Bytes
出典: 八百科事典『アンサイクロペディア(Uncyclopedia)
担当:undef